なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

かぐやひめ」 みんなの声

かぐやひめ 作:円地文子
絵:秋野 不矩
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年
ISBN:9784265032822
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,185
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • びっくりしました

    国語のプリントに出て来ました。

    竹の中の根元が光っていたのでびっくりしました。

    何が入っているんだろと思いました。

    おじいさんが竹を切りに行くとその切った節に
    こがねが入っていたからといいなあと思いました。

    かぐやひめが月の世界から来たというのでびっくりしました。


    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幻想的な世界ですね

    日本の昔話をっと思い6歳の息子に借りてきました。

    どうして人間の世界に産まれてきたんだろうっと
    息子は不思議がっていました。確かに不思議ですよね・・
    個人的には、かぐや姫が帝には「お仕えできなくて残念」と
    言っているのが本心なのか社交辞令なのかが気になりました(笑)

    昔国語の教科書に掲載されていましたよね。
    あの時はなんとも思いませんでしたが
    久しぶりに読むと、結構幻想的な世界が広がっていて驚きました。

    息子はただただ聞いているだけでした。
    文字数も多く、使い慣れない言葉も多々あり
    1年生の息子には少々難しかったかもしれませんが
    お話の流れは理解できていました。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雅の竹取物語

    『かぐや姫』としても『竹取物語』としてもよく知られたお話だから、誰が描いても大きな違いはないと思いますが、円地文子が手掛けたとなると
    中世文学の気品がどことなく感じられるように思います。
    秋野不矩さんの描く絵も、懐かしい絵本の世界。
    そう思ったら1967年に刊行された絵本の復刊なのですね。
    平安美人の装いで、どちらかといえば昔の子どもたちの世界かもしれません。

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原文に近いです

    秋野不矩さんの絵の美しさに思わず借りてきてしまいました。
    平安朝を思わせる色使いやその時代の風景など
    昔話の世界観を壊さない美しい絵に思わず引き込まれます。

    かぐやひめも色々な絵本が出ていますが、
    これは原文に近い形でわかりやすく訳されています。
    「今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。野山にまじりて…」
    を学生時代暗記した覚えがありましたが、
    本当のその文章の一文とこのお話が重なりながら
    物語が展開していくことに感動しました。
    難しい言葉も出てきますが、
    物語の大筋はわかるようで、息子もじっと聞いていました。
    訳されていても、日本語の美しさを感じさせてくれる文章が
    聞いていて心地よいのかもしれません。
    大人にも触れてほしい1冊です。

    掲載日:2012/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人のかけひき

    竹やぶを見かける度に楽しい気分になって「かぐや姫いるかな?」
    なんて言ってしまう私です。娘はかぐや姫を知らないので、説明
    してあげたりして。きちんとした絵本にも触れさせてあげたいなあと
    思い、この絵本を読んであげました。
    雅です。絵も、文章も「かぐや姫」の雰囲気にぴったりだと思います。
    この物語には、やたらとかわいらしい絵だったりするよりもこういった
    絵の方が断然いいなあって思いました。
    さて、娘。
    かぐや姫が竹の中にいたことや、月に帰って行ってしまうところは
    理解できたようですが、たくさんの位の高い男性に求婚され、断る
    ために無理難題を言ったことは理解できなかったようです。
    大人のかけひきだからね。ちょっと難しいよね、ちびっこには。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせ

    小さい頃、母親がよく読み聞かせてくれたのを思い出し、自分の子供にも読み聞かせようと購入しましたが、このかぐやひめは少し言葉がむずかしかった感じがします。でも、何回も読み聞かせてればいつか分かるかなぁと思い、毎日読み聞かせてます!
    やはり、日本人には日本昔話!!!

    掲載日:2011/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 馴染みのある絵本

    5歳ぐらいの時に一度読んだことがあり、私にとっては馴染みのある本でした。

    今回息子に読んでみると「かぐやひめぐらい知っている」という反応でした。

    絵が「いっすんぼうし」の秋野さん。

    最近ではアニメっぽい大きな目をしたかぐやひめの絵本もあるようですが、この本ではうりざね顔の平安美人であるところが何だか見ていて落ちつきます。

    息子はかぐやひめが天人だったということに驚いていました。

    一度は触れてほしいお話だと思います。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親しみやすい「かぐやひめ」

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    この本の絵を描いているのは、秋野不矩さんで、我が家にある『いっすんぼうし』と同じです。
    織田観潮さんの絵とは全く違いますが、その少し幼い感じの絵が可愛らしさを含んでいて、とても親しみやすさを感じます。
    他の「かぐやひめ」絵本にはない、帝と文通するエピソードもきちんと織り込まれているところはとても嬉しいです。
    ただせっかく帝と親しくなるのに、最後はきちんとした別れもせずに帰ってしまうので、不死の薬や富士山の煙の話も出てくるともっと良かったと思います。

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古典文学そのままに

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    中学校国語の教科書の古典では『竹取物語』が取り上げられています。
    あまりに有名なお話であるだけに、
    幼少期より、やはり原作に忠実である作品で触れて欲しいです。
    その意味でこの絵本は円地文子さんの文章、秋野不矩さんという
    素晴らしい組み合わせで、古典にほぼ忠実に描かれ、
    嬉しい限りです。
    竹取の翁が出会った女の子は、かぐや姫と名付けられ美しく成長します。
    求婚に訪れた貴族達への無理難題。
    満月の夜に天上に帰っていく幻想的な場面。
    それらのお話の中に、当時の人々の息遣いが浮かび上がります。
    『竹取物語』に取り組む中学生にも読んでもらいたいですね。

    掲載日:2007/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット