キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

「明日は月よう日」 みんなの声

明日は月よう日 作:長谷川 集平
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「明日は月よう日」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ありきたりの休日の光景のありがたさ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    震災の日を前に、震災関連の絵本を探していて
    リストアップされていた絵本。
    でも、震災のことは一切描かれていません。
    ありきたりの日曜日の光景がそこにあるだけです。
    裏表紙にはお父さんが次の朝出勤するために用意したと見られる
    スーツとかばん。
    でも、それを大切なものとして、作者はあえて描きます。
    なぜかというと、
    阪神淡路大震災は、そんな休日明けの火曜日の朝、
    ありきたりの生活を送っていた人々を襲ったのです。
    この家族がテレビに見入っていた場面では、
    天使のような歌声、という表現がされていて、
    傷を受けた子どもたち、あるいは死んでいった子どもたちが、
    天使になって空に浮かんでいくという長谷川さん流表現だそうです。
    また、細かいところにある小物から、家族のサブストーリーも。
    テレビの上の置物は、長崎のだんじり風おみこし「コッコデショ」のミニチュア。
    家族の団欒も描かれた作品ともいえますね。
    震災テーマというより、感じたままで味わってもらうことが、
    長谷川作品への接し方かもしれませんね。

    掲載日:2007/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


人気絵本『にたものランド』のクリスマス版。プレゼントにも♪

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット