しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

なまえは なあに?」 みんなの声

なまえは なあに? 作・絵:かさいまり
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784752003465
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,562
みんなの声 総数 9
「なまえは なあに?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 赤ちゃん

    娘が生まれた頃を思い出す絵本でした。名前をを付けるのは当然のことと思っていましたがこの絵本の御蔭で考えが変わりました。”赤ちゃんにあげる最初のプレゼント”という表現がとても素敵だなと思いました。主人公の赤ちゃんの為にお父さんもお母さんも一生懸命考えるシーンが感動しました。お父さんとお母さんからの気持ちのこもったプレゼントは絶対に赤ちゃんの心にも届いていると思いました。赤ちゃんを産んだ時の気持ちを思い出せる素敵な絵本だと思います。

    掲載日:2008/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 赤ちゃんの名前

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    「うまれるようまれるよ」の続きですね。このお話からでも大丈夫です。
    うまれたきょうりょうのあかちゃんの名前を両親が考えます。
    こどもがうまれたことを思い出し、懐かしくなりました。
    親からこどもにおくる名前。愛情をたっぷりと感じられる絵本ですね。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • プレゼント

    赤ちゃんへの名づけが、最初のプレゼントという考えに、とても感動しました。
    考えて、考えて、寝顔を見ながら考えることなんて、私達にも経験がありました。

    月や朝日の場面は、本当に美しい絵です。
    かさいまりさんの絵は、かわいい動物のイメージがあったのですが、自然も美しく描かれるのだと気づきました。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初にあげるプレゼント

    怪獣のとうさんとかあさんが、赤ちゃんに一番最初にあげるプレゼント

    が、赤ちゃんの名前だと考えるのがとても素敵でした。親なら誰だって

    生まれたあかちゃんの幸せを考えてつけるのですが、怪獣さんの親だっ

    て一緒なんだと思いました。かさいまりさんの描く怪獣さんの絵はとて

    も優しくて可愛いので怪獣さんのイメージを変えなければと思いました

    両親で月を見ながら、朝日を見ながら、あかちゃんの寝顔を見ながら考

    えてたのでとても慎重に大切にしていると思いました。「りんりん」の

    目の輝きがとても愛くるしかったです。にこっとして、「ぶきゅっ」聞

    いてみたいです!

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぷきゅっ

    『うまれるよ うまれるよ』が大好きだったので、選びました。
    うちの子には、表紙からしてツボのよう。
    赤ちゃんとか小動物大好きなので。

    でも、この赤ちゃんほんとにカワイイの♪
    やわらかそうで、あったかそうで、つい手が伸びてしまいます。

    これは、そんな赤ちゃんの命名ストーリー。
    お父さんとお母さんの赤ちゃんを愛する気持ちが、ひしひしと
    伝わってきます☆
    うちの子の命名にも、それなりのエピソードがあるので、
    もう少し大きくなったら、教えてあげようと思います。

    そして私も子どもも、お気に入りなのが、
    赤ちゃんの「ぷきゅっ」って鳴き声です☆

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!!

    最近、息子が自分の名前をフルネームで言えるようになってきたので、タイトルに惹かれて借りてみました。

    そしたら・・・そのかわいさに、私も息子も目がハートになりました!!
    読めば読むほど、可愛さと愛おしさが増し、とっても幸せな気持ちになります。

    どんなにイライラした日でも、どんなに怒ってしまった日でも、また初心に返ることが出来る絵本だなと思いました。

    掲載日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出しました。

    私達も恐竜のご両親と同じような気持ちで、子供の名前を考えました。この本を読んで思い出しました。もう少し子供が大きくなって、自分の名前の由来などを聞いてきたら、教えてあげようと思いました。

    掲載日:2009/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供との話が広がります

    恐竜の夫婦が生まれてきた赤ちゃんに
    どんな名前をつけようかと考えます
    いろんな動物たちに名前を聞いて回って・・・・

    私も娘が生まれるときに
    さまざまな名前の候補を考えました。
    かわいい名前がいいな〜と思って
    どんな字を使おうかな〜とか
    画数とか名字との兼ね合いとか
    すごくワクワクした楽しく考えた時の気持ちを思い出させてくれた絵本です。
    お誕生日をむかえるお子さんに贈って
    お子さんの名づけのエピソードを話したりするのも
    とってもいいのではないでしょうか。
    この恐竜の夫婦のとても愛情こもった名づけに
    温かい気持ちがわいてきます。

    掲載日:2007/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名づけのエピソード☆

    • akinoさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳、女の子1歳

    娘が4歳の時に図書館で借りてきました。

    ストーリーはとてもシンプル。
    きょうりゅうの両親が産まれた子どもに何と名づけようか悩む物語です。

    娘は「ぶりぶりだいごろう」にうけていましたが、いい名前を付けようと一生懸命になるところはどんな親だって共通しているはず。
    この絵本を読んで、我が子の名前を考えていたころのことを思いだしました。

    まだ名前の意味や命名エピソードは伝えていません。
    もう少し大きくなったら伝えるつもりです。
    「なまえ」って親から子どもへの素敵なプレゼントだと再確認できる絵本です。

    掲載日:2007/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット