大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

いぬが かいた〜い!」 みんなの声

いぬが かいた〜い! 作・絵:ボブ・グラハム
訳:木坂 涼
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784566008472
評価スコア 4.73
評価ランキング 955
みんなの声 総数 10
「いぬが かいた〜い!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あぁ、わかる…

    新しい家族との出会いを求めて、犬救済センターへ繰り出した家族。
    檻の中には、犬・犬・犬!
    たくさんいて迷ってしまうけど、必ずビビッ!てくるこがいるんですよね〜♪
    ビビッ!がひとつなら一件落着ですが、他にもビビッ!があったら…!?

    ここにいるみんな連れて帰りたい。でも、それは無理。
    ごめんね、ごめんね…。
    あぁ、わかる…。

    振り切って帰ったものの、どうしても気になる、気になる…。
    あぁ、わかる、わかる!
    なんたって、ビビッ!ですから。

    新しい家族。
    楽しいことがいっぱいの予感です!

    掲載日:2015/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一目で

    犬を飼い始める家族のお話です。
    ペットショップではなく、救済センターで引き取ることに、好感が持てました。
    子供たちにも、こういった方法があると知って欲しいですからね。
    ペットを持つにも、「ご縁」ってあるのでしょうね。
    忘れられないことって、あるものです。

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • どくん どくん どくん どくん

    ねこのタイガーに死なれてからケイトは、寂しくってしかたありません。「いぬが かいた〜い!」と、パパとママにおねだりします。
    ママは、右腕にタツゥー鼻には、鼻輪までしてますが、人は見かけだけでは判断してはいけないと思いました。とっても思いやりがあって優しいのです。犬救済センターでとても元気のよい子犬のデイブをもらってきたのに、又気になっていた老犬のロージーまで次の日にもらってくるんですもの。とても優しい家族に引き取られたデイブとロージーがよかったです。ロージーの「どくん どくん どくん どくん」の心臓の音に生きていてよかったね!家族が出来てよかったね!と思いました。ペットショップでなくて、犬救済センターの犬がもらわれていって本当によかったと思いました。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生半可な気持ちでは命を請け負えない

     家で時々発作的に起こる“犬飼いたい病”。
     タイトルでもう、親子で釘付け。

     ケイトは三人家族。
     でも、冬にはもう一匹猫のタイガーが家族だったんです。
     タイガーが亡くなってから、ケイトの眠りは、不安と淋しさが…。
     朝目覚めたケイトが両親の寝室へまっしぐら。
     「ねえ、いぬが かいたーい!」

     両親を見て、ドキリでした。
     オーストラリアでは、ノーマルなのでしょうが、パパのコンフよりママのセプタムピアスとタトゥーに。
     文化の違いというか、ジェネレーションギャップかしら?(笑)
     ずいぶんRoughなLife Style だという第一印象でした。

     犬救済センターで、デイブに出会うまでのシーンが最高です。
     さらに、ロージーの円らな瞳を見て、「もう〜〜〜〜〜〜〜ダメ!」でした。

     デイブを迎い入れてからの生活の様子を見て、生半可な気持ちでは命を請け負えないなと教えられます。
     ケイトの両親は、しっかり命を受けとめる素晴らしい人たちでした。

     ロージーも加わったケイトの家の和やかで穏やかで、心地よい空間に笑みがこぼれてきます。

     ケイトの“枕”のにぎやかな子守歌の音にグッと来ました。
     
     『わが家に犬を』と決断する時には、もう一度読もうと思いました。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬を飼うこと。

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    犬を飼うということで、家族が向かった先は犬救済センター。
    ペット屋さんじゃないところが、とってもいい選択だったと思います。
    センターに行くと、かわいそうな犬がいっぱいです。捨てられるとこんな運命をたどることを、飼う前にして知っておくことは、とっても大事なことだと思いました。
    その知識があるかないかで、犬を家族の一員として大事にしてあげられるかいなかが決まるといってもいいすぎではないのではないかと思いました。

    犬の気持ちを考えて、一生懸命に世話をしている家族を見て、心がじーんとしました。犬をはじめ、ペットを飼う人たちにとって、この家族は模範になります。本当にいいお話でした。

    掲載日:2008/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が温かくなります

    息子が図書室から借りてきた絵本です。
    とっても心が温かくなるお話でした♪
    海外ではよくある動物救助センターから犬をもらってくるお話。
    こうやった場所があるんだあ…とか、
    そういったことだけでも、心がほわーんと温かくなりますが、
    お話はまだまだ続いて、さらにほわーんとなります。
    読後、なんとも気持ちよい気分になる絵本でした。

    ちなみに息子がこの絵本をチョイスしたのは、
    この絵本の題名が、息子の思いだったからです。
    我が家では毎日毎日この言葉を聞くのですが…(笑)
    だからなのか息子は、この絵本がかなり気に入ったようで、
    初めて読書感想文らしいものを書いていました。

    その内容は、
    「おもしろかったです。ころころしてかわいい(ハート)
    いぬ2ひきほしいです。いぬがかってくれなかたら、
    ねこがほしいです。でもねこをかってくれなかったら、
    あかちゃんがほしいです。」
    でした。

    私にとっては、お話にもじーんときましたが、
    息子がはじめて書いた感想にもなんだかじーんときてしまいました^^;

    6歳の息子が、感想を書きたくなるようなお話のようです!

    掲載日:2008/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初はちょっと心配でしたが

    「いぬが かいたーい!」なんて
    子供に言われたら一番困る言葉です。
    家族の中に犬嫌いの人がいるので。
    これ読んで「犬飼いたい」言われたら困るなあ
    と心配しましたが、大丈夫でした。

    まずペットショップではなく、犬救済センターで探す
    という設定がいいです。
    なぜそんな施設があるのかということも
    子供に教えられるいい機会になると思います。

    しつけされていない犬としつけされている犬を
    比較できるのもいいです。

    動物を飼うことの「大変さ」と、
    動物が家族になる「良さ」を教えてくれる
    いい本だと思います。

    掲載日:2008/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさがいっぱい!

    「犬救済センター」と、家族の優しい愛情が
    上手にお話しの展開の中で結びついてる作品で
    動物の気持もうまく組んでくれてるお話しに、終始
    優しい気持になれました♪

    読んでるうちに、私も「犬が書いた〜い!」になっちゃいました。
    でも、しっかりと動物の気持や環境も考えてあげなくちゃね☆〜(ゝ。∂)

    掲載日:2007/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい家族。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    死んだ犬の代わりに、犬救済センターから、犬を連れて帰るお話です。
    この家族の動物に対する優しさ。
    一匹だけでなく、次の日には、救済センターで寂しそうな目をしていた犬をもらってきます。
    心の暖まる本です。
    ただ、この本は、肩にタトゥー、鼻輪には、びっくりしましたけど。(子供は気付かず、私だけが)
    世界中の人が、こんな家族だったら、寂しい犬はいないのにね。
    思いました。色んな犬の絵も可愛いので、小さい子供からOKです。

    掲載日:2007/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族になる日

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    いつも一緒に寝ていたねこが死んでから、ケイトは一人ぼっちで寝ています。だけど不安で淋しくて。ある日、犬が飼いたいとパパママにおねだりします。早速新聞に出ていた犬救済センターに行くことに。いろんな犬がいる中、ケイトはデイブに出会います。デイブをすっかり気に入り連れて帰ろうとすると、もう一つの出会いが待っていました。
    犬を飼いたい子どもの気持ちと、犬救済センターという施設の存在を、上手に結びつけています。そして、忘れてならない、犬の気持ちを…。さりげないストーリー展開に、優しさがギュッと詰まってます。

    掲載日:2006/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット