貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ワニのライルのクリスマス」 みんなの声

ワニのライルのクリスマス 作・絵:バーナード・ウェーバー
訳:小杉 佐恵子
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,476+税
発行日:1999年
ISBN:9784477010687
評価スコア 4
評価ランキング 20,202
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねこ騒動

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子18歳

    クロコダイル・ワニのライルが主人公です。
    ライルは町のみんなに愛されて幸せに暮らしていたのです。
    ところが、ご近所の憂鬱持ちのグランプスさんの飼い猫は気がめいって家出してしまいます。
    さあ、グランプスさんは、さらに取り乱します。
    もちろん、ライルも家族たちと一緒に、飼い猫を探すわけですね。
    人々の様々な人間模様もあり、でもなんとか、無事に一件落着で
    メリークリスマス!
    軽妙なハプニング続出で面白いですが、
    やや複雑な長いお話しなので、じっくりと読み込める小学生くらいからがいいと思います。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大変なクリスマス

    このお話のクリスマスはハプニングが多くてとっても大変なクリスマスでした。なので、うちの子は飽きずに最後までお話を楽しめていました。外国のお話なのか、登場人物の名前が難しくって子供も私も四苦八苦でした・・・。

    掲載日:2013/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいワニライル

    図書館で夫が選んだ本です。ワニのライルシリーズを初めて読みました。ライルは町では人気者なんですね。優しい心の持ち主のようで、自分のクリスマスプレゼントよりも、家出したねこロレッタのことを心から心配しています。

    ライルがねこを探しに行ったへクターの代わりに、掃除を引き受ける場面はとてもおかしかったです。テレビコマーシャルのまねをして遊んでいるところが特に受けました。これはシリーズの8作目らしいので、他のシリーズを読んだら、ライルとヘクターの関係とかが詳しくわかるのかな?

    クリスマスを喜ばないグランプスさんはディケンズの「クリスマス・キャロル」みたいだなと思いました。いろいろドタバタがあっても最後は丸く収まるところが、絵本らしくて楽しかったです。ワイルが捕まって裁判を受けるのはとてもアメリカ的だと思いました。

    掲載日:2007/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 続きが読みたくなりました。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子11歳、女の子6歳

    クリスマスの時期に合う、何か楽しい絵本を。と思って、図書館で探してきました。
    クリスマスのお話ですが、よくあるクリスマスストーリーじゃなくて、ちょっとした事件や楽しいハッピーエンドが組み込まれていて、中々よかったです。(まぁ、欲をいえば詰めこみ過ぎ?)
    これは何気に手にした作品ですが、どうやらシリーズ物らしく、ワニのライルがこうも街の人々に溶け込んでいるのを見ると、続きが読みたくなりますね。

    掲載日:2006/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット