だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

もりのこびとたち」 みんなの声

もりのこびとたち 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:おおつか ゆうぞう
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1981年05月
ISBN:9784834008418
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,153
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • おしまいのない おはなし

    • MAYUMIさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳

     絵本を開いて、一番驚くのは、構成の仕方です。
    全ての見開きのページで、
    左側は、明度をつかって白黒の濃淡で、
    右側は、彩度をつかって深い森のなかの世界を描いています。
    その中で、こびと達の帽子の赤と白が
    眼に飛び込んで印象的です。
    文章は全て、左側に書かれているので、
    右側では、心おきなく絵画を楽しめます。
    贅沢なレイアウトに感激します。

    こびとの家族の一年を追ったお話は、
    大冒険や大事件があるわけではないけれど、
    こびと達の日常そのものがファンタスチックで、引き込まれます。
    まつかさのよろいで闘ったり、
    かえるやこうもりと仲良しだったり、
    妖精とシーソーしたり・・・夢の様なことばかり。
    こびとになった気分になってきます。
    ファンタジーだけど、身近に感じられる世界ですね。
    作者が最後に語っているように、
    続きのお話を、自分でも考えられそうな気がしてきます。

    掲載日:2007/02/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • ちょっとこわい…

    3歳の息子チョイスで、図書館で借りた絵本です。

    うーん…息子は何だか気に入ったみたいで、何回か読んで〜とせがんできましたが、ワタシは途中に出て来るおばけみたいなのが妙に気持ち悪かったので、あまり好みではなかったです…。
    寒々しいお話だし…。
    お父さん、松ぼっくりで武装している様子がまたちょっと気持ち悪かった…。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • こびとの暮らしって素敵

    雄々しいお父さんと優しいお母さんに守られながら、森の中で自然の恵みを楽しんだり、時には敵と戦ったり。大草原の小さな家シリーズの小人版を読んでいるような気分になりました。
    暗くて長い冬や、森のようせい達が北欧の雰囲気を物語っています。
    生きる知恵を子供達に伝えていきながら、家族みんなで力をあわせるシンプルな小人達の生き方は、今の時代ではなかなか難しく素敵だなぁと思います。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的な世界

    読んでいると、まるで森にはほんとうにこういうきのこの帽子をかぶったこどもたちがいるのではないかと思ってしまいます。
    森の中での生活がくわしくリアルに描かれていて見入ってしまいます。想像の世界に連れていってもらえる不思議な絵本だと思います。絵がとても魅力的です。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • そして この先

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    深い森の奥の松の木の根元に住むこびと一家の一年を描いた作品。
    両親と暮らす4人の子どもたちは、白いドット模様の赤い帽子をかぶっていて、
    いざという時はキノコのふりをするようですよ。
    カエルやコウモリと遊び、ヘビを退治するかっこいいお父さんをまねてアリにやられたり…。
    もちろん、森での生活の知恵をしっかり学びます。
    焚火のそばで、お父さんの語るお話に耳を傾ける様子は、
    古き良き家庭の光景で、素敵です。
    淡々とした語り口も心地よいです。
    ラストは、読者に、こびとたちの「この先」を考えさせます。
    何とも夢のある余韻です。
    少し長いお話なので、落ち着いて聞けるのは小学生くらいからでしょうか。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空想の中で

    子ども時代にこのような空想の中でのお話にであうことは大切とおもいました。夢か現実かそれはわからない。でも信じている人には見えるせかいです。こびとたちの生活のすばらしさ、かわいくて、たのしい。でも自然の怖さもある。たいせつなことがつまっています。3歳の子どもはトロルがこわくて読みたくないようですが、、、文は長めです。

    掲載日:2015/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 癒されるおはなし

    前々から読みたかった絵本ですが、長女にはまだ理解できないかなあ・興味がないんだろうなと思ってまだ借りずにいました。

    6歳になったので読んでみようかと借りてきましたが、とっても楽しんでいました。可愛いもりの小人たちの生活、世界に入り込んでいました。私自身もとても肩の力が抜ける感じで良かったです。

    とても癒される絵本です。

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の小人たちの生活

    • かよたさん
    • 30代
    • その他の方
    • 香川県

    森の小人たちが、他の生き物とともに、穏やかに楽しく暮らしている様子が伝わってくる絵本。

    「こんな小人たちが自分の知らないところで暮らしてるんだ」と信じてしまうほど、詳細に書かれているのに、最後の言葉に「作り話」であることが突き付けられるようで…少し残念な気分になった。

    子どもなら楽しんでお話の続きを考えられるのだろうか。

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛らしいこびとたち

    子どもたちの間でこびとブームになっているそうですが、特殊な感じのこびとではなく、この絵本のこびとたちを知ってもらいたいです。

    左右で違う絵が描かれていて、メインの絵はカラーで色合いがシックで素敵ですし、黒だけで描かれたほうもペンだったりえんぴつだったり、影絵だったりと工夫されています。

    こびとの生活が丁寧に描かれているので、絵だけでも想像が膨らみます。

    小さい体でも勇敢にしかもはつらつとしているこびとたち。
    子どもにとっても、大人の世界はとても大きく感じていると思うので、こびとたちに共感できると思います。
    だから自分に重ねて、自分が経験しているように読めると思います。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長く読み継がれていく世界

    ふかいふかいもりのおく、まつのきのねもとにこびとのうちがあります。そこに住む、こびとたちの一年の様子が、細かく描かれています。
    絵本を開くと、左側が白黒で描かれた絵とお話、右側には森の様子がカラーで描かれ、見応え充分です。こびとたちの生活の様子がよくわかります。工夫された生活で、身につけているものにも知恵が詰まっています。動物たちとのふれあい、そして、妖精までもが登場するとても魅力ある世界です。ずいぶん昔に描かれたお話でありながら、色あせない世界を実感できます。終わらないお話、いつまでも読み継がれていくことでしょう。

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット