たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

いじわるブッチー」 みんなの声

いじわるブッチー 文:バーバラ・ボットナー
絵:ペギー・ラスマン
訳:ひがし はるみ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1994年
ISBN:9784198601034
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,507
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • いじわるっこ撃退法

    いじわるされているのに、周りからは仲が良いと思われる。
    良くありそうな話です。
    はっきり拒絶すれば良いのかもしれないけれど、なかなか言い出せないことも良くわかります。
    でも、勇気をもってブッチーに挑んだこと、言いたいこと言えたことは大きな成長だったですね。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いじめっこ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    いじめっこブッチーが実はいいところもあるみたいなお話かと思ったら本当にいじわるで逆に予想外でした。
    いじめっこを撃退するお話なんですね。
    まだ幼稚園に通っていない娘にはいじめっこってどんなこか分かったかな?
    夜中にブッチーが…と空想するいじめられっこはとても楽しそう。ちょっとブッチーがかわいそうな気も…まあいじめられっこにしてみればそんなものかもしれませんね。
    ブッチーにしてみればもしかしたら悪気はなくて遊んでいるだけなつもりだったのかも。これをきっかけに相手の気持ちを考えられるようになると良いですね。

    掲載日:2014/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうなんですよね

    絵本ナビからのメールで紹介されていて、とても興味深かったので読んでみました。思ったより、淡々とした文章で、相当意地悪そうな顔のブッチーの絵が強烈な絵本でしたが、ハッとする真理をついているような気がしました。

    そう、お母さんは常に、「みんなとなかよくしなさい」なんて言うけれど、本当はそんなものは無理なことです。大人はみんなをれを知っているのに、何故か子供には、特に子供が小さければ小さいほど、親は(女親)は、その言葉を言ってしまいます..... でも、それがどれだけ、いじめられている子にとって、苦痛な事なのか、この絵本が見事に描いてくれているなと思いました。

    いじわるをされた日に見る夢が、どれもブッチーがどこかに行ってくれる夢だなんて。そして、究極には、ブッチーが地球の端っこから落ちて助けられない夢を見ている“わたし”は、寝ながら微笑んでいるのです。嫌で嫌でたまらないんでしょうね。

    綺麗ごとではない部分が描かれた絵本です。でも、こういうのって必要かなと私は思います。

    掲載日:2014/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • かせきがくしゃ

    ブッチーは、いじめっ子なんですね。
    そんな、いじめっ子に対処する方法「かせきがくしゃ」のアイディアは、本当にお見事でした。
    大人は「やーめーて」って言えばいいんじゃない?と言いますが、実際には止めてくれないですよね。
    むしろ、エスカレートする場合も・・・
    「やめて」という言葉のほかにも、対処方法はあるんだと気がつきました。

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いるよね

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    こういう子ってどこにでもいるよなあと、しみじみ読みました。そして、こういう大人の対応も大いにありうるよなあと、考えさせられました。大人の人間関係と子供の人間関係が必ずしも一致しないのです。親の友達付き合いをこどもに押し付けるのは、酷な場合もあるのですね。でも、この本の主人公を苦手な子の対処法を自分で見つけて実行し、見事克服しました。あっぱれです。こんなふうに逞しく人間関係を切り開いていってほしいです。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いようでイジメじゃないか?

    タイトルに名前があって表紙に一人で出ていておしゃれなお洋服の子が悪役で、主役じゃない、というのは面白い趣向ですね。

    ブッチーはいつも「ブッチーザウルス」になって、主人公をひどい目にあわせ、ミミズ扱いしようとする。でももういや!主人公は「考古学者」になってザウルスの骨をもらおうとするフリをして追い返す。

    知恵の勝利ですね。

    これ、ママ同士が仲良しなのがちょっと悲劇だけど、イジメ問題じゃないですか。。。

    でもふと気になったのは、いつもブッチーのママがお菓子を買ってきて遊びに来ること。服もいつもおしゃれだし、主人公は地味だし。ブッチーママ=金持ちと主人公=貧乏という構図があるのかな?イジメの背景まで、いろいろ考えてしまう本です。

    掲載日:2011/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達つきあいの勉強

    ブッチーはいじわるだからいっしょにあそびたくないの。
    でも、ママたちは仲がいいって思ってる。
    子供には大人にはわからない思いや考えがあって、
    大人に言えない事もある。
    夢でいじめっ子に仕返ししたり、健気だな〜って思いました。
    子供にこの本を読んだ時に、
    いじわるしたら、お友達が遊んでくれなくなるよって言うと、
    「ブッチーみたいに?」と、いい勉強になったみたいです。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘同士も友だちになれるとは限らない

     作者のプロフィールをカバーで読んで、笑ってしまいました。
     主人公の「あたし」と似た経験があるそうで、
     この作品で、仕返しができたと書かれていて、息子にうけました。
     
     主人公の女の子のママの友だちが連れてくるのが、意地悪ブッチー。
     ママ同士が友だちだからって、娘同士も友だちになれるとは限らない。
     それを、ママたちは解っていない。
     しまいに、ママは、「いろんなひとと おともだちに ならなきゃだめよ。」という、絶望的な回答。

     ブッチーが来るたびに、自称ブッチーザウルスに「食べちゃうぞ」と脅されて、ある日ブッチーがうちにお泊まりに来る事になり…。

     ブッチーが帰った後の、「あたし」の“ブッチー抹消”願望の絵がだんだんエスカレートしていくのが楽しいんです。
     「あたし」のブッチー撃退大作戦のページはなかなかです。
     かしこ〜い。大爆笑です。
     “窮鼠猫をかむ”の絶体絶命の思いで、考えたんでしょうね。
     それにしても、「あたし」のパーソナリティもなかなか面白い。
     は虫類系が好きっていうのも、かなりの夢想家なのも。
     ブッチーに劣らぬ将来楽しみな女の子でした。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月様も 困った顔の いじわるっ子 ブッチー
    ほしまでかじって 

    こんないじわるっこも いるんだ!

    ママ同士は仲良しでも 子ども心は違うもの 大人はそれが分からない
    こんなに 意地悪されたら  いやだよね

    夢にまで見て かわいそう!

    ブッチーは、どうしたら 意地悪でなくなるのかしら、 大人になってから 二人が出会った 続きのお話 書いてください。

    ロケットにのって遠くにいってしまえばいい、 消えて欲しいという事かしらね。

    この絵本の作者もいじめられたおもいでがあるとのこと、 だから この絵本ができたのかな?

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブッチーはいじわる?

    ブッチーのこの表情がおもしろい。
    いじわるだけど・・・「ぼくも、わたしも」こんないじわる?
    したくなっちゃうかもって、見てる子どもたちが思ったかどうかはわからないけど、
    「ブッチー、読んで」と人気の絵本です。
    それとも、いじわるされていても最後には追い出しちゃったというので
    ホッとしたのかどうか。 いろいろ考えさせられておもしろいです。

    ブッチーが、ロケットに乗って、おつきさんのところへ行っちゃった
    ところは、痛快です。 

    掲載日:2009/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット