だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ほーら、これでいい!」 みんなの声

ほーら、これでいい! 絵:ジュリー・パシュキス
訳:さくま ゆみこ
再話:ウォン=ディ・ペイ マーガレット・H・リッパート
出版社:アートン
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784861930669
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,513
みんなの声 総数 12
「ほーら、これでいい!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • びっくりしました

    むかし、あたまと足と手とばらばらだったからびっくりしました。

    とちゅうで、へんなふうにくっつくからどうなるんだろうと思いました。

    ほんとうにちゃんとくっつくのかなあって思いました。

    今もばらばらじゃなくてよかったです。

    おもしろいお話でした。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白い!

    8歳長女が学校で民話の勉強をしているというので、借りてきた絵本です。昔、頭やうで、足、胴体がバラバラで、みんな出会って人間のこの形になったという話です。みんなバラバラではできないことが一緒になればできることをわかりやすく伝えている絵本だと思います。6歳次女も面白いとはまっていました(笑)

    掲載日:2016/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • リベリアのお話

    驚くほど斬新なお話でしたね。
    頭や手足など、体がバラバラに独立しているという発想は、なかなか出てきません。
    最後には、私たちと同じ体になったので、本当に安心しました。
    「助け合い」の精神を伝えるお話ということで、納得しました。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • リベリアという国に対して何の知識もなかったので、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    どんな国なのかを知る手がかりになればと思い読んでみましたが、それほど理解は深まりませんでした。しかし絵が可愛らしかったのでよしとします。美術工芸品としても評価されているのですね。リベリアにもサクランボが存在するというのに驚きました。

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新な話です!

    西アフリカのリベリアという国に住むダンという民族に伝わる話だそうです。

    昔、頭と腕と胴体と脚はバラバラに存在していました。そんな状態だったので、頭は自分の舌が届く範囲のものしか食べることが出来ず、木の上になるサクランボに憧れていました。そこで、知恵を絞って、坂の上から転がってサクランボの木にぶつかると、腕に出会いました。そして、二つが合体すると念願のサクランボを食べることが出来ました! 

    と、こんな風に1つ1つがどんどん合体していくのですが、頭・腕・胴体・脚がバラバラだったというその発想の斬新さ、その合体の仕方のユーモアなこと、 そして、もともと色がとてもビビットなので、1年生の読み聞かせで読んだのですが、とても食いつきがよく、みんな笑いながら惹きつけられていました。

    力をあわせることの大切さをユーモアを交えて伝えた話だそうです。笑いながらも、それを感じ取ってくれたらいいなぁ。とてもお薦めです。是非読んでみて下さい。

    掲載日:2012/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • リベリアは西アフリカの小さな国で、 解放された奴隷の人たちが作った国です。リベリアという名前は「自由の国」という意味です。
    後書きも 学ばされました!
    このお話は ダンの人々に昔から伝わる物語で みんなで力を合わせることが大事だと教えるために、身体のどの部分も必要で ひとり一人が必要だし お互いが助け合って生きているのだということを語っている
    大変大事な 深い意味を持つ語りだと思いました

    むかしむかし、あたまは ひとりぼっちでした。
    こんなはじまりで 絵は おもしろく色がきれいです

    あたま うで からだ あし 次々にあらわれ「 ほーら、これで いい!」
    この言葉が 何度も出てきます
    この言葉を聞くと なんだか ホットします。
    安心感がもてるのですね。 
     おもしろいお話の組み立てです

    深い 深い お話、中味のある絵本ですね!
    子供にも読んであげたい。 リベリアの国のことを知ってもらうのも大事だと思います。
    みなさんも 是非読んでみてください!

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなで力を合わせよう!

    • あんにょんさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子15歳、男の子10歳

    アフリカの本を探していて、この本を見つけました。
    いかにもアフリカっていう色彩、見ているだけでも楽しくなってきます。
    低学年には、おもしろく楽しいお話、高学年には、みんなで協力することの大切さを感じてもらえたらな、と思いながら読みました。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字をもたない話し言葉だけの口承言語

     むかしむかし、あたまはひとりぽっちでした。
     頭はごろごろ転がって動くしかない。
     ある日、頭は腕や足や胴体と出会い、…。
     バラバラだったパーツが、力を合わせ一つの目的を達成し、現在の人間になったというお話です。
     
     リベリア北部に暮らすダンの人々が子どもたちに伝えてきた物語です。
     ダンDanは、西アフリカのコートディヴォワール共和国西部からリベリア共和国東部にかけての内陸森林地域にくらす民族です。
     ダンという民族呼称は、ダン語による彼らの自称“ダンの言葉を話す者たち”に由来します。
     ダン語は、書き言葉、すなわち文字をもたない話し言葉だけの口承言語です。
     作者が語り部の一家に生まれ、昔話の語りを祖母に仕込まれて育ったというのもうなずけます。

     ガーナの伝統的な旗からインスピレーションを得たという絵が、このお話を楽しくしています。
     明るくユーモラスなアフリカの文化に出会えました。

    掲載日:2009/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • バラバラだった!!

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    アフリカの民話を始めて読みました。
    絵がカラフルだったので面白そうと思い
    ページをめくると、どんどん話に引き込まれてしまいました。

    最初に頭だけが出てきて
    サクランボを取るために手に協力を頼んで
    胴体や足もバラバラで生活しているんです。
    いろんな場所に頭がくっついて人間の今の形が一番いろいろな事に
    便利であるという結論でした。
    本当にこれがベスト!
    不思議だけど面白い民話でした。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力を合わせて

    • だるまさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子9歳、男の子5歳

    バラバラになって暮らしてた
    人間のバーツ(手・足・頭・胴体)が出会って、
    美味しい木の実(目的達成)を食べるために、
    お互い力を合わせるお話です。

    と書くと難しそうな内容ですが、
    子どもが読むと単純に、
    『バラバラな手足が
    出会い、面白おかしく合体して
    美味しい木の実を食べる』
    と理解するはずです。

    合体する時にどこにどのパーツが
    くっつくか分からず
    あーでもないこーでもないと
    試行錯誤するところが
    我が子は大好き。
    途中、手が頭の上にくっついて
    「ほーらこれでいい!」
    なんて言ってるところは大笑い。

    リベリアではこのお話を
    「みんなで力を合わせることが大切」ということを
    子どもに教える時に
    語り聞かせるそうですが、
    堅いお話ではなくとても親しみやすいです。

    読み聞かせ後に、
    「バラバラだと食べられないものも、
    力を合わせると食べられるようになるね.
    力を合わせるって大事だね.」と
    子どもに話すことができました。

    掲載日:2007/10/19

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット