雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

シンドバッドのさいごの航海」 みんなの声

シンドバッドのさいごの航海 作・絵:ルドミラ・ゼーマン
訳:脇 明子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2002年
ISBN:9784001108651
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,926
みんなの声 総数 1
「シンドバッドのさいごの航海」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ようやく完結

    • ポポロさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    シンドバッドの冒険3冊シリーズ。
    我が家でようやく完結しました。ドキドキワクワクの冒険の連続。
    「川口博の探検隊」(ちょっと古いですが・・)にも似た
    奇想天外の物語に息子はいつも大興奮。
    シンドバッドは海を巡り、異国の地へ何度もたどりつくのですが、
    その度に「ここはきっと中国だよ」「インドあたりかなあ」と
    国の特徴を表す挿絵に想像をめぐらせていました。
    何度も危険を冒し、宝石など莫大な富を得たシンドバッド。
    しかしながら、本当に得た富は「愛」であり「家族」であったのです。
    今回の物語はシンドバッドと妻ファティマの出会いです。
    もちろん、危険な冒険も健在です。
    シンドバッドを窮地から救う助っ人も登場し、前作より安心して楽しめました。

    掲載日:2006/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・


死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット