ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!

いぬかって!」 みんなの声

いぬかって! 作・絵:のぶみ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784265069750
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,387
みんなの声 総数 15
「いぬかって!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 悲しいけど、、

    このお話を読んで、
    かんたろうくんと同じく、悲しくてやりきれない気持ちになりました。
    とても良いお話だと思います。
    かんたろうくんの辛い気持ちは
    大きくなってもどこかに残っていて
    折に触れて思い出すことになるでしょうね。
    そして、生き物を心から愛せる人になれると思います。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • インコのピピちゃんが・・

    のぶみさんの絵本の中でも一番有名な絵本も生と死がテーマになっていますが、この絵本も動物の死が出てきます。

    子どもに命の大切さを教えることは必要ですが・・やはり絵本の中に死が出てくると私はドキッとしてしまいます。
    この絵本もタイトルからは、いぬがほしい主人公の男の子のお話だろうという事くらいしか見えてこなかったので、飼っていたインコのピピちゃんが死んだというページで思わず動揺が隠せませんでした。

    死んでしまう必要があるのか?と思ってしまったくらいです。
    少し元気がなくなる程度でも充分に命の尊さが伝わったのではないか、
    死んでしまったらいいのにと思った気持ちを反省して、一生懸命看病して元気になってくれたら・・そんな展開を私は望みますが・・

    そこは、のぶみさんならではの世界なのでしょう。

    生き物を飼う以上、やはり世話をしっかりとしなくてはなりません。
    家庭で動物を飼う時にはやはり命あるものであることを育てることのむつかしさ、大切さを子どもにも充分理解させてから飼わなくてはなりませんね。

    掲載日:2017/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペットショップで見た犬がかわいかったので ぼくは「いぬかって」とおかあさんにおねだりしました
    でも・・・・  おかあさんは インコのピピちゃんのお世話もできないからダメと 聞いてくれません

    そんなぼくは ピピちゃんが死んだら犬を飼ってもらえると思ったのです

    そんな事を考えてた矢先   ピピちゃんが突然死んでしまったのです
    えっ!  こんな事ってあるの
    ぼくは 自分がピピちゃんのことを死んだらなんて考えたから 悪かったんだと胸が苦しくなります  涙があふれ出ます 
    解りますよ   あまりにも偶然のピピちゃんの死を すぐには受け入れられません

    命あるものの死  どんなものでも死を迎えるのですが  ちょっとせつないピピちゃんの死でしたね

    でもこれが現実です   生き物を飼うことに責任を持って 最後まで大切にしてほしいと思います

    掲載日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生き物

    かんちゃんの「いぬかって!」に、おかさんの反対の理由もよくわかります。私にも「いぬかって!」と言って飼ってもらったことがあったのですが、毎日の散歩を行かなかった日もあって迷惑をかけたことがあるので、私には犬を飼う資格がないのです。かんちゃんが、本意でなかったにしろことりが死んでしまったことに、凄く責任を感じているのは、そんなことを思った自分に対しても自分が許せなかったんだと思いました。生き物を飼う覚悟は誰にでも持ってほしいと思いました。そんなことも自覚できて良い絵本だと思いました。

    掲載日:2016/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に大切なもの

    このお話は、主人公の少年が犬がほしくて、自分の今買っているペットの小鳥がいなくなったら…と思ったら本当に小鳥が死んでしまったお話でした。この少年が願ったから死んだわけではないのですが、とてつもない罪悪感に襲われている様子が見ていて心苦しかったです。なくなって初めて本当に大切なものに気づくときもありますね。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせられる内容です!!

    この絵本は、読んだ後に深く考えさせられる内容でした。
    犬がほしい男の子は、すでに鳥を飼っています。
    鳥がいなくなれば、犬を買ってもらえるんじゃないかと思って
    しまうのですが、次の日、鳥が死んでしまいます。
    男の子は、やりきれない思いで、涙を流します・・・。
    命の大切さ、命を預かることの責任の重さ、いろんなことを
    この絵本は伝えてくれているのだと思います。
    深い内容で、しびれました。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『動物が好き』だけでは読めません。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    表紙絵やタイトルのロゴを見ただけで、読んでみたいな。うちの子どもたちは動物好きだし。折しも我が家はパパの反対で決まりかけていたネコを飼うことができなかったし…。
    そんな安易なつもりでこの絵本を図書館で借りてきました。

    少なくとも、うちの子たちはこの絵本を喜びませんでした。
    なので評価は低めです。
    ペットを飼う人のモラルの大切さを訴えているようなストーリーでした。
    絵は個性的で可愛いし、内容も決して悪いわけではありません。
    でも、感受性の強いお子さんなどにはどうかな?
    この絵本は『動物が好き』というだけでは読めません。
    動物を飼う心構え、死んでしまった時の心構えがないと辛い話です。
    少なくとも、学校などの読み聞かせにはあまりおススメしたくありません。

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなに悲しいお話だったなんて

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    かんたろうは、ペットショップで見つけた子犬が欲しくてたまらない。
    お母さんにおねだりするけど、インコのピピちゃんのお世話もままならないくせにと、一喝されます。
    ピピちゃんがいるから子犬が飼えない。ピピちゃんが死ねば、子犬が飼える?ピピちゃんいつ死ぬんだろう。
    そんなことを考えた次の日。ピピちゃんが・・・・・。

    自分を責めて責めて泣き続けるかんたろう。悲しいよね。悔しいよね。辛いよね。気持ちが痛いほど分かります。多かれ少なかれ、こんな経験した人は多いんじゃないでしょうか。大切なものは失って初めて気づくんですよね。

    まさかこんな悲しいお話だとは知らずに読んでいたので、読み終わったあと、しばらく呆然としてしまいました。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自問・・・

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子13歳、男の子10歳

    4年生の教室で読みました。
    ピピちゃんが死んでしまうシーン以降は、
    子どもたちの目つきが違っていました。
    「のぶみ」さんは絵がかわいいので、
    「ほんわか系」かと思わせといて・・・・
    大変心理描写がスルドイと思います。
    自問自答するところなんか、
    大人の小説かなんかの描写みたい。
    侮ってはイケナイのだ!

    掲載日:2008/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切なすぎます

    犬が飼いたい!ちゃんと面倒みるもん!

    きっと、誰もが経験したことのあるお話。
    身近に感じて、図書館で借りてみると
    ビックリするほど、切なく悲しいお話でした。

    ピピちゃんがいなければ・・・
    そう思った自分を責め続けるかんたろうを見ているのが
    とっても切なかったです。

    でも生き物を大切に思う気持ち。
    死が訪れるという、大切なことをこの絵本で
    学べる気がしました。

    3歳の子どもたちに、難しいかと思いきや
    真剣に聞いてくれていました。

    きっと何か大切なことを感じてくれたと思います。

    掲載日:2007/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット