ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

じんべえざめ」 みんなの声

じんべえざめ 作・絵:新宮 晋
出版社:扶桑社
本体価格:\1,553+税
発行日:1991年
ISBN:9784594006815
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,366
みんなの声 総数 6
「じんべえざめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • じんべえざめの観察

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    風や水などの自然の力で動く彫刻作家が描く、じんべえざめの生態。
    海の中で優雅に泳ぐ姿が、独特の画力で迫ってきます。
    大きい、という印象しかなかったじんぜえざめでしたが、
    こうやってじっくり観察してみると、興味深いです。
    サメですが、意外におとなしいようですね。
    添えられた文章は簡潔ですが、滋味深いです。
    アートとしても、完成度が高いと思います。

    掲載日:2016/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 壮大

    海の中にいるさめが壮大なスケールで描かれています。
    さめを見たことがない娘にはちょっと難しかった様子。
    逆に私のほうが癒されました。
    読んでいるだけで、まるで自分も海中にいるように感じるから不思議。
    生命の強さ、壮大さを感じる自然絵本です。
    もう少し大きくなったらまた読んであげたいです。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 巨大な生き物

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子11歳、女の子7歳

    じんべえざめ、その巨大さに圧倒されると同時に生命の神秘を感じてしまいます。こんな巨大な生き物が実際に海に暮らしていると思うと、地球の奥深さまでも感じます。こどもでなくとも、じんべえざめの生態についてわかりやすく知ることができる一冊です。

    掲載日:2013/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ☆ゆったりと青い海の世界☆

    新宮晋の絵本では第三作目になる作品。
    じんべえざめの雄大さや静けさが、ダイレクトに伝わってきます。
    絵の構図にも秘密があるのかな?
    斜めアングルから身体全体を描くと、まわりにいる生物との対比でその巨大さが伝わってくるし、見開きいっぱいにからだの一部を大きく描くことでも視界に収まりきらない巨体であることが伝わってくる。
    新宮晋の絵本第一作目「いちご」と同様、ミニマムな言葉と詩的な比喩によって、じんべえざめと海の雄大さがきわだってくるアートな絵本です。
    読んだ後は、深く深呼吸したくなりますよ♪

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実物は?

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    絵本の読み聞かせで知ったこの本。
    文章は少ないながらも、絵の壮大さでじんべえざめがいかに大きいか、とても穏やかな生態であることがよく分かりました。

    そして子供もこの絵本のことを思い出しながら期待していざ水族館へ!
    「あれが、じんべえざめよ。」
    「・・・・なんか思ったより大きくなかった。」(こそこそと小声で)
    この本のじんべえざめの方がよかったようです。
    実物以上に大きさを感じさせてくれる本でした。

    掲載日:2008/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビッグなじんべえざめを堪能してください☆

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    コバルトブルーの海の中 
    じんべえざめが 悠々と泳いでいます。
    間下から見上げるようなアングルで描かれたこの表紙に
    ひと目ぼれ☆して 図書館から借りて来ました。

    自然界のダイナミックさを感じます。
    広〜い海の中を 人が歩くのと同じくらいのスピードで
    ゆっくりと泳いでいるじんべえざめ。
    後書きによると 体長18メートル 体重40トンにもなる
    地球上で最も大きな魚なんだそうです。

    でも性格はとっても穏やかなんですって。
    人がじんべえざめに近づこうとして
    海に潜っている場面は圧巻です。
    大人しいと分かった後でも (こんなに大きいのか…)
    と ちょっと尻込みしてしまいました(笑)

    それにしても こんな大きな魚が
    悠然と海を渡り歩いているなんて
    ちょっと想像してみるだけでも うっとりしませんか。
    神秘的ですよね。

    絵は 全場面2ページを使って大きく描かれ
    それに添えられている文章は ほんの1〜2行ですが
    このバランスが丁度良いのでしょうね。

    掲載日:2006/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / まほうの夏 / 光の旅かげの旅

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット