ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

にほんたんじょう」 みんなの声

にほんたんじょう 作:岸田 衿子
絵:渡辺学
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年
ISBN:9784265032839
評価スコア 4
評価ランキング 19,844
みんなの声 総数 3
「にほんたんじょう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素晴らしい絵

    • そらききさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    子どもは最近、日本の行事や落語の絵本などに親しんでおり、いい機会なので、古事記による日本誕生の絵本を読んであげました。

    いざなみといざなぎが地面をかきまぜて日本の八つの島を作った場面、いざなみが死んで黄泉の国で恐ろしい姿になっている場面など、すごく印象に残ったようです。次々に生まれる神々の中であまてらすおおみかみはどこかで聞き覚えがあったようで、この絵本自体、気に入って買って欲しいとリクエストされました。

    絵がお話にすごくまっちしており、素晴らしいです。

    掲載日:2011/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神話に興味を示したので

    息子が最近神話に興味を示したので読んでみました。

    ちょうどスズナ姫が好きな時期でもあり、神様も身近に感じるようです。

    私も子どもの頃に読んだことがあるものの、その記憶はおぼろげであやしい記憶をこの本で補ってもらったような感じでした。

    神様が割とあっけない感じで生まれるのが意外でもあり、黄泉の国の場面はちょっと怖かったです。

    一度は読んでおきたい本だと思います。

    掲載日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古事記による日本誕生

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    復刊された日本の名作絵本の1冊。
    古事記に基づいた展開で、日本の古代の世界が広がります。
    誰も住んでおらず、地面も混沌としていた頃、
    偉い神様がこの世界にいろいろなものを作ろうとするのです。
    いざなぎ、いざなみ、よみのくに、あまてらすおおみかみ、
    すさのおのみこと・・・。
    聞いたことはあるけど・・という言葉が次々に出てきます。
    日本の古代神話の世界が浮かび上がります。
    死の世界や、夫婦の愛情の変化など、小学生の我が子たちに読んであげた時でも、
    ???と少しわかりにくかったようです。
    でも、自分達のルーツを知る上でも知っておきたい、
    日本の古代の世界観。
    少しでも感じ取ってくれていたらいいなあ、と願っています。

    掲載日:2007/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『いっさいはん』minchiさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット