雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

おこりんぼうのアングリー」 みんなの声

おこりんぼうのアングリー 作・絵:ライマ
訳:宝迫典子
出版社:朔北社
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年12月
ISBN:9784860850494
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,618
みんなの声 総数 7
「おこりんぼうのアングリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 思い切り泣いて笑えば

    図書館のオススメ本として紹介されていました。
    蚊のポータンにチクンと刺されると、みんなふんかびょうになってしまいます。怪獣アングリーも、刺されてしまって・・・
    アングリーの吐き出す炎は迫力満点。何ページも広がるようになった仕掛けに、子供達も大興奮でした。
    ラストシーンの、「思い切り泣いて笑えば、怒りの炎も消える」というのは、当たっているなぁと、妙に感心してしまいました。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おこりんぼうは嫌だよね

    5歳長女はおこりんぼう。そしてその母私もおこりんぼう。おこりんぼう同士で読もうと借りてきました。

    おこりんぼうのアングリーの話だとはわかっていましたが、そのアングリーがおこりんぼうの血が大好きな蚊のポータンに刺されて、さらにおこりんぼうになって、火を吐くようになってしまいます。口からも鼻からも火が吹き出すアングリー。大変なことだらけです。でも、どうしようもなくなったときに火が消えて・・・。

    「おこりんぼうだと、こんな風になるよ」と、おこりんぼうの小さな子供さんには効き目がありそうです。5歳長女は「私はおこりんぼうじゃない!」と効きませんでした。充分おこりんぼうなのになー。

    掲載日:2013/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おこるのって疲れるよね

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    息子はアングリーの炎が広がるページの迫力に喜んでいました。
    「ねぇ!すごいよ!みてみて」

    アングリーは怒るのをやめたいのに、やめられなくて苦しみます。
    周りのみんなも逃出していってしまいます。
    あ〜あ、怒りんぼうはみんな嫌だよねぇ。

    最後には悲しくなったアングリー。
    涙がやっと、炎を消してくれました。
    よかったね!アングリー。

    母もあんまり雷を落としたくはないのよね・・と
    心の中でつぶやいたのを秘密です。笑

    掲載日:2011/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おこりんぼうのアングリーが、「ガォオオオー!」と大声で吠えたら、口からもの凄い火が噴出してきたのには、びっくりです。炎の仕掛けにも3ページにも及ぶ炎にびっくりです。大掛かりな仕掛けにびっくりしてしまいました。蚊のポータンは、おこりんぼうの血がだーいすきだから、刺されないように気をつけたいと思いました。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 炎のすごさに感激

    一匹の蚊がひきおこした事件の様子が大変おかしく、本をうまく利用して火のすごさを表しているので、恐竜好きの息子は感激!!ページをめくっても燃え盛る炎が続き面白い。

    体中が熱いので、水が温泉のようにお湯になったりしておかしい。笑

    途中絵と合わないところがあり、文章がわからなくなったけど、まあいいか。最後はいったいどうなるの?わくわく気分で読みおわりました。寒い日に読んでみると暖かくなるかもね。

    掲載日:2007/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドラゴンならではの悩み

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    蚊に悩まされるドラゴン。うるさいなぁ。ええいと火を噴いたら・・・自分の部屋が燃えちゃった。あらら、火が止まらない止まらない。困り果てて涙がこぼれて・・・?!

    火を噴く怪獣が登場する物語は数多くありますよね。おなかの中で火をためているとヤケドしないのかな。考えもしなかったけど考えてみるとそうですよね。他にも挨拶をするだけなのに相手の手を焦がしちゃったりと、怪獣ならではのお悩みに共感してしまいました。

    色鉛筆でしょうか、隅々まで丁寧に描き込まれていて1枚1枚が絵画のようです。色使いが鮮やかなのと、登場するキャラクターが空想の動物ばかりなのですがかわいい。横に広がるページあり、4コママンガありと盛り沢山の内容です。

    掲載日:2007/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 台湾の絵本作家さん

    台湾の絵本作家さんのライマさんの作品です。台湾の人の絵本って初めて読んだのですが予想していたのよりずっと面白かったです。おこりんぼう怪獣と蚊が出てくるのですがその蚊が刺すとふんか病という病気にかかるのですがてっきり本当にある病名かと思って読んでいたのですが口から鼻から火を吐く噴火病だったのです。うちの娘はおこりんぼう。だからこのお話を読んだ後自分も蚊に刺されたら噴火病になってしまうとちょっと心配してました。まだまだかわいいです。

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット