クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

トムとピッポがほんをよむ 」 みんなの声

トムとピッポがほんをよむ 作・絵:ヘレン・オクセンバリー
訳:児島なおみ
出版社:リブロポート
本体価格:\800+税
発行日:1989年
ISBN:9784845704446
評価スコア 4
評価ランキング 20,852
みんなの声 総数 2
「トムとピッポがほんをよむ 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぼくはピッポのおとうさん?

    『トムとピッポさんぽへおでかけ』という絵本を読んで、過去にシリーズで翻訳出版されていたことを知り、全部読んでみました。

    新訳の『トムとピッポさんぽへおでかけ』では、トムは三人称で描かれていたのですが、こちらでは、「ぼく」になっています。

    トムがお父さんに絵本を読んでもらい、お父さんに断られると、今度は自分がピッポに読んでやるという展開です。トムはお父さんに本を読んでもらうのだ大好きだから、大好きなピッポには自分が読んでやろうと思うのですね。相手はぬいぐるみですが、こんな風に愛情が育っていくのかなと、感じました。

    息子は、『トムとピッポさんぽへおでかけ』は好きなのですが、こちらの絵本にはあまり興味を示しませんでした。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんとの絵本タイム

     トムがお父さんに絵本を読んでとお願いして、次はピッポにも読んでとお願いします。もう、よめないよというお父さんに、トムはどうしたでしょうか?とっても、かわいいピッポに注目です。

     子どもって、なんでこんなに絵本がだいすきなんでしょうか。家事をしていても、「これ読んで」と言われて、「お父さんに読んでもらって」とお願いしたり、やれやれやっと座れると思って座ると、すかさず本を持ってきてすぐに膝の上に・・・。ゆっくり休むことは出来ませんが、この本好きの子どものおかげで座るとすぐにテレビをつけていたお父さんも、テレビなんて見る間がないくらい絵本を持ってくるので、テレビのないとても静かで穏やかな時間を送る事ができています。子どものおかげで、こんなに変わるんだとちょっとびっくりしています。

    掲載日:2007/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット