モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

たまごから生まれたウマ」 みんなの声

たまごから生まれたウマ 作:谷 真介
絵:赤坂 三好
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年12月
ISBN:9784333022380
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,474
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 昔話の集大成

    腐ったスイカと思っていたら
    そこから馬が生まれてくるおはなしです。

    おじいさんとおばあさんは大事に育てて、幸せに過ごしているのに
    その駿馬の噂を聞いた殿様のもとへ
    泣く泣く献上させられる展開・・・。
    なんかどこかで聞いてことがある昔話のいいところを
    いろいろ集めたみたいな展開なのですが
    昔話とは、そもそも、そういうものかもしれません。

    このおはなしの原話は
    沖永良部島に伝わるお話だそうです。
    だから、馬が海を泳いでわたってくるシーンがあるのか・・と納得しました。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忠誠心

    初めて読むお話でしたが、どこか懐かしい気持ちにもなれました。
    スイカが、割れて子馬が生まれる場面では、「ももたろう」を思い浮かべましたし、子馬の忠誠心には「ハチ公」を連想させます。
    それにしても、お殿様がいい人で良かった。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • すいかじゃないの? 

    干支のお話シリーズ、その月にまつわるお話のシリーズと、谷真介さんと赤坂三好さんのコンビが連発した絵本の一冊。
    『たまごからうまれた女の子』を読んだ後、気になっていた絵本です。
    女の子の次は馬か?
    で…、話は全然違います。
    「馬のたまご」だというスイカ売りの言葉に騙されて腐りかけたスイカを買ったおばあさん。
    しかし、なんと本当にウマがウマれたのでした。
    意外性だけは感じたものの、話が地味。
    鹿児島の方の昔話で、朝鮮にも同じような伝承があるとか。
    けなげなおウマさんが描かれているだけに、もっと活躍しても良かったと思いました。

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット