まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。

もうすぐおしょうがつ」 みんなの声

もうすぐおしょうがつ 作・絵:西村 繁男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784834025873
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,816
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 古き良き家族の年末

    ひろくんとゆうちゃんは、お正月休みに家族でおじいさんとおばあさんのうちへ出かけました。
    その日は再会の様子。29日からは31日まで一日ごとに、正月準備の様子が描かれています。
    家の掃除はもちろん、障子の張替えにお餅つき、商店街や露店での買い出し。おせち料理を作ってしまい湯に入って年越しそばを食べて新しい服を枕元に用意して、除夜の鐘つき。
    これでも全部書ききれない、事細かに描かれた家族の年末。

    2歳の娘が大いにハマって、季節も何もなく思い出したように持ってくる絵本です。
    時に自分で出してきては露店の人ごみをジ〜ッ。穴が空くほど見つめております。
    向きの関係で売っている物が描かれていない店が、いったい何屋さんなのか、それはそれはしつこく追及していました。
    正直うちは実家でもここまで丁寧に正月準備をしていないのですが、娘の胸にお正月は、こんな風に収まっているようでもあります。
    実家がそんなだから母もここまでの思い出はないにしても、小さい頃にに感じた大掃除や買い出しの感触が形のない思いとしてこみ上げてきました。
    わからないながらも刻み込まれていった自分だけの師走が絵になったみたいです。

    そしてこれを読んで餅つきにたいへん憧れていた娘。
    このたび幼稚園での餅つき初体験に、えらく喜んでいたと先生から報告を受けました。
    絵本と実体験が、またひとつ結びつきました(^^)

    掲載日:2006/12/24

    参考になりました
    感謝
    4
  • 日本のお正月

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子1歳

    ひろくんとゆうちゃんという兄弟たちが、
    おじいちゃんやおばあちゃんの待つ田舎に帰り、
    大掃除を手伝い、お餅をついて鏡餅を作り、
    「おしょうがつさん」のために準備します。

    除夜の鐘を打ちに行ったり、
    私も小さい頃、夜中にお寺に行くのワクワクしたなぁ・・・とか
    懐かしく思い出しました。

    大晦日の市場の賑わいなんて、
    絵から声が聞こえてきそうなリアルさ!
    日本の昔ながらのお正月風景を描いていますね。

    この絵本、月刊絵本の「こどものとも」として発行されたのは1989年で、
    それが、ハードカバーとして発行されたのが2010年11月。

    ということは、20年の時を経ても、今なお、お正月の風景は、
    多少の変化や風化はありつつも、さほど変わっていないということ。

    だって、この絵本読んで、今も私たちは共感できるんですもんね!
    それってすごいことですよね。

    「成人式を迎えた絵本は本物」と言われていますが
    まさにその通りだと思います。

    うちも、お正月は田舎の旦那の実家に帰省で、
    雰囲気近いので、子どもも共感して読めました。

    掲載日:2011/02/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 田舎の正月を思い出すようです。

    今は、正月といっても、お店も開いているし、普段とかわりない生活が出来るようになったせいか、「お正月」が特別なものではなくなってきている気がします。
    そんな中で、このようなお正月を過ごしている家がどれくらいあるのかな〜。
    自分が小さい頃の、田舎の正月をなつかしく思い出すような絵本でした。

    みんなで大掃除をし、もちをつき、買い物に行き、料理を作り、みんなで食卓を囲む。そして、除夜の鐘を聞いて初詣。
    忙しい中でも、みんなが協力して働く姿は嬉々としていて、家族のあたたかさを感じます。
    こういう雰囲気を、子どもたちを一緒に味わいながら、もうすぐお正月だね、って話をしました。

    掲載日:2008/11/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 古き良き日本のおしょうがつ。

    ちいさいときに
    何度も読んだ絵本の一つです。

    表紙を見たときに
    「そうそう、これ読んだ〜」と絵の記憶はあるんですが
    (私が読んだときは
    こどものとも
    1989年12月号 でした)
    どんなお話だったかな
    と読んでみると
    これは、いい!!!

    お正月ってなんなの?という
    子供の疑問にすごーく分かりやすく答えてあげられる絵本です。

    でも、私の子供時代だとこの絵やストーリーが結構あうんだけど
    娘たちにとっては古く感じちゃうかなぁ、、
    でも、古き良き日本の時代を感じれるので
    子供に毎年読んでやりたい絵本です。

    ちなみに、裏表紙に福笑いをしている絵があるんですが
    なんだかそれに当時はまってしまって
    お手製の福笑いを作って
    友達と遊んでいました。
    子供には福笑いって
    うけるんですね♪

    掲載日:2015/01/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 購入したい

    年の瀬の本なのですが、古き良き日本の原風景ともいうべき、年の暮れの過ごし方が描かれています。

    家族で大掃除をする、市場に行っての買出し、そのどれもに、昭和の時代の風を感じさせ、その風情にたっぷり浸れます。

    郷愁を感じる絵、細部まで書き込まれていて、とても気に入りました。

    息子も登場人物が自分の名前によく似た「ひろくん」だったので、自分の名前が呼ばれているように興奮していました。

    購入したいと思いましたが、絶版のようで残念です。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • お正月で実家に帰る家族。
    お正月の準備をみんなでします。

    キャラクターが人間じゃないのでなんだかおもしろいのですが
    周りの風景も電車もありそうなかんじ。

    掃除をして、餅をついて、鏡餅を作って、と
    いまここまでやっている家は少ないのでは?
    でも、お母さんが子供のころはここまでやっていたんだよ、と伝えるには
    ぴったりの絵本でした。

    掲載日:2017/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの頃に、かえるみたい

    この作品は、息子に・・・。というよりも、私自身が楽しみたくて読みました。
    発行が1989年。私、小学校二年生でした。ただただ純粋に、お正月休みを楽しんでいた頃です。
    時代は、昭和から平成に変わったころでしょうか?どおりで、懐かしいはずです。

    全体的におさえられた色調で描かれていて、それがこの作品にすごくピッタリあっていると思いました。


    年の瀬、おじいさんの家に行って
    大掃除・お餅つき(丁寧に描かれている)・大晦日のお買い物(市場の歳末大売出しの様子) おせちの準備・門松とお飾りを飾って・年越しそば・そして除夜のかねつき・・・。
    一冊の本に、これだけ日本の年末の様子が描かれていて、見ごたえ十分です。


    おじいちゃんの家の中、あ〜!!おばあちゃんが用意している新しいカレンダー、1990年ですって!!
    この作品の中では、今まさに新しく迎えようとしている1990年。でも現在の私にとっては、もう26年も昔の1990年・・・。うーん、不思議な感じデス。


    年末年始の本を探している方、そして大人の方へもおススメできます。読めば読むほど、素敵な作品でした。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • むかしならではのお正月

    おじいちゃんと家にいっておおみそかの掃除を

    したり、おせち、おもちがでてきたりと

    いわゆる古くからあるおやすみの過ごし方の

    見本みたいなお話でした。

    今どきの子はなかなか自分と重ねるには

    難しいと思いますが、本来はこういう風に過ごすのが

    日本のおやすみなんだというのも教えてあげたいです。

    動物たちが人間と同じようにパーカーを着たり

    エプロンをしているのがおかしくて笑ってしまいました。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 京都のお正月準備

    母親の私の子供時代よりもさらに昔の設定だと思います。
    それでも、家の中の様子(こまごまと置かれている家財道具、神棚、仏壇、台所の調理器具、洋室のしつらえなど・・・)は祖父母の家の様子と重なりあいました。
    年末の日々のお正月準備の段取りは、実家でもしていたことも多々あり、家族それぞれの言動も自分の幼少時代を思い出してとても懐かしく感じられました。

    また、祖父母の家でも、もちつきや障子貼り、銭湯へ行くなどの経験はしたことがありませんが、海外に住んでいるからこそ、息子にこうした日本の文化について知ってほしい私たちにはうれしいシーンでした。

    掲載日:2014/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜ動物なのか…

    年末に娘のために買いました。
    夫の両親は他界、実母は近居で、
    お正月に里帰りできるような「実家」がない我が家なので
    絵本の中で疑似体験ができて
    自分も楽しかったです。
    懐かしいお正月な雰囲気がしました。
    でも、なぜ登場人物が動物なんだろう…という
    不思議が残りました。
    まあ、別に問題視することでもないのですが
    西村さんの描く人間でもよかったのになあって
    思ったりして…。
    なぜ動物にしたのか知りたいなあ。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / しょうぼうじどうしゃじぷた / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『パンツいっちょうめ』<br>苅田澄子さん やぎたみこさんインタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット