十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぱくり」 みんなの声

ぱくり 作・絵:ふじかわひでゆき
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1995年
ISBN:9784333017669
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
「ぱくり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 娘はもうすぐ3カ月です。すごく音に敏感です。音に反応します。この本は“音”だけ。私も、いかに音を忠実に再現するかに細心の注意を払いとても興味深い体験でした。娘に読み聞かせをしているのですが、毎日私が勉強させてもらっています。有り難いことです。機会を与えてくれてありがとうございます。

    掲載日:2007/08/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 音がストレートに伝わってきて楽しい!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    可愛いしインパクトがあるし、擬音たっぷりで、とても楽しい絵本でした。
    その擬音も、それぞれの生き物が食べるときの音ならではのイメージがとってもよく出ていました。
    これは低年齢の幼児たち向けのお話会ように、ぜひストックしておきたい1冊です。
    個人的に気に入ったところは
    モグラとカワセミとコウモリの食べているシーンです。
    言葉もストレートに伝わってきて、すごくいいなと思いました。

    掲載日:2013/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 擬音語が楽しい作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    擬音語の絵本とありましたが、まさに擬音語が堪能できる絵本です。

    最初は、「ぼり ぼり ぼり ぼり ぼり ぼり ぼり ぼり」
    と言う音。
    ありがビスケットをかじっている音です。
    そんな生物が食する時のシーンが、擬音と共に続きます。

    カワセミが魚を「ごくり」と捕獲しているシーンとか蛇が卵を「ごっくん」と飲み込んでいるシーンなんかもあって、かなり本格的。
    ただ、絵本を縦にして、プロントサウルスらしき恐竜が高木の葉を「ムシャムシャ」と食しているシーンがあるのですが、一寸どうかな?と疑問が残りました。
    対象年齢を考えると、現存する動物が望ましいと思えたからです。
    縦に見せるにしても、キリンなんかがいるのですから、違和感がどうしてもありました。

    全体的に、幅広い生物を取り上げている姿勢は好感が持てるもの。
    同時期に、「のしのし」「ぶうぶう」と擬音語の絵本を刊行しており、これらの作品も読んでみたくなりました。
    ファーストブックにオススメです。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感心

    1歳の娘に読みました。食べるときの「音」が沢山出てきて楽しかったです。普段意識してないですが、食べる時の音にもいろいろあるんだなー、と私自身読みながら感心してしまいました。食べるの大きさ、速度、食べ方によって色々変わるんですよね。日本語って実に面白いです。娘にはいろんな表現を見につけて、言葉の楽しさをわかってもらえたらなぁ、と思いました。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色んな音がある

    5ヶ月になる娘に読みました。
    図書館で借りてきたのですが、「ボリボリ・つるつる・がぶがぶ」など、食べる時の音が出てきます。
    比較的、絵を見て楽しむうちの娘には、まだ楽しさが分からないようにも思いましたが、食べる音にも色々な音があるんだなぁ。って思える本です。
    もう少し大きくなったら、もう一度図書館で借りて見たら、また違う見方をしてくれるかもしれないな。。。と思える本でした。

    掲載日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそうな音が聞こえてくるよ

    動物がおいしそうにモノを食べる音が 実際に 聞こえてきそう。

    アリがビスケットを食べる音が「ボリボリ・・・」だなんて・・・。
    そんな音が本当に聞こえてくるようには 思わないが、
    この意外な音が 楽しく思えてくる。

    掲載日:2009/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • つるつる

    麺類が大好きな孫です。「つるつる」食べようね!って、言っているので、もぐらのみみずをたべる「つる つる つる つる」に興味を持ったようです。もぐらさんも可愛いですが、まだ、みみずを知らない孫でちょっとよかったです。「つるつる」は、やっぱり可愛いです。擬音語が、いっぱいで嬉しがります。食べる音に、蟻の「ぼり ぼり」に、新発見です。蛇の「ごっくん」には、迫力あって凄いと思いました。

    掲載日:2008/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット