しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

てこてこ てこてこ はりねずみ」 みんなの声

てこてこ てこてこ はりねずみ 作・絵:田島 征三
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2006年12月
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,323
みんなの声 総数 13
「てこてこ てこてこ はりねずみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • リズミカル

    2歳次女に読みました。文章が短く「てこてこ てこてこ はりねずみ」という繰り返しがリズミカルで楽しいのか、じっと聞いていました。途中で「つん」とはりねずみくんが何かにぶつかるのですが、「何だと思う?」と質問しながら進みました。

    最後は「ころころ ころころ はりねずみ」になりますが、そこも楽しいようです。字が少ないので、4歳長女も読みやすく、次女に読んであげています。

    掲載日:2012/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声に出すとおもしろい

    「てこてこ てこてこ はりねずみ」という
    本の題名にもなっている言葉が、絵本の中にも
    たくさん登場します。
    声に出して読んでいると、とっても楽しい気持ち
    になれるんですよ♪
    最後は、「ころころ ころころ はりねずみ」に
    なってしまうのですが、それはなぜなのかは、
    ぜひ絵本を読んでくださいね♪

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつものじゃない

    だいたいの絵本で歩く音と言ったら、「てくてく」じゃないでしょうか!?うちの子も「てこてこってなんかへ〜ん。」って言って笑ってました。でも私は、てこてこもなかなかリズム感があって読んでいて楽しかったのでいいと思いました。子供は納得していませんでしたが・・・・。

    掲載日:2012/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • コミカルな絵

    コミカルな絵とてこてこ、という言葉のリズムが楽しい。
    はりねずみを主人公にした絵本って
    とても新鮮ですよね。
    坂道を転がったり、そして
    おおかみの顔がなんともいえません!

    掲載日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのでこの絵本を選びました。リズム感あふれる文章が良かったです。主人公が出会った人全てに律儀に挨拶をする所が素晴らしいと思いました。どんな対応をされても自分自身を貫き通し決して消極的にならない所に感動しました。文章が短めなので娘も集中して聞く事が出来たので良かったです。テンポ良く読めました。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「てこてこ てこてこ」

    はりねずみさんの夜のお散歩です。

    「てこてこ てこてこ」の繰り返しがリズミカルで楽しいです。

    孫は、ハイハイをする時、3部屋を行ったり来たりしている時に

    「いってきまーす」「ただいま」って言って一人で遊んでいます。

    はりねずみさんがとても可愛く見えました。

    張り切って頑張っているはりねずみさんを応援したくなります。

    はりねずみさんのイガイガで助かってよかったね!

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • はりねずみさんガンバレ!

    • とらのさん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県

    ハリネズミさんが一生懸命歩いていきます。いろんな動物に出会って、こんばんわ。ウサギさんにもくまさんにも挨拶をするのですが、あららら後ろからそーっと誰かが来ます。キツネさん!八ネズミさんは体を丸めてキツネさんから逃げると、無事におうちに戻ってきました。
    島田先生の力のある絵筆が動きを誘う楽しい絵本です。こういう本をたくさん読んであげるといいですね。

    掲載日:2009/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • はりねずみのお散歩

    田島征三さんって、昔話のイメージが強いのですが
    こんな動物が主人公のお話も書かれているのですね。
    「てこてこ てこてこ ハリネズミ」っていう文が
    何回も出てきて、それがリズミカルでいいですね。
    フリーハンドで描いた様な絵も味があっていいですね。
    簡単そうに見えるけど、いざ描こうと思ったら
    意外と描けないんですよね。
    はりねずみは、多分、まだ帰るつもりじゃなかったのに
    お家に帰ってしまうのが愉快。
    「ただいま」の部分を読んでる時に
    何故か旦那がよく帰ってきます。

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルな。

    はりねずみのお散歩風景です。
    字が読めない2歳の娘も、すぐに覚えて自分で読めるくらい覚えやすく、リズミカルな文章が魅力的です。
    色使いがとてもすてきでした。
    こういう絵本を多く目にしていると、絵が上手になるかも…なんて淡い期待をしてしまいます。

    掲載日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみの涙

    絵の具のあたたかい色彩。繰り返しの楽しい文章。はりねずみさんの夜の散歩は、「てくてく」でなく、「てこてこ てこてこ」。いかにも小動物ののんきなお散歩、という感じがします。でも、のんきなだけではないのですね。夜道には、おおかみもいます。おおかみが「いただきまあす」と、はりねずみを食べようとした次の瞬間、おおかみの目から大粒の涙がいっぱい飛び散ります。娘も、おおかみのように思いっきり長く舌を出して、「おおかみさん、いたくて、とんでかえっちゃったよ〜。」と、おおかみに同情。「ころころ ころころ はりねずみ」・・・はりねずみさんは、ねぐらに帰って、すやすやすや。

    掲載日:2007/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット