庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ファーディとおちば」 みんなの声

ファーディとおちば 作:ジュリア・ローリンソン
絵:ティファニー・ビーク
訳:木坂 涼
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784652004258
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,249
みんなの声 総数 27
「ファーディとおちば」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • やさしい気持ちになれる本

    きつねのファーディが、大好きなお友達のために一生懸命がんばるお話です。
    教室で読んだら、どの子も真剣に聞き入っていました。
    優しいタッチのイラストも、とっても素敵です♪
    最後のページは、
    「なんと言ってると思う?」
    と聞いてあげてください。
    きっと、子ども達から優しい答えがかえってきますよ!

    掲載日:2013/11/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美しい季節の移り変わり

    こぎつねのファーディは、毎朝友だちに会いに行きます。
    友だちは、緑でつやつやの葉っぱをたくさんつけた大きなです。
    でも最近、つやつやだった葉っぱがかさかさになり、色も茶色に変わっていくのを見て、病気じゃないかと心配します。
    お母さんは「それなら心配いらないわ。秋なんだもの」と教えてくれました。
    でも、木はどんどん茶色くなり、やがて落ちはじめました。
    散っていく落ち葉を一生懸命集め、木に「大丈夫だよ 守ってあげるからね」と言うファーディ。
    ファーディの友達を思う優しさや一生懸命さが、読んでいて心をあったかくしてくれます。
    葉っぱが落ちていく様子を表現している文章も文字の並びも素敵でした。
    最後に葉っぱが全部落ちた木が、とっても美しく輝いていました。
    娘も「うわーキレイ!」と絵本を眺めていました。

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  •  子ぎつねファーディの友達は、緑の葉っぱをたくさんつけた大きな木。
     ところが、その木が元気がありません。
     つやつやだった葉っぱは、かさかさになり、所々黄色くなったり茶色くなったり。
     ファーディは心配になってきました。
     “秋”だから心配ないとお母さんに教えられても、元気の無い木を見上げていたら、葉っぱが一枚落ちてきて、・・・。
     
     季節の移り変わりを解していないファーディが、必死に友達を助けようとするけなげな姿が可愛らしいんです。
     ファーディの友達を思う優しさや懸命さが、読んでいて心をあったかくしてくれます。
     葉っぱが落ちていく様子を表現している文章も綺麗でした。
     静かに秋がやってきて、冬へと向かっていく時の移ろいを小さいお子さんも感じ取れることでしょう。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 秋の季節に読みたい絵本ですね

    ファーデは木が友達だなんて、 秋に木が黄色に変わるのを見て、元気が無くなっていると思うのです、 木の命を知らなかったのですからね

    色使いのきれいな絵本です!

    最後の 葉っぱが全部落ちた木が、キラキラ輝いています!
    ステキデス!!

    私は 冬の枯れ木の枝が 寒い冬の空にそびえているのを見るときれいだな〜と感動します(枝がとても鮮明で 美しいのです) 

    木の命は 人間よりも きつねの命よりも遙かに 長くおおらかであると思います

    この絵本は きつねさんが 葉っぱが落ちてゆくのを心配しています
    この優しさは こどもの  ピュアなこころですね

    掲載日:2010/08/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 純粋な気持ち

    季節は秋。
    こぎつねのファーディは、ともだちの大きな木が心配でなりません。
    それは、葉っぱが茶色くなってかさかさになってきたから。
    そしてついに葉っぱが落ち始めてしまいます・・・。

    落葉樹は秋になったら葉っぱを全部落とすもの、と大人目線では思ってしまうけれど。
    ファーディの木を心配する気持ちが、とても純粋で素敵です。

    そしてとうとう冬が来てしまった最後のページ。
    冬の寒さの中に立つ木の美しさ!!!
    木はお話できないけれど、自らの形でファーディの心配する気持ちにこたえてくれるんです。

    心がほっと和むお話です。絵もとっても素敵ですよ!

    掲載日:2008/11/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんていじらしいこぎつね!

    こぎつねファーディの友だちは、1本の木。
    季節の変わり目をむかえ、葉っぱの色がいきいきとした緑から
    黄や茶色に変わる様子を見て、どうしたんだろうと心配します。
    葉っぱを次々落とす木を何とか守ろうとするファーディが
    いじらしくて胸がキュンとしました。
    優しいタッチのイラストが、お話の雰囲気に合っています。
    (ファーディがお母さんと夜にお茶をのむシーンが可愛くてお気に入りです♪)

    言葉も話すことができない木を、どうしてそこまで大切に思うようになったのかが
    書かれていると、もっといいな〜と思いましたが・・・
    言葉がなくても、分かり合える関係、ということなのでしょうか(^^)

    掲載日:2008/01/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいいファーディ

    子ギツネのファーディのお友達は大きな木
    その大きな木が最近、つやつやしたはっぱはかさかさに
    ところどころも黄色くなったりして元気がなくて
    気になるファーディ。
    でも、季節は秋。秋には植物はみなそうなっしまいますね。

    無垢な子ギツネが季節の流れで変わっていく植物、
    大きな木を心配する様子がとても優しくて
    懸命な姿には微笑ましく感じます。
    大きな木とかわいいファーディのやりとりが
    とっても印象的です。


    ラストの目を見張るような大きな木にはビックリ!
    思わずキレイ!!って歓声が込みあげてきます。

    秋の季節に読みたい絵本です。

    掲載日:2007/03/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 木を守ろうと

    4歳の息子と読みました。
    生まれて初めて秋を迎える、こぎつねのファーディの話。
    やわらかく、あたたかい感じの、かわいらしいイラスト。
    秋になり、葉が茶色くなってきてしまったので、
    ファーディは木を心配して、奮闘します。
    その奮闘の仕方がとてもかわいらしい。
    最後の葉っぱを守ろうとするところなんて胸きゅんです。
    最後の見開きは、キラキラする銀色のインクを使って、印象的なページでした。

    息子は、かわいいファーディに喜んでいました。

    掲載日:2015/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無垢で純粋な心!

    親である大人の私が読みました。
    こぎつねのファーディの無垢な気持ちが愛らしい絵本でした。
    お友達である木を必死に守ろうとする姿,それを守れずに落ち込む姿,純粋な心が伝わってきました。
    子供って,大人では考えられないくらい無垢で純粋な澄んだ心を持っているんですよね。
    そんな気持ちに共感し微笑んであげられる親でいたいな〜とこの絵本を読んで思いました。
    晩秋を感じさせる素敵な絵本でした。

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋を知らないファーディ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    葉が茶色くなって落ちていく…それを心配するファーディのお話。
    ファーディは秋を知らないんですね。
    でも木をおもい心配するファーディを笑うことはできません。
    やさしいなーとほほえましく読みました。
    秋というものを大人は知っていますが、我が家の子供は秋を知っているのかなーと思いました。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おでん おんせんにいく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット