もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

あめのひのトランペット」 みんなの声

あめのひのトランペット 作:安房 直子
絵:葉 祥明
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1980年
ISBN:9784323002408
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,138
みんなの声 総数 9
「あめのひのトランペット」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しっとりと静かに

    ふんわりとした色合いで描かれる、雨の日の不思議なお話です。

    大きな事件は起こりませんが、
    降り続けていた雨が去ってゆく場面では
    なんとも晴れやかな気持ちになりました。

    文字が少なく、しっとりと静かに楽しめる絵本です。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • さわやかです。

    とっても優しくてきれいな絵本です。
    大人好きする一冊だと思います。
    びしょぬれの飴が、男の子の吹くラッパの音できれいに晴れ渡っていく件は爽快です。
    男の子が「ふしぎや」くまにあげた梅の実の行方も気になりますね。
    数少ない色で描かれているのですが、使い方が効果的で素晴らしいです。

    掲載日:2008/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵本だと思うんだけど

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    おはなしは素敵、絵もきれい、申し分のない絵本なのですが、こういう感じの絵本にいまいち感動できない自分たち親子の感性を少々残念に思います。

    こんなふしぎなトランペットがあったらなあとは思いますが、もうひとつ何かが欲しいです。
    オチを求めているわけではありませんが、インパクトがもう少しあったらいいのになあと思います。
    でも、他の本も読むつもりです。

    掲載日:2007/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 欲しい!!

    安房直子さんのくまのがっきやさんシリーズの1冊。
    私は、前作の『はるかぜのたいこ』が欲しいと思ったのですが、
    息子はこちらのあめのひのトランペットがほしいと思ったようです^^;
    読み終えた後の開口一番に言ったのが、「ほしい〜」でした♪
    なぜかというと、それはプールが大好きだから!!
    今の時期、梅雨だから、大好きなプールもできたり、できなかったり・・・
    だからこんなトランペットぜひに欲しい!!と思ったようです^^;
    さてさて、このトランペットはどんな力を持っているのでしょうかあ??
    ぜひに読んでお確かめください。

    葉さんの柔らかいタッチの挿絵が、またまたお話を素敵にしてくれていると思います。

    掲載日:2007/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな素敵なトランペットがあったら

    「ふしぎや」という楽器店のくまさん、男の子が店に行くと「あんたが くるのをまっていました」と言いますよね。「ふしぎや」さんなので、未来が予見できたのでしょうか?
    不思議な楽器を売っているから「ふしぎや」?

    お客の立場としては、客の好みに応じてくれるお店というのは嬉しいです。こんな素敵なトランペットがあったら、雨の日に外に出て雨雲を動かしてみたくなるかもしれません。

    文章もあまり多くなく、葉祥明の絵も余白の部分が多いので、その分読者の空想の余地が入りこみやすいと思います。梅雨時にぴったりの絵本だと思いました。

    掲載日:2007/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • トランペットの色彩

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    安房直子さんのファンタジーの世界に、葉祥明さんの淡い色彩が映えますね。
    「ふしぎや」という屋号の楽器屋さんに男の子がやってきて
    トランペットを買っていくというごくごく静かなお話です。
    葉祥明さんの淡い色彩が、雨模様の野原にマッチしています。
    くまのぬいぐるみのような店主も不思議な存在感です。
    圧巻は金色に輝くトランペット。
    そしてその音色でおきた光景。
    静かな雨音とトランペットの音色が聞こえてくるようです。
    雨上がりのような爽やかな読後感でした。

    掲載日:2007/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 柔らかい空気と心地よい余韻

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    安房直子さんらしさがいっぱいの作品です。
    派手さはないのに、柔らかい空気が流れていて、心地よい余韻の残る絵本です。
    葉祥明さんの絵が、この柔らかい空気に温かさをプラスしていて、とても素敵です。
    ふしぎやという楽器屋さんを舞台に、店主のくまと、少年しか出てこない静かなお話ですが、二人の間に登場するトランペットの黄色(金色?)がとても鮮やかで、その音色まで想像できるようです。
    雨とトランペット。どんな素敵な音楽を奏でたのでしょうね。

    掲載日:2007/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 屋号は「ふしぎや」

    • MAYUMIさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳

     「ふしぎや」という屋号の楽器屋さんのお話です。
    安房直子さんと葉祥明さんのコンビだけあって、
    心に残る不思議さと優しさのあるファンタジーに仕上がっています。
    ベレー帽を被ったクマの店長さんは、とても可愛いですよ。
    大地のグリーン・空のブルーに、トランペットの色が映えます。
    気持ちが滅入ってくる雨の日も、こんなお店があったら、いいですね。
    お金ではなく、《梅の実で買える楽器》と言う発想も好きです。
    安房さんのファンタジーは、
    読んだ後にも、心に何かほんのりした気持ちや、不思議な感覚が残ります。
    その余韻が、大好きです!
    さて、不思議やのトランペットが起こした奇跡は?

    掲載日:2007/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安房直子さんのくまのがっきやさんシリーズです。
    何日も雨の続いたある日、ひとりの男の子がくまの楽器屋で買ったトランペットを吹くと、その音色にあわせて雲が動きはじめすっかり晴れてしまいます。梅雨でじめじめした気分の時に読むと本当に晴れ間が見えてくるような1冊です。葉祥明さんの淡いタッチの絵がほんわりとした感じで大好きです。

    掲載日:2007/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット