しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

あいうえおの き自信を持っておすすめしたい みんなの声

あいうえおの き 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1979年
ISBN:9784769020127
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,574
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 素晴らしい名作です!

    『あいうえおのき』は文字たちが、擬人化されているところが
    素晴らしいですね!
    とてもユニークな発想で、冒頭から心をつかまれました。

    それぞれの文字は、組み合わされることによって<単語>になり、
    そして単語が組み合わされることで<文章>になります。

    我が家の1歳の娘も、最近、単語が話せる
    ようになり、娘の成長と重ね合わせながら
    この作品を読みました。

    もう少ししたら、娘も<文>を話すようになるんですよね。
    とてもワクワクします。

    それにしても、文字が持つ力というのは強いですね。

    文字たちが最後に作った文章は
    「ちきゅうにへいわを すべてのひとびとにやさしさを
    せんそうはもうまっぴら」

    世界中の子どもたちみんなに、
    この素晴らしい作品を読んでもらい、
    平和な世界を作っていってもらいたいですね。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • 字を覚えたての次女が・・・

    字を覚えたての4才の次女が、
    あ、「か」だ。
    あ、「ひ」だ。
    と読める字をひとつひとつ拾って、
    うれしそうにしています。

    ひとつひとつの文字が組み合わさって単語になり、
    単語がつながって言葉になり、
    言葉をつなげると大切なメッセージになる。
    こんな、あたりまえだけれど、素敵なことが、
    この本を読んで、感じることができたようです。

    大人もまた、
    言葉の持つ意味、大きな力を再確認できる、
    すばらしい絵本だと思います。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 意外な展開

    この本のタイトルをみたとき、
    「あいうえおのことば」が並ぶ絵本なのかな・・・と。
    ページをめくると たくさんの葉っぱのうえに
    たくさんのひらがな。
    娘は、『あ』から順に指でたどり始めました。
    ここでは、文字たちはバラバラ。何の意味も持ちません。

    突如強い風に吹かれ、いくつかが吹き飛ばされてしまった文字たち。
    今度は飛ばされまいと、虫たちの助言をもとに
    『ことば』そして、『ぶんしょう』へと進化を遂げていきます。
    うーん、ナルホド。

    これは、こどもの成長ともとれ、人類の進化ともとれます。
    最後は、平和へのメッセージまで盛り込まれているところが、
    また素晴らしい。

    風に吹かれるように
    自然な流れで、進化していくさまは、詩的ですごく素敵でした。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大切なことを教えてくれた本

    レオニの作品の中で、私の母が一番好きな本です。

    読んでもらった記憶はありませんが、
    小学生の頃に買ってもらった絵本です。

    レオニがこの作品を書いた時代は、1975年(日本版は1979年ですが)
    ちょうどベトナム戦争の終戦の頃
    この絵本にそんな背景があったことも、大人になって知りました。

    言葉には力があるんだって、
    一つ一つは、意味がなくても、合わせれば力になること
    一本の糸に力がなくても、束ねれば、糸を織れば、強くなること
    そんなメッセージがこめられた絵本です。

    ベトナム戦争の背景と重ね合わせると、とても内容の深く
    大切なことを色々考えさせてくれる絵本です。

    子供たちに読むのは、少し成長してからがいいと思いますが
    私の息子には小学校の高学年くらいになったら、読んであげたいと思います

    掲載日:2011/11/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 強い力

    まさか平和を願う絵本だとは・・・
    タイトルからは想像もつかない結末に驚かされたのと
    スケールの大きさに心を打たれました。
    文字はバラバラでは意味がなく無力だけど、つながって文章になる
    事によって強い力が生まれる。深いと思いました。
    今、目の前にいる6ヶ月の我が子も、文字をつないで言葉に・・・
    そしてその言葉を文章にと変えて成長していくのだと思うと
    母親である私は、大事な事を沢山教えなくては!!
    と改めて考えさせられた一冊でした。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 文字から言葉、そして文章へ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    我が子たちがちょうど文字を覚え始めた頃に読んであげて、
    みんなで共感した絵本です。
    あいうえおの木、それは文字でいっぱいで、文字達は自由に暮らしていたのです。
    ある日、ことば虫や毛虫から言葉や文章を作ることを教えてもらい・・・。
    木の鮮やかな葉が印象的です。
    そこで文字が暮らしている、という発想、
    それらが力をあわせて素晴らしい文章を作り出すというアイデアに
    脱帽です。
    その文章は、
    「ちきゅうに へいわを すべての ひとびとに やさしさを
    せんそうは もう まっぴら」。
    その展開に、私は感動、我が子たちもわからないなりに
    何か感じてくれるものがあったようでした。
    そう、一人一人は小さいけれど、手を合わせれば、
    こんな大きなメッセージを届けることができるのですね。
    原書も読んでみたくなりました。

    掲載日:2007/04/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人も子どももそれぞれの読み方で

    表面的なメッセージはとても単純で「へいわ」が大切だということ。このメッセージであれば、子どもにも語りかけることができます。しかし一方、内容的にはものすごく深く、文字、あらし、ことばむし、けむしが、それぞれ何の比喩になっているのかを考えると、大人にも難しいメッセージになっています。今だけではなく、常に読み返してほしい、また、私も読み返したい本です。
    ぜひ原典で読みたいと思いました。

    掲載日:2005/09/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一番大切な文章

    ちいさなちいさなことばたち。
    風が吹いて吹き飛ばされてしまったり
    こわくて、ちいさく固まって過ごしたり。
    葉っぱの上にやってきた虫に教えられた、言葉虫たちは
    単語を作り、センテンスを作り
    やがて大切な意味を持つ、堂々とした文章になります。

    掲載日:2017/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 多くの子供に読んで欲しい絵本

    • ccさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    絵本を読んでもらうことが大好きなので、
    自分で読む気が全くないうちの子。

    でも、この本は思わず、葉に書かれた文字を拾って、
    自分で言葉を作ったり、言葉の音を楽しんでいました。
    字を読もうと思うきっかけになった本です。
    (こんなに読めていたのかとびっくりしました…。)

    文字たちが作った
    「ちきゅうにへいわを すべてのひとびとにやさしさを
    せんそうはもうまっぴら」
    の文章を読んだとき、
    「へいわってなに?せんそうってなに?」と聞かれ、
    説明をしたところ、
    「そっかー、○○も痛いの嫌いだから、戦いは好きじゃないの。
     あっ、口の中におなかが痛くなっちゃう爆弾を入れたら、
     戦えなくなって、話し合いをして、戦争終わるかもね。
     戦争しないで、話し合ったらいいよね〜。」
    とのこと。

    フランスのテロの直後だったため、
    話し合いで解決できる世界になっていってほしいと感じました。

    子供たちの心に「すべてのひとびとにやさしさを」の
    気持ちが育っていくことを願ってます。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごく新鮮な絵本

    7歳長女のリクエストで借りてきました。「あいうえおのき」なんて、どんな木なんだろうと思って、小さい子用の絵本?なんて思っていたのですが、びっくり!

    これはすごい。文字→言葉→文章と言う風に、文字たちが変化していくんです。虫たちの助言によって。これはとっても素敵!とっても深い素晴らしい絵本です。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのにちようび / 11ぴきのねことあほうどり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


本をふって、ゆらして、おどかして☆遊んで楽しめる参加型絵本

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット