もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

「おくち あーん!」 みんなの声

おくち あーん! 本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「おくち あーん!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 病院に行くのが嫌じゃなくなるかも

    • JDさん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都

    病気にならない子って、いないですよね。
    ほとんどの子どもは、大きくなるまでに何度かは、お医者さんのお世話になります。

    お医者さんから、「ハイ、お口あーん」って言われて、しぶしぶ口を開けると、ヘンテコな棒みたいなのが入ってきて、思わずオェーってなっちゃう。
    大人でもそうなる時があるのに、子どもだったら、「何でこんな嫌な事しなきゃなんないの!」って思うはずです。
    でも、お口あーんは、お医者さんの診察にとって、大切な事のようです。
    絵本の最後には、「かばくんの おくちあーん! レッスン」が載っています。
    コツを掴めば、お医者さんがびっくりするくらい上手にお口あーんができるようになるかもしれません。

    挿絵も可愛く、特に元気もののかばくんは、本当にイキイキ描かれています。
    でも、かばくんは元気過ぎてお友だちとうまく遊べません。(周りにいませんか、かばくんに似ている子)
    かばくんは「おくちあーんコンテスト」で優勝して、大ちゃんにお口あーんを教えてあげます。
    このことで、みんなの役に立つ事の喜びをしったかばくんも、上手にコミュニケーションが取れるようになっていきます。

    現役の小児科のお医者さんが書いた絵本なので、病院に行くのが苦手なお子さんのお役に立つのではないかと思います。

    掲載日:2007/01/02

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット