ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

かちかちやま」 みんなの声

かちかちやま 作:松谷 みよ子
絵:瀬川 康男
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1967年
ISBN:9784591003855
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,442
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 『かちかちやま』って、良く読むとかなり残酷な内容なのですが、この絵本は、オブラートでくるんであるように思います。
    ババ汁の部分をカットしたこともあるかと思いますが、瀬川さんの絵が話の内容を控えめに描いているせいかもしれません。
    でも、悪役のタヌキも、ウサギ相手にはとぼけたキャラクターになっていることが不思議です。
    ウサギも結構悪いキャラクターですが、おじいさんに変わって仇討する義理でもあったのでしょうか。
    よく考えると、前半と後半で役回りが変わっているのでした。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • タヌキの背中で

     おじいさんとおばあさんをだましたタヌキが、ウサギに騙されてしまう「かちかちやま」。この昔話は、いろいろ絵本があるので読みくらべが楽しいです。

     表紙の、たぬきの背中で燃えるほのおが、迫力があります。小さな子はどんなお話なのか、わくわくしそう。リズム感のある、語り口調の文章もここちいいです。タヌキとウサギの表情もいきいきしています。
     
     タヌキがおばあさんを死なせたあとのくだり、この絵本はソフトになっていますが、これはこれでいいと思いました。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • たぬきは悪くない気がします

    同じ作者&画家のものがポプラ社とフレーベル館から出ているのはなぜか疑問なのですが、、、、内容自体は古典のままで悪くないです。

    ただ、昔から疑問でしたが、古典自体の内容に疑問があります。たぬきはたしかにおばあさんを殺したのはいけないけど、でも自分も殺されてたぬき汁にされそうな場合、だましてでも自分を逃がしてもらおうとするのは自然だし、殺したのも正当防衛になりそうなものなのですが、敵討ちをされます。しかも、敵討ちをするうさぎが、おじいさんとは関係のない、とおりすがりのような書き方なので、なんで見知らぬおじいさんにそこまでしてくれるのかも疑問。そして、正義の味方っぽい顔をしたうさぎさんの復讐が背負ったかやに火をつけたり、たぬきのやけどに唐辛子味噌を塗ったり、泥船を作っておぼれさせて殺したり、結構しつこい。かちかちやまのうさぎと、船作りのうさぎは別人だと嘘をついて主張するうさぎよりもたぬきのほうがあわれに思えてしまいました。

    昔のお話は勧善懲悪っぽくても勧善懲悪とは限らないのですね。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっと、出会えた

    このところ続けて「かちかちやま」を借りていました。
    作者によって、多少に違いはありましたが、とにかく残酷さばかりが目だってしまい、子供にはどうかと思われていました。

    こちらでは、おばあさんが殺されるものの、ばばあ汁などにはなっていません。
    そのことが、非常に共感できます。
    松谷さん自身も、「ばばあ汁」には抵抗だあったとのこと。
    昔話の恐怖感は、ある意味必要なものだと思っていますが(これは、松谷さんも同様のお考えのようです。)、過ぎた残虐性は、子供に避けたいとも考えていますので、やっと、子供にも読める「かちかちやま」に出会えたと思っています。

    掲載日:2012/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても読みやすい!

    息子が、学校で借りてきた本でした。定番の昔話を借りてきたのは、初めてかな。
    どんな反応なのかな〜と見ていると、「あぁ、面白かった!」という感想でした。

    リズミカルで、読みやすかったようです。ババ汁は、出てこないお話は、昔話の入門には、とってもいいと思いました。

    いずれは、ババ汁の下りの部分があるってことは、知っておいてもらいたいな〜と思いました。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • むかし話

    むかし話のかちかちやまは、やっぱり孫にも読んであげたい絵本です。

    松谷みよ子の優しい語りかけの文でリズム感もいいし、たぬきとうさぎ

    どんの会話も面白いです。たぬきも素直にうさぎどんに騙されてしまう

    会話も楽しいです。「これで おしまい とっぴんぱらりの ぷう。」

    この終わり方も大好きで、勿論中味も読んでいて松谷みよ子のたぬきが

    ばばあ汁を作っておじいさんに食わせないところも恐怖心が残らない

    配慮も素敵な演出に感謝したいです。まだまだ先に孫に読んであげたい

    と思っています。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 呪文のように

    • みっくるみさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    このお話の悪者いたずらたぬきとうさぎのやり取りが楽しめる
    楽しい本です☆

    後半のうさぎと狸のやりとりのなかで、「うさぎさん、うさぎさん
    かちかちいうのは 何の音?」「カチカチいうのは、ここがかちかちやまだからカチカチ鳥がないているんだよ」と言う会話が大好きで
    娘達は私が何の音というと・・興奮しながら答えてくれます♪


    毎日眠る前で話しているので、覚えていました。
    そのくらい大好きな本です。

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • よみやすい昔話

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    年少の息子が、幼稚園の教室の絵本で借りてきました。

    幼稚園で読み聞かせをする際、昔話は言葉づかいが今と違ったり、長かったりでなかなか年少児には難しいことも多々ありです。

    でも、この絵本はとても読みやすかったです。

    文章にリズム感があり、読み手も聞き手もすんなりストーリーがはいりやすい感じがしました。

    息子は、たぬきの背中で藁が燃えている絵をみて、「ちょっとまって!」と絵本の表紙を見直し、「この絵だね!」と言ってました。

    子供なりに、多分表紙の赤々とした絵に惹かれて借りたのかな?

    おばあさんがたぬきに殺されてしまったくだりで、テレビを見ていた長男もササッと飛んできて、お話に釘付けになっていました。

    他のかちかちやまより、入門としてお勧めです。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話の中でも勧善懲悪の最たるもの

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     私は子供の頃「かちかちやま」大好きでした。わりと必ず読みきかせてもらえるスタンダードたったような記憶があります。
     しかし子供たちの読んでいる昔話大全みたいな本には、入っていなかったので、わざわざこれだけ探して借りてきました。
     
     やっぱりおもしろい。
     だって、やっぱりたぬきは超悪党だし、ウサギは正義の味方です。わかりやすい!おばあさんが死んでしまってババ汁にならない、この本の方が、読みきかせている方はしっくりきます。
     子供としては、ババ汁のほうが記憶に残るのかもしれませんが、親になると、おじいさんがかわいそうな気がして、素直におばあちゃんが死んじゃったというだけのこの絵本を子供には読んでほしい気がします。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家のスタンダード

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    先日、読み聞かせをしている人たちの勉強会で、『かちかちやま』のブックトークをしました。
    その際、この本を私のスタンダード版として紹介しました。
    この『かちかちやま』には、“ばば汁”は出てきません。
    作者の松谷みよ子さんが、いろいろ悩んだ末に、そこまでは書かなかったそうです。それでも出版後も、葛藤はあったようで、あとがきに“ばば汁”を書かなかったことについてご意見をくださいとの記述がありました。
    私にとっては、小さい頃からなじんだのがこの本なので、何の抵抗もなく、面白い話として受け入れました。
    我が家の子どもたちにとっても、この本がスタンダード版です。
    それ以前に、子どもたちにとっては、『かちかちやま』というお話自体が面白く、我が家では、昔話の中では、一番「読んで」と持ってくる回数の多い本です。
    文章にリズムがあり、おじいさんが、
      ひとつぶは せんつぶに なあれ・・・
    と歌うところや、うさぎの
      かややまのうさぎは かややまのうさぎ。
      とうがらしやまのうさぎが なにしるべさ。
    という飄々としたセリフがとても楽しく、スッとお話の世界に入ることが出来ます。
    また、このうさぎのセリフを聞いて、大悪党のはずのたぬきがころっとだまされるのも、なんだか可笑しいところです。
    瀬川康男さんの絵も迫力があり、特にたぬきの背負うかやに火がついて、ボウボウと燃え盛っているところなどは圧巻です。
    10分弱で読むことが出来ますので、教室での読み聞かせにも十分に対応できると思います。

    掲載日:2007/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット