しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

どうしたの」 みんなの声

どうしたの 作:内田 麟太郎
絵:のぶみ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784774607023
評価スコア 4.23
評価ランキング 16,430
みんなの声 総数 12
「どうしたの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • また、いっしょだよー

    ゆうくんは、海が見えるまちに引越しすることになりました。住み慣れたまちと離れるのが寂しくて、公園のハト、ドングリの木、踏み切り、神社のこまいぬ、イヌ、ネコ、スズメに「ぼく・・・・・、ひっこすんだ」と挨拶して「さよなら」と言いました。朝、新しい海の見える家の窓を開けると、みんながいました、「どうしたの?」声を揃えて、お別れしたメンバーが、「だって、ゆうくんが すきなんだもん」コールに読んでいて嬉しくなりました。気になったのが、ドングリの木、踏み切り、神社のこまいぬも一緒についてきてよかったかなあ(?)ハト、イヌ、ネコ、スズメは、別にしてちょっとだけ気になりました(笑)”また、いっしょだよー”は、嬉しいと思いました!

    掲載日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 皆が皆、こんな引越しが出来たら苦労しないよなと

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    思いながら読みました。友達が皆ついてくるだなんて…。引越しへの不安を解消出来る絵本かと言うと、決してそうではなく…。お話の内容はともかく、この子には人間のお友達はいなかったのかな?そこだけ気になりました。住めば都。頑張って!

    掲載日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • お引越しのさみしさ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    我が家も転勤族で
    引っ越しを経験しています。
    お友達だけでなく
    お気に入りの公園や近所の散歩道ですら
    見れなくなることにさみしさでいっぱいになります。
    ゆうくんの気持ちが痛いほどわかりました。
    でも新しい街のドアを開くと・・・・

    よかったなぁと一安心。
    さすがに挨拶した鳥居はこなかったですね。

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しい気持ち

    2歳の息子に図書館で借りてきました。

    まだ引越しがわからないかなと思い
    読むときはとっても悲しそうな声と表情で
    読んでいたら息子も悲しそうな顔をして聞いていました。

    のぶみさんはしんかんせんシリーズで
    なじみのある絵で息子も好きなようで
    何回も読んでと持ってきます。

    最後はハッピーエンドですよ。

    掲載日:2014/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おちょこちょい

    このお話のうさぎさんは月のうさぎさんでした。何と付から落っこちてきちゃったなんて、とってもおちっよこちょいなうさぎさんなんでしょう!!私もうちの子もこのお話のかわいさに胸キュンして読みいっていました。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • やった〜

    引越しがテーマの絵本でした!!うちの子は引っ越しとかまだ経験がないので実感はそんなになかったのですが、寂しいことだとは分かったようです。でも、お友達みんなも引っ越してきたのがとっても良かったな〜って感じでした。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • すこしだけ

    何事もなかったかのように、取りすました表情で並んでいる最後のページのくま達。
    思わず、「そんな顔してたって知ってるわよ」と声をかけたくなりました。
    きゃらめるぐまのさりげない優しさが心に残ります。

    掲載日:2010/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引越しシーズンにぴったり

    大好きなお友達や、慣れ親しんだ町とのお別れ。

    さみしいゆうくんの気持ちがこちらにまで
    伝わってくるようでした。

    でも、お別れしてもずっと一緒♪
    そして新しい場所には、また沢山のお友達。

    引越しを経験した子どもたちにしか分からない気持ちですが
    引越しが多くなり、お友達とのお別れも多いこの季節。
    少しでも、楽しい気持ちになってくれればいいなぁと
    願いを込めて読み聞かせしました。

    のぶみさんのかわいらしいイラストが更に
    このお話をかわいらしいお話にさせてくれます。

    ちょっぴり淋しいけれど、最後には何だか
    温かい気持ちになるお話でした。

    掲載日:2008/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるよ、その気持ち。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    引越しをして新しい町に行くことは、なんだかドキドキワクワクするもの。でも、それまで住んでいた町と別れる悲しみの方がずっと大きいという気持ちが伝わってきます。
    ゆうくんは、おひっこしの日の朝、みんなのところへ行って、お別れの挨拶をします。それぞれの思い出を確かめる様子が、その表情からよくわかります。そして出発の時。みんなが、トラックの後を追いかける様子、涙を誘います。新しい町についても、ゆうくんは気が晴れません。
    そして、翌朝の事。
    子どもたちが小さい頃、引越しを何度も経験した我が家では、その時の子どもたちの気持ちがわかってくるようで、少し辛くなりました。でも、色々な人との出会い、そして思い出がたくさんあることもひとつの財産だと改めて思いました。
    ゆうくん、みんなは、いつも一緒にいるよ。

    掲載日:2008/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • さみしくないよね

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    子供がのぶみさんの絵が好きなのと、
    ちょうど子供の仲良しのお友達がお引っ越しをしてしまった後に借りて見ました。


    大好きな物とゆうくんがいろいろな物とお別れして
    新しい街に行きます。
    一晩あけるとそこには・・・

    こんなコトがあるといいなあ〜
    と、すごく夢のあるお話でした。

    掲載日:2007/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!


木村カエラはじめての絵本出版記念連載

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット