なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

きみのうち、ぼくのうち」 みんなの声

きみのうち、ぼくのうち 作:ヤン・ホアン
絵:ホアン・シャオイェン
訳:中 由美子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年05月
ISBN:9784265068159
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,855
みんなの声 総数 8
「きみのうち、ぼくのうち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 台湾の歴史を背景とした作品のように…

     表紙絵が綺麗で、すぐ開き読みました。
     美しい詩と、懐かしいような風景。
     でも、結びを見て、『こういう幸せの確認の仕方は、今時の日本人じゃないな』なんて思い、カバー折り返しの作者のプロフィールを読んで納得しました。
     台湾の若き詩人。
     それも時代の焦臭さの残る1954年に亡くなられていた。
     25歳の若さで。
     台湾の歴史を背景として、生まれた作品のように私には思えました。
     
     雨露をしのぐ場所もなく、絶望を膝と一緒に抱え泣いている子が、今この瞬間にもたくさんいる事を忘れたくないものです。 

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 台湾人の友だちからもらった絵本

    台湾人のおともだちがプレゼントしてくれました。
    現地ではとても有名だとのこと。
    日本で出ていてうれしくなって…と。
    若くして亡くなった詩人の詩。
    短い言葉に絵がついている本ですが、
    それが心にじーんとしみてきます。
    自然というものとのかかわりと教えてくれる
    ステキな絵本だと思います。
    子どもにだってわかる世界だと思います。
    オススメです!

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩が美しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    台湾の児童詩の先駆者と言われるヤン・ホアン(1930〜1954)の詩を2004年に絵本にした作品です。

    さりげない言葉で語られていますが、多くの詩が台湾の小中学校の教科書に採用されているのも頷ける心に響く言葉が並んでいます。

    「葉っぱは 毛虫の ゆりかご。
     花は ちょうちょの ねどこ。」
    こうしたフレーズで始まりますが、何とも暖かい気持ちにさせてくれます。

    その詩に、絵が実に調和して描かれています。

    そして最後は、
    「ぼくといもうとは しあわせだ。
     うまれたときから あんしんして くらせるうちがある」
    こう結んでいるのですが、言葉の美しさ、絵の美しさに触れることのできる素晴らしい絵本で、子供だけでなく大人にも読んで欲しい一冊だと思います。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おうちのある幸せ

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    台湾の詩人さんの詩に絵をつけた絵本です。
    とてもきれいな絵と、無駄のないシンプルな言葉で、読んでいるとおだやかな気持ちになります。
    でも風と雲にうちがないことになっているのが少し淋しく感じてしまいました。風のおうちは雲、雲のおうちは空だといいなぁ、なんて思いましたが、それでは詩にならないのかな。
    娘は「これはおやすみの本だね」という感想だったので、落ち着いた気持ちになれたようです。

    掲載日:2009/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵にうっとり

    絵が綺麗でとても素敵です。お家がある幸せをかみしめれる絵本です。色使いがとても素敵でいつまでも見とれていたい色彩です。「花は蝶ちょの寝床。」「歌う鳥は皆気持ちのいい家がある。」どのページもそれは素敵です。「僕と妹は幸せだ。生まれた時から安心して暮らせる家がある。」に、本当にそうだと思いました。納得のいく絵本で、綺麗な絵にとても満足です。

    掲載日:2009/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 帰る場所があること

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    色彩がきれいだったので、図書館で借りてきました。

    読み終えて、この本が、台湾でつくられた本だと知り、日本のなつかしい風景を本から思い描いていた私は、おどろきました。

    寝る前に子どもに読んであげると、きっとぐっすり眠れそうです。ゆっくりゆっくり言葉と絵を結びつけるように読みます。すると、帰るうちがあることが、どれだけ幸せかを身にもって感じることができると思います。

    掲載日:2007/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵と美しい文章に感動

    最近新築したので、家にまつわる絵本を探していました。
    手にとった中で一番感動したのがこの絵本。

    台湾の詩人、ヤン・ホアンさんの絵本です。
    美しい絵と丁寧で美しい文章に、最初から最後まで感動していました。

    色々な生き物(植物や動物)にはうちがある。
    でも、風にはうちがない。
    そして、空にもうちがない。

    「ぼくといもうとは しあわせだ。
    うまれたときから あんしんして くらせる うちが ある。」

    素直に共感できました。
    こんな幸せ、ないですものね。

    我が子にもこんな風に思ってもらえるようなうち、家族にしていきたいです。

    掲載日:2007/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今の日本の子供達に、大人達にぜひ

    • 洋梨さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子5歳

    台湾の有名な詩が、素敵な絵本になってよみがえりました。
    日本でも、金子みすゞさんなどが注目されてますが、年月がたっても、やっぱりいいものはいいな、という感じがします。
    こういう絵本を、今の日本の子供達に、そして今の大人達にぜひ読んでもらいたいです。

    様々な生き物と、その生き物が暮らす「うち」が登場します。

    「葉っぱは 毛虫の ゆりかご」「花は ちょうちょの ねどこ」

    表紙にもあるように、どのページにも、青い空、草原の緑、澄んだ川など、豊かな自然が描かれていて、気持ちが穏やかになります。
    ところが、読みすすめてびっくり!「風、雲には うちがない」と、、、。
    このあと一体どうなるの?と思ったら、
    「ぼくといもうとは しあわせだ。うまれたときから あんしんして くらせる うちが ある。」

    そんな風に「しあわせ」を感じながら家族と暮らす子供が、日本中に、たっくさん増えて欲しいな、と思います。

    5歳の娘は、この絵本を読んでから、何かと「幸せだ!」と言ってくれるようになり、嬉しい気持ちになります。
    私もなるべく「幸せだね!」と言葉にするようになりました。

    掲載日:2007/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット