ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ゆきむすめ」 みんなの声

ゆきむすめ 作:木島 始
絵:朝倉 摂
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年
ISBN:9784265032891
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しっかりとした余韻が残ります

    ロシアの昔話『ゆきむすめ』と同名のお話があるということで、前から気になっていました。

    『ゆきむすめ』以外にも『つるのおんがえし』にも似たところがあります。

    着想はそのあたりにありそうなこのお話ですが、一本の櫛を題材にして、しっかりとした創作になっている気がしました。

    朝倉摂さんの絵も素敵でした。特に文字のないページもあり、文章だけでなく絵もしつかり味わえた感じがします。

    しっかりとした余韻が残ります。

    はかない、切ない、あわいといった情感があるお話が好きな方にどうぞ。

    掲載日:2010/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主役は「くし」でしょうか

    おばあさんのおばあさんからもらったというくし。そのくしがゆきむすめの残したものだというのです。
    この本を読んで、絵と絵本の構成の素晴らしさを感じたのですが、話の内容がどうも自分にはストンと落ちてこない。
    ゆきむすめの話、くしの話、ヨヘイとゆきむすめの出会いからくしへのつながり、ヨヘイ自身が細工工芸を得意にしていたことがあって、自分の中でとまどいを感じました。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあさんのおばあさんが語ったおはなし

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    ロシア民話にも同じ題名の話があるのですが、
    これは日本のヨヘイが遭遇した民話(創作かも知れませんが・・・)。
    おばあさんが孫娘に、自分の櫛の由来を語って聞かせるという構成です。
    おばあさんのおばあさんの村のヨヘイという若者が
    雪道で迷って出会った美しい娘と後日再会します。
    嫁になってくれたものの、風呂に入らないのをいぶかられ、
    やむなく風呂に入ることになりますが・・・。
    湯気となった娘の遺品がこの櫛だと言うのです。
    はかない雪粒のようなおはなしですが、
    おばあさんから孫娘へと、渡されていく櫛の存在感に圧倒されます。
    そして、語り継がれるおはなしの姿を実感しました。

    掲載日:2007/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット