宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ブレーメンのおんがくたいふつうだと思う みんなの声

ブレーメンのおんがくたい 作:グリム童話
絵:ハンス・フィッシャー
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1964年4月15日
ISBN:9784834000313
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,043
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 暗闇

    ロバ、犬、猫、おんどりが街の音楽隊に入ろうと出掛けて行くお話です。

    辿り着いた泥棒の家での4匹の格闘ぶりが面白くていいなぁと思いました。

    対象年齢は5・6歳〜となっていますが、2歳児でも十分に楽しんでいました。
    動物や泥棒が出てくるのが面白いようです。
    特に、暗闇のページで子どもたちはジーっと見入っていました。

    話の内容は理解できなくても、見ているだけでも楽しめる一冊だと思います☆

    投稿日:2008/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4歳の娘には・・。

    ブレーメンの音楽隊の劇を保育園で見てからというものとても好きだったので原作をと思い、これを選び読んであげましたがこの絵本は少し難しく感じられました。
    表現が少し4歳の娘にはわかりづらい箇所があり途中略して読んだりしました。

    しっかりと原作を楽しみたい方にはオススメですがストーリーを理解して楽しむにはこれよりも他のブレーメンのほうが絵も文章もわかりやすいものがあるのでそちらがおすすめです!

    投稿日:2006/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット