ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

おおきなもののすきなおうさま」 みんなの声

おおきなもののすきなおうさま 作・絵:安野 光雅
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1976年
ISBN:9784061272637
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,956
みんなの声 総数 24
「おおきなもののすきなおうさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 大きなものたちにびっくり

    大きなぼうしやはぶらしの絵を見たとき、思わずとびあがりそうになりました。
    おうさまが、朝ごはんを、ものすごく大きなフォークとナイフをいっしょうけんめいつかって食べていたのがおもしろかったです。
    おうさまの大きなチョコレートを見て、わたしもほしいなと思いました。
    大きな池をつくった場面をよく見てください。チューインガムをかんでいる家来がいます。
    大きなうえきばちにおうさまがそうぞうしていたものよりも、もっともっと小さいチューリップがさいたときの、おうさまのかなしそうな顔が、おもしろかったです。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんだか憎めない

    大型絵本を読み聞かせしました。だからよりいっそう大きさが伝わったのか、子どもたちもページをめくる度に色々な声が聞けました。
    まわりはさぞ大変だろうけど、王さまもリサイクルするアイデアが素敵ですね。そんな王さまだからこれに懲りないでまだまだ色々なアイデアが浮かぶんじゃないかと思います。

    掲載日:2013/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さなものに教えられること

    あ・・・なつかしいかも

    保育園で読んだような
    すっかり忘れていました
    安野氏の絵って
    こどもたちを魅了します
    細かい所まで描かれているので
    また、よ〜く見つけるのです

    おおきなもの=権力の象徴

    とてもわかりやすい
    そして
    こどもも同じ様な気持ちを
    持っていますよね?
    早く大きくなりたいんですもの
    大きいことは、いいことだ!みたいな

    でも、なにもかも・・・

    固執することも
    どうなんだろう?

    とか

    家来達って、大変だんぁ〜

    とか

    こどもなりに考え
    最後には、大人も「う〜ん」
    と、考えさえられます

    なんともかわいらしい小さなチューリップに
    教えられることあり!です

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢が膨らむ挿絵

    安野光雅さんの絵本は「旅の絵本シリーズ」や『ふしぎなたね』などなど、大好きです。こちらの本も素晴らしい絵とユニークなストーリーが楽しく、大人も夢中になってしまいます。
    大きなものの好きな王様のおはなしです。プールのような洗面器で顔を洗って、庭のような広いタオルで顔を拭いて一日がはじまる王様。たったひとつのりんごを、持ちきれないほどの大きなナイフとフォークで召し上がります。
    そして王様は、家来にいろいろな大きな物を作らせます。巨大なチョコレートや巨大なペンチ、巨大なとりかごなどなど。わがままなのだけれど何となく憎めない王様と、命令を真面目に聞いて、真剣に大きなものをつくる家来たちの姿がなんとも楽しいです。
    ただ単に大きく描いているのではなくて、きちんと設計されて本当につくったらこんな感じなのかなと思わせてくれる挿絵は、みているだけで夢が膨らみます。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろかった。

    大きいものの好きなおうさま。
    それにしてもその大きいものはスケールが違う。やっぱりおうさまって思わせてくれるくらい大きい。
    なんて言ったって、「やねよりもたかいベッド」に、「プールのようなせんめんき」、「にわのようなひろいたおる」ですもの。
    そして、絵を見る限り、どこを磨くんだろう???って思うような大きな歯ブラシ。口の中に入らないんじゃないかしら?って思わず邪推してしまいます。

    おうさまが虫歯になったらとにかく大きなくぎぬきを作らせて、歯を抜いたり。そんな大きいのでどうやって歯をぬいたんだろう??なんておもってしまいました。

    一時が万事こんな感じです。

    そして最後に大きなうえきばちをつくり、チューリップの球根を植えます。

    人間は自然にかなわないってことを伝えたいのかなぁとおもいます。

    とにかく、物の巨大さにびっくりして笑ってしまいます。
    面白かったです。

    掲載日:2012/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大型絵本で

    4年生のクラスで読みました。
    大きなものが大好きな王様はなんでもとてつもなく大きくなければ気が済みません。
    特注のチョコレート、鳥かご、植木鉢など様々なものが巨大なんです。
    大型絵本を借りて子どもの前で読んだので
    その「大きさ」がより強調された感じで
    子どもたちは楽しんでくれたと思います。
    安野さんの綺麗なイラスト、でも滑稽なおはなしというギャップも
    たまりませんね。
    ラストも可愛くて 子どもたちもクスっと笑っていました。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでもかんでも大きい!

    5歳の娘に読みましたが、お話も難しくなく、丁度良く読めました。
    なんでも大きなものが大好きな王様のお話です。
    屋根より高い大きなベットに、腰を抜かすほど大きな音のでる大きな時計、食事の時のフォークもナイフも巨大です。
    「なんだか人が小さくなっちゃったように見えるね」と、娘。
    そう、何でもかんでも大きいので、まるでこびとたちを見ているかのようです。
    娘は大きなチョコレートが出てくる場面がお気に入り。
    ユーモアがあって、すーっとお話の中に入り込める面白い絵本です。

    掲載日:2011/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチがシュール

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1926年島根県津和野町で生まれた安野光雄さんは、「旅の絵本」「もりのえほん」などで知られています。
    安野光雄さんは、字のない絵本というイメージを持っていたのですが、この絵本は1976年のストーリーのある作品です。

    安野さんは、ガスタンクを見て「あんな大きなコーヒーカップがあったらどうだろう」と思ってこの絵本を描いたそうです。
    その発想が〇。
    文字通り、大きなものが好きな大さまが登場するのですが、その馬鹿らしい行為が笑えます。
    それに付き合わされる家来が、実に健気。
    ストーリー、ユーモアセンス、絵の印象など、日本の絵本作家という枠を越えた作品だと思います。
    特に、精緻に描かれた絵は、目を凝らして見ると、家来の表情に至るまで丁寧に描写されているので、一見の価値あるものです。
    最後のオチは、人間は自然の摂理には敵わないというもの。
    全体的に良く纏まった作品で、安心して読み聞かせできると思います。

    掲載日:2011/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王様でもかなわないことがありました

    なんでも大きなものが良いと思う王様。
    何もかも大きくては不便だろうと思うのですが、それがまた王様の愛嬌のあるところでしょうか。
    王様の好みに合わせるためには、回りの者も大変。
    掘った池の中で大きな魚を釣り上げるなんて、途方もないこと事です。
    困った王国でした。
    それでも、王様がいくら望んでも、家来がいくら頑張っても、できないことがありました。
    それは、自然。
    大きな大きな鉢に咲いたのはごく普通のチューリップ。
    お話はそこで終わっているけれど、王様はどう思ったでしょうか。
    王様の感想を想像すると楽しいですよ。

    掲載日:2011/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピリッとしたユーモア

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    私の好きな安野さんの作品なので読んでみました。
    何でも大きいものが好きな王様の生活。
    大きなお皿に小さな食材、虫歯を抜くにも大きな道具で・・
    こんな風だったら面白いだろうなーと、くすっと笑いながら読み進めていきました。

    最後のオチもピリッとユーモアが効いてます!
    次はどうなるのだろう、どんな大きなものが出てくるのかという期待感を持てますので
    読み聞かせ会などにも適した一冊だと思います。

    掲載日:2011/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / ぐりとぐらのおきゃくさま / はじめてのおつかい / なにをたべてきたの?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット