うみ ざざざ うみ ざざざ うみ ざざざの試し読みができます!
作: ひがし なおこ 絵: きうち たつろう  出版社: くもん出版
ざざーん ざざざざざ ざっぱーん。海とあそぶ、暑い一日。今すぐ海に行きたくなる絵本!

サンタクロースのおくりもの」 みんなの声

サンタクロースのおくりもの 作:E・クラーク
絵:J・オームロッド
訳:戸田早紀
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1994年
ISBN:9784323015033
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,518
みんなの声 総数 2
「サンタクロースのおくりもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 丁寧に語られるあたたかさ

    このお話を書こうと思った作者も絵を描かれた方も、とても丁寧に本にしてくださったのだなあ、と心を打たれます。訳の日本語も、声にのせやすい、言葉遣いです。
    イブの夜から始まる場面は、夜らしい静けさに満ち、少ない色使いは、物語と向き合う丁寧な気持ちを呼び起こしてくれます。サンタクロースの衣装に白が選ばれていることも、クリスマスの真髄をを際立たせていて、年老いたロバに起きる奇跡を、心から祝福できるのです。
    最後のプレゼントがもたらされる夜明けに向けて、ほんのりと色使いが暖かく明るくなっていくのも、なんと素敵でしょう!
    全編にほどこされている銀の縁取りも目を見張ります。
    子どもと一緒に寝る前に本を読んでいたときに、出会いたかった本でした。

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハッピーエンド

    • ぽた子さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子4歳

    綺麗な挿絵です。
    光のあたり具合であちこちが銀色にキラキラして見えるのです。
    (寝る前の本読みで、ベットライトだけで読んでいた時は、本当に綺麗でした)

    クリスマスイブの夜、一匹の年老いたロバが、一人ぼっちで寂しくて泣きました。
    その悲しそうな声を聞きつけて、サンタさんが、降りてきてくれるのです。
    ロバは、誰かが来てくれた、それだけで、温かい気持ちになります。

    そして、サンタさんが、まだプレゼントを配り終えていず、
    残りは、自分で歩いて運ぶと聞いて、ロバは荷物運びを手伝います。

    サンタさんの優しさ、ロバさんの優しさ、とても、心が温かくなります。
    暗い夜の長い道のりを二人がおもいやって歩いていく姿が、伝わってきます。

    そして、夜明けまでかかって歩き終えた、最終地点で、本当に素敵な事が起こるのです。
    それが、サンタさんからロバさんへのプレゼントなのです。

    クリスマスには、やはり、こんな素敵なハッピーエンドが心なごみます。

    掲載日:2006/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ペレのあたらしいふく / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『いちにちじごく』作者インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット