モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ブレーメンのおんがくたい」 みんなの声

ブレーメンのおんがくたい 作:グリム童話
絵:ハンス・フィッシャー
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1964年4月15日
ISBN:9784834000313
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,013
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 6歳の息子と3歳の娘に読みました。
    大変美しい表紙で、私は一目見て心を奪われました。
    中のイラストも実に丁寧で美しい。ハンス・フィッシャーの力量に思わず感服です。
    よく知っている作品なのですが、絵を見たさに思わず何度もめくってしまう。。。子供はそうでもない様子でしたが。。。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も文もすてき

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ハンスフィッシャーさんの絵と瀬田貞二さんの訳の絵がとっても素敵な絵本です。
    「ブレーメンのおんがくたい」は有名なお話だけあって数多く出ていますよね。
    役立たずとされた動物たちですが力をあわせて…。
    どれを読んでも思ってしまうのですが、彼らはブレーメンには結局行かないんですよね(笑)。

    掲載日:2015/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こちらを選びました!!

    グリム童話「ブレーメンのおんがくたい」の絵本は有名なお話だけあって,たくさん出ていますね。
    私がこちらの絵本を購入した理由は,何と言っても,ハンスフィッシャー氏の絵がとっても素敵だったからです!!
    そして,訳は瀬田貞二氏です。
    4歳の娘のために購入しましたが,名作は小さい頃だけでなく長く読んでほしいという気持ちから,こちらの「ブレーメンのおんがくたい」を選びました!
    購入してよかったな〜と思う1冊になりました。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がすばらしい

    『ブレーメンのおんがくたい』は、ストーリーを知っているだけにたくさんのブレーメン絵本は持ち味がポイントだと思います。
    フィッシャーさんの絵本はとてもシンフォニックで、音楽のように感じました。
    登場スタッフがそれぞれに素朴に登場して、次第に色彩豊かに表現されてきて、泥棒の家を見つけたところではじめてフルカラー。
    素晴らしい演出効果で、印象的です。
    せたていじさんの文章もフィッシャーさんの絵を意識してか、とてもメロディアス。
    芸術的な絵本でした。

    掲載日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文が染みる

    いわずと知れたグリム童話の名作です。

    数ある同名の絵本の中で、この本のいいところは
    一見ラフに見える絵と、丁寧な絵のコントラストが絶妙なところです。
    幸せそうにそれぞれのベッドに入る動物たちが
    心を癒してくれます。

    掲載日:2013/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりハンス・フィッシャー

    長女がちいさい頃から好きでよく読んでいた本です。同じ作者ハンス・フィッシャーの『るんぷんぷん』を読んでいたら、ブレーメンの音楽隊のメンバーが出てきたので懐かしくなり、久しぶりに本棚から引っ張り出してきました。
    やっぱりハンス・フィッシャーの絵は素敵です。シンプルにさらっと描いているようで、動きがあっておしゃれ。色使いも控えめなのにキラリと効果的です。特に4匹が夜の森でどろぼうのいえをのぞくシーンの美しさは、何度見ても感動します。4匹がめいめいにすきな寝床を探す、家全体が描かれたシーンも楽しいです。長く眺めてキッチンに並ぶ食器など細かいところまで見てはうっとりしてしまいます。
    娘がはじめて読んだとき、なんでブレーメンに行かないの?と不思議がっていたことを思い出しました。今ではもう4匹がブレーメンに行かないことは知っているけれど、素敵な絵を細部まで見ておはなしを楽しんでいます。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文章が好き

    『ブレーメンのおんがくたい』を読んでやろうと思ったら、たくさん出版されていたので、いくつかを読み比べてみたなかの1冊です。

    ハンス・フィッシャーさんの絵で、ほとんどの場面で背景がなく、動物だけが描かれています。子供騙しではないけれど、単純化されていて、小さい子供がすんなりと受け入れられるようなやさしい絵です。

    でも何よりもこの絵本のポイントは瀬田貞二さんの訳文です。私はもともと瀬田貞二さんのファンなのですが、今回いくつかを読み比べてみて、その思いを新たにしました。

    息子がどれを好むかは分かりませんが、私はこれを読み効かせるつもりです。

    掲載日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作

    子供のリクエストで、グリム童話の名作を読んでみました。
    すでに幼稚園で読んでいて知っていたのですが、園とは違うものを読みました。

    私自身、うろ覚えのところがあったので、新鮮な気持ちで読めたと思います。(猫の存在を忘れていました)

    読みやすい文章で、子供も一人で読んでいます。

    絵がきれいな絵本です。

    掲載日:2011/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワク感がある

    ゆかいな動物たちが、奇想天外に
    自分たちの居場所をみつけ出すお話。
    ページをめくるごとに、次はどうなるんだろうという
    ワクワク感がありました。
    絵も綺麗な色遣いで、線もかわいい絵本でした。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が大好きです

    ご存知、グリム童話のブレーメンのおんがくたいです。絵本にもいろいろなバージョンがあると思いますが、これはとにかく絵がかわいくて、インテリアとして飾っておきたいくらい私も好きです。
    のけ者にされたロバ、犬、猫、鶏が泥棒を追っ払うお話。ブレーメンには行かないし、音楽隊らしきこともしないし、何がおもしろいの?と聞かれると困るのですが、息子はこのお話が大好き。何度も繰り返し読んでいました。有名な童話ってなぜか子どもにはまるんですよね…。不思議です。

    掲載日:2009/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット