だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

やまのぼり」 みんなの声

やまのぼり 作:ひらのひでひこ
絵:二俣 英五郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1981年
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
「やまのぼり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 思い出の一冊です

     古い絵本なので図書館にあると思います。保育所の本棚で見つけた時、ようやくめぐり会えたと思いました。幼い頃から、GWは父の里に遊びに行く事になっていて、ここが本当に山の中に家があるので車から降りて、荷物は木を運ぶ「さくどう」みたいなケーブルで運んでいました。リュックを背負って手をひかれながら険しい山道を登った事を昨日のように覚えています。そんな体験が、この絵本とオーバーラップして大好きだった本です。

     山にしかないいろんな珍しい植物も出てくるので、大人になって読んでみても「へー」とためになりました。子どもたちも、いろんな難所をくぐりぬけ頂上を目指す兄弟に共感したのか、「やまのぼりに行く」と近くの山に登りに行きました。4歳の兄は一度遠足で登っているので、へっちゃらですが3歳になったばかりの弟も、励ましながら頂上まで登りきりました。絵本で読んだことを、実生活で体験して思い出深い出来事でした。

    掲載日:2007/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット