アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

いかりのギョーザ」 みんなの声

いかりのギョーザ 作:苅田 澄子
絵:大島 妙子
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年12月
ISBN:9784333022496
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,506
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

67件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • こんなのも悪くない!

    いかりのパワーは、すごいということを

    感じることができるお話です。

    確かに人が怒れば、メラメラ燃えているように

    見えないこともありません。

    そのパワーを利用してぎょうざをやくフライパン!

    なんておもしろい!

    そこに目を付けた作者がすごいと思いました。

    ぎょうざ、すっごい食べたくなります。

    これを読んでから、ぎょうざ常にストックしてます。

    掲載日:2014/09/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 怒りのパワーも無駄にしない

    ぶぶこさんが森で拾ったフライパンは、誰かの怒りの気持ちの火力で美味しい餃子を焼いてくれます。でも、美味しい餃子が食べたいと言う気持ちが、みんなの怒りのパワーを消してしまい、餃子が食べられなくなってきます。
    怒りのパワーも無駄にしない、無駄ではないんですね。
    ママの怒りも無駄にならなきゃいいな なんて(笑)

    リズム感があって読み聞かせにも最適。
    読んだ後は、餃子が食べたくなる絵本です。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • わかるわあ

    いかりのフライパンは火がなくても自分で「いかり」を利用して
    火をおこすことができます。
    プンプン プリプリ! プンプン プリプリ!と
    いいながらおこした火は強烈で。
    そのおかげでギョーザもとってもおいしくできあがるのです。
    わかるわあ。
    私はフライパンではないから火をおこすことはできないけれど
    いかりの気持ちってもんのすごいエネルギーですよね。
    いろんな気持ちの中でもエネルギー量は最大だと思うもの。
    ほんと、フライパンだったら火をおこすことだってできるだろうって
    なくらい。
    こんな風にしてでもほんとにギョーザを作ることができたなら
    世界はおいしくて平和なんだろうなあと思いました。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 小学校での読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子12歳、女の子9歳、女の子7歳

    小学校での読み聞かせ会に持参しました。
    対象は低学年。2年生ばかり10人弱集まってくれました。

    のんびりと絵本ナビを眺めているときに
    目に留まって、題名だけを見ても面白そうなこの絵本、
    一度読んでみよう、とマイ絵本棚に入れておきました。
    そして実際に図書館で借りてきて、読んだとき
    やっぱり面白くて、何度かふきだしてしまいました。
    怒りでおいしいギョーザが焼けるなんて!
    フライパンさん、うちにも来て〜!って感じです。
    …あんまり毎日こき使いすぎて、
    すぐに逃げられそうですが(笑)

    読み聞かせ会では、本当は一冊目に読みたかったのだけれど
    子どものリクエストがあったので、二冊目に回ってしまいました。
    この本で惹きつけたかったのだけれど…。
    「プリプリプンプン」と楽しく読んでいたら
    何事かとちょっとこちらに注目してくれる子や
    立ち止まって聞いてくれる子がいたので、嬉しかったです。
    ブブコさんがギョーザをおいしく食べているところ
    みんなの舌にその味が届くように、
    思いをこめて読んだつもりですが、伝わったかな??

    所要時間約5分40秒。
    楽しいお話なので、導入に読めば
    つかみはバッチリ!だと思います。

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • かっこいい

    今回のこの絵本のフライパンは子供にとってはとってもカッコいい存在に見えていました。
    怒って火が入るって言うストーリーがとっても面白いな〜って思いました。
    うちの子は餃子が好きなので、こういう食べ物の絵本とかはとっても気に入ります。

    掲載日:2012/04/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • 関西弁がいいですね^^

    餃子好きの子供なので
    これは!と購入。

    「ぷんぷんぷりぷり」のくだりで
    笑うと思ったら無表情で聞いている息子、
    力をこめて「ぷりぷり」と読んでいた私は
    ちょっと恥ずかしくなってしまいました・・・。

    あんまり好みじゃなかったのかな?と
    思いましたが、次の日も次の日も
    コレ読んで。と持ってきたので
    気に入ったようです。

    他の本ではゲラゲラ笑う子なので
    笑いのつぼではなかったようですが、
    それでも楽しめる絵本のようです。

    私はいつも読みながら、山盛り
    餃子が食べたくなってしまう
    困った本ですf^_^;

    掲載日:2010/07/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • 面白いフライパン

    ブブコちゃんが見つけたフライパンは、怒りの力でやけちゃうフライパン。しかもそのフライパンは関西弁で話すので、それが面白さを増してます。怒ってる人たちがみんな怒りの力で餃子を焼くんですが、焼いて食べた後はおいしさににっこり。でもみんなにっこりになっちゃうと餃子が怒りのフライパンで焼けなくなるんですが・・・。とっても面白いお話です。子供達に怒ってばかりの私、ちょっと反省させられました。私もおいしい餃子焼けるな・・・。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • いかりのエネルギー

    怒りはエネルギーになるのは、よく分かります。
    そのエネルギーを熱に変えたら、ギョーザが焼けてしまう発想が素晴らしいと思います。
    でも、美味しいギョーザを食べたら、幸せになって怒りがどこかに行ってしまうこともよく分かります。
    最後には笑顔になれるギョーザって良いですね。
    絵がとても楽しい絵本です。

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感情的になって、人間関係をこじらせてしまう人っていますよね。
    子どもの頃は、ごめんねと素直に謝れば、だいたいの事は大丈夫だった気がしますが、大人になっていくとだんだん頑固になったり、変な理屈をこねたり、立場やしがらみがあって面倒だったりして、なかなか素直にごめんなさいが言えなくなります。

    そして、ごめんなさいと言っても言わなくても、「納得できない」という気持ちがくすぶり続けてしまうことも。
    「感情」は、なくすことはできないけど、ありすぎても持って行き場がなくて困ります。
    未だにどうやって自分の感情を、安全に平和的に解消できるのか迷います。

    しかし、この絵本のように、強い感情を有効活用できたら。
    怒りを「八つ当たり」とか、「物を壊す」とかいう形で出してしまったら、良くないけれども、「ギョウザを焼くエネルギーに帰る」という上手い形に変換することで、四方八方丸く収まって、みんなも仲直りして、平和になってしまう。キョウザもますます旨くなります。

    この絵本は、子どもにも読んでもらいたいけれども、大人にこそ、読んでもらいたい。
    怒りのエネルギーを、例えば、「家の掃除にぶつけてみる」「鍋をピカピカになるまで磨いてみる」「運動をしてダイエットに役立ててみる」「近所のゴミ拾いでもやって憂さ晴らししてみる」「空き缶やペットボトルをつぶしてごみを減量化する」など、
    どうにかして有効なエネルギーとして活用できる方法があると気が付きます。

    怒りが、そのままだったら危険なエネルギーだけど、フライパンの火のようにおいしくなるエネルギーに変換する事もできると考えたら、気持が楽になりました。

    うちにも一台、このフライパン、ください。
    とりあえず、生ギョウザを頭にのせて、冷静になれるようにおまじない。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いかりパワー

    怒りの力の凄さが出ていて面白いです。
    美味しいギョーザを食べられるなら怒りも悪くないかも、なんて思えてくるから不思議です。
    でも、このフライパンのおかげでみんなイライラ解消しちゃって、いいんだか悪いんだか。とても面白いです。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

67件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『こどものアトリエ』西巻茅子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット