モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

わたしのいもうと」 みんなの声

わたしのいもうと 作:松谷 みよ子
絵:味戸 ケイコ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1987年12月
ISBN:9784034380505
評価スコア 4.85
評価ランキング 81
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

74件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 一人じゃない事を知って欲しい!

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    「いじめ根絶月間」というものがあるようで・・・。それに合わせて、小学4年生の朝の読み聞かせで使用しました。

    雨降りでどんよりしている雰囲気の中、ますます空気が重くなるようなこの絵本。4年生ともなると、読み聞かせの反応もシビアな時があるので、ちょっと怖かったんですけど・・。
    そんな心配は必要なかったかな?と思う位、子供たちは真剣に聞いてくれました。

    初版された年がいつか確認するの忘れてしまいましたが、「レコード」という表現からも、すこし前の時代の絵本でしょうか・・。

    いじめはもちろん 良くない事。
    してはいけない事なのが当然なのは、昔も今も同じです。
    でも、出版された当初と今では、読み取れる事・子供たちに より伝えたい部分が少し変わってきているんじゃないかなぁ、と感じました。

    例えば、およそ20年前、中学生だった私がもしこの絵本を読んだとしたら
    「いじめられる人の苦しみを考えよう。いじめはしてはいけない。いじめはやめよう」と、その程度の感想にとどまったと思います。
    買い与える・読み聞かせる側の大人たちも、「いじめをやめましょう」という攻撃する側へのメッセージの方が強かったのでは・・?

    しかし現在、母である35歳の私がこの絵本を読み聞かせる時に、子供たちに一番伝えたかったのは、「この絵本の少女のように、死なないで」という事でした。
    攻撃される側への「いじめられても 死なないで」だったのです。

    いじめる子供たちに対してだけ読むのではなく、いじめられている側の子供にこそ読んで欲しい。そう思いました。

    世界は広いです。いじめて来る子たちだけが全てじゃないんです。必ずどこかに友達はいるから、どうかすべてに背を向けて心を閉ざして死んだりしないで欲しい・・。読み聞かせをおえたあと、子供たちにそう言葉を添えました。

    どんな形ででも、子供たちの心に残って、忘れてほしくない作品です。

    掲載日:2008/06/21

    参考になりました
    感謝
    4
  • 真剣でした。

    • 斑尾さん
    • 30代
    • ママ
    • 宮城県

    小学校の朝の読み聞かせで読みました。

    クラスでいじめがあると子供に聞き、この本で子供たちがいじめについて考えてほしいと思い、この本を選びました。

    はじめは、「いもうと」がいじめられている様子が書かれています。いじめがエスカレートしていったとき、「ひどい!!」と子供たちが話し始めました。

    「いもうと」がいじめにより心を閉ざして、食べ物をうけつけなくなり、いのちがもたないとお医者さんに言われます。母親の看護でいのちは取り留めますが、心は閉ざしたまま。そして、時は過ぎて、小学校4年生だった「いもうと」は、高校生の歳になります。
    子供たちは、「いもうと」がいのちを取り留め、安堵した表情でした。

    ところが、次のページの〜ある日いもうとはひっそりとしにました〜の文に「えっ!!」とびっくりしていました。そして、最後の〜わたしをいじめたひとたちは、もうわたしを、わすれてしまったでしょうね。あそびたかったのに、べんきょうしたかったのに〜という「いもうと」の言葉に、子供たちはまっすぐと真剣な顔で本を見つめていました。教室の空気が緊張で張りつめたように感じました。
    いつもは、笑顔でふざけたりしている子供たちの、見たこともない真剣な顔でした。
    子供たちの心に届く、1冊だと思います。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • いじめ、みんなで考えたい

    • らぶえるさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子20歳、男の子15歳、女の子13歳

    松谷みよ子さんに、いじめで亡くなった妹のことを知ってほしい
    とお姉さんがあてた手紙を元にして描かれた絵本。
    実話です。実話というだけで説得力があります。
    主人公である妹がいじめで学校に行けなくなり、亡くなるという内容の話。

    この絵本をクラスで読むときは、
    「このクラスにも必ずいじめはあるはずです。」
    と前置きしてから読みます。
    いじめを自覚している子は、私の顔をまともに見ることが出来ません。
    その子にも良心があるからです。
    この本は、いじめている側の良心に訴えるために読んでいます。
    当事者でない人も、この本を読んでやりきれない気持ちになるでしょう。
    読んだ人ががそういう気持ちになることに意味があると思います。

    自分より弱いものをいじめる。自分と同じでないものをゆるさない。
    そんな差別が戦争へつながっているのではないかと松谷さんは
    あとがきで語っています。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 必読!

    • きらきら虫さん
    • 40代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子16歳、男の子13歳

    衝撃的な本です。

    実話で、しかもこの本が出て何十年もたってもいまだに同じことが起こっています。

    あまりに重いテーマで、朝の読み聞かせに向くとは思えないし。

    学校で、必ず全員が読む機会を持つべきと思います。

    読んでも何も思わない、なんてことがありませんように・・・

    掲載日:2010/11/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • わたしのいもうと

    いじめられてかわいそうだった
    もしわたしがいじめられたら、いじめたひとをぶんなぐります
    それでせんせいにもすぐにいいにいきます

    掲載日:2010/06/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • いじめのきっかけ。

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    松谷みよ子さんの絵本なので・・・
    と思っていたら予想以上に重い内容だったので
    読み終えた後なかなか自分の中で消化できず
    重苦しい気持ちになってしまいました。

    それでも、いじめのきっかけって
    本当に些細なことなんですよね。
    だからこそ、
    いじめている側には罪悪感がない。
    悪いことをしている意識がないからこそ
    平気で人を傷つけてしまえる。

    相手がどんなに苦しい思いをしているのか
    相手の立場になって考えてみる、想像してみる
    そういう力も養われていないのかもしれないけれど。


    いじめた子たちは
    中学生になって
    セーラーふくで かよいます
    ふざけっこしながら
    かばんを ふりまわしながら


    すごく苦しんでいる人をよそに
    楽しそうに過ごしている加害者を思うと
    憤りを覚えてしまいます。
    きっと、当事者やその家族にとっては
    僕の想像をはるかに超えるものなんだろうと思います。

    最後のページの

    わたしを いじめたひとたちは
    もう わたしを
    わすれてしまったでしょうね

    あそびたかったのに
    べんきょうしたかったのに

    この言葉がとても深く胸に残りました。
    人一人の人生を狂わせるようなことをしておきながら
    そんなことさえ忘れてしまっているなんて・・・。
    でも、実際はそうなのかもしれません。
    加害者であったという自覚さえなかった可能性は高いです。

    今はネットによるいじめが多いと聞きます。
    実際に会っていじめるよりも更に
    加害者意識は低くなってしまうんじゃないだろうか、
    というのはニュースを聞くたび思います。

    この絵本自体は少し重いけれど
    小学中学年くらいからなら
    しっかりと読んでくれるかな、と思います。

    自分には悪気がなくても
    相手にとっては本当に苦しいことだってある、
    相手の立場にたって考える気持ちを育てる意味でも
    多くの人たちに読んでもらいたい一冊だと思います。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 悲しさに心を突き刺されました

    言葉少なに、いじめを受ける気持ちを痛烈に訴えてくる絵本です。
    多分、周りの友だちはいじめているとは思っていないのかもしれない。いじめた当事者たちが中学に入り、高校に進学し、多分私の妹のことも忘れてしまったのでしょう。
    笑いながら、おしゃべりしながら通り過ぎていく友だち。自分の世界にこもってしまって折り紙でつるを折り続ける妹。
    とても悲しい本ですが、楽しそうに見えている小学校にも、大人たちの気づかないところでいじめはあります。

    中学校に進学する息子に読んで聞かせました。すでに読み聞かせで知っている本のようでした。
    反応はよくわかりませんでしたが、この本は、繰り返し繰り返し読んで聞かせて、心のどこかに、納めて欲しい本です。

    味戸ケイコさんの絵が、素晴らしいと思いました。

    掲載日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 朗読して心に染みた。

    • そうなんださん
    • 30代
    • ママ
    • 徳島県
    • 女の子11歳、女の子9歳

    大人の朗読の講習会の題材でした。
    初めてこの絵本に出会いました。
    読めば読むほどに内容が分かってきて、これは大事な事実だと認識できました。いじめを本気で考えることができます。
    たった今も、いじめで悩んでいる子供がいるのかも知れないと考えると本当に悲しいことです。
    この世の中で起こりうる様々な現実を避けて通ることはできないから、是非、お子さんに読んであげて欲しいのです。
    小学校の朝の読み聞かせ時間では、「読む」「読まない」で賛否両論でしょうね。
    私は読んで伝えたいのですが、まだまだ読み手として未熟なので、今後の課題としたいと思います。

    みなさま、是非よんであげて下さいね。

    掲載日:2009/03/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 立ち止まって考えよう

    この絵本は知人が人権の研修会に参加した際に紹介されたようで購入したというものを見せてもらいました。
    表紙の女の子の後姿はとても影があり悲しげで、何か大きなものを抱えている陰のオーラをが伝わってくるのです。
    ページを開く前からこの絵本は何かを伝えたいのだということが感じられました。

    いじめられている妹・・
    学校に行けなくなった妹・・
    部屋に閉じこもる妹・・
    病気になってしまいとうとう死んでしまった妹・・

    この少女の悲しい心の叫びを救ってやれるきっかけはなかったのだろうか?
    どうしてここまで追い詰められてしまったのだろうか・・

    この絵本を通して色々なメッセージが伝わってきます。

    幼児にはまだ難しい内容ですが小学生になってしっかりしてくれば
    人の気持ちを考えるという勉強はとても大切な学習だと思います。

    家庭だけではなく学校でも立ち止まってじっくりとこの絵本を読み考えるという機会を是非与えてほしいと思わせられました。

    掲載日:2008/11/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 相手の気持ちになって考える

    • 虹花さん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子9歳

    「いじめ」をゲーム感覚でする風潮があると聞きます。
    そして、「そんなこともあったなぁ」と遠い記憶としてしまってしまう・・・、そんなこともあるかもしれません。
    しかし、「いじめられた側」は、「そんなこともあったなぁ」ではないのです。
    どれだけ深く傷つけられて、本人だけでなく、その人を愛している多くの人の心をも傷つけているのかを鋭くつきつけられました。
    一人でも多くの人がこの作品を読んでいただき、「いじめ」について深く考え、そして相手を尊重していけるようにしてほしいと願っています。

    掲載日:2015/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

74件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(74人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット