十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

とびねこヘンリー」 みんなの声

とびねこヘンリー 作:メリー・カルホーン
絵:エリック・イングラハム
訳:猪熊 葉子
出版社:リブリオ出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年01月
ISBN:9784860572792
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,630
みんなの声 総数 7
「とびねこヘンリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リアル

    表紙のアングルが独特で素敵だったのでこの絵本を選びました。エリック・グラハムさんの絵が気に入りました。怖くなった時に魅せる主人公の顔の描き方が臨場感があって素晴しかったです。お父さんが怒らずに優しいのに愛情を感じました。次々と移り変わる景色にうっとりしました。気球に乗りたくなりました。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分が空を飛んでいるような気になりました

    ネコのヘンリーのアドベンチャーシリーズ。
    飛び立とうとする気球にひとり飛び乗って、ヘンリーが大空に舞いあがります。
    見下ろすと飼い主の家族が小さくなり、大地がどんどん離れていきます。
    気球を操縦しながら、ワシと話したり、ガンの群れたちにからかわれたり、ヘンリーの空の上の冒険が描かれています。
    本当に自分が空にいるような、リアルで構図が素晴らしい絵に、とてもスケールの大きさを感じました。
    空の上では主人公だったけれど、無事に地上に降り立って、飼い主に謝るヘンリーのしぐさが微笑ましいですね。

    掲載日:2012/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヘンリーの冒険

    好奇心旺盛なねこのヘンリーの気球に乗っての冒険の旅が画かれていま

    す。おとうさんがカメラを忘れた時に、「乗り込むなら 今だ!」と

    気球に飛び乗ったのはよかったのですが、ねこのヘンリーを乗せたまま

    勝手に気球が飛び立ってしまったのです。ヘンリーの不安な気持ちが

    伝わってきてハラハラ、ドキドキしっぱなしでした。

    それにしてもリアル感があってスリルを楽しみましたと思いたいのです

    が、不安な気持ちや心配な気持ちばかりな私でした。ヘンリーは結構

    落ち着いているし、とても賢いと思いました。

    掲載日:2011/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空を旅する好奇心旺盛な猫

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    実は、私は「ねこのヘンリー」シリーズで、この絵本を最初に知りました。ある司書の方が、ブックトークしてくれた本の中の1冊だったんです。

    その時は、「ふ〜ん」こんな絵本もあるのか、くらいでそれほど心に残りませんでしたが、自分で声に出して、子どもたちに読んでいたら、
    ヘンリーが可愛くて可愛くて!
    何度か触れているうちに味が出る絵本かもしれません。

    今度のヘンリーは飛びますよ!それも、ただちょっと高いところから飛び降りるとかじゃなくて、気球に乗って、空を旅しちゃうんです。
    かっこいいけど、飼い主としたら、生きた心地がしないかも…!?
    好奇心旺盛で、頭脳明晰な猫と、クラスのは、ドキドキが絶えないだろうな〜と、飼い主の気持ちになってしまいました。

    でも、子どもなら一度は自由に空を飛んでみたい!って、思いますよね?
    子どもたちの夢をかなえてくれそうなヘンリーの冒険絵本。
    幼稚園の年長さんくらいから小学校高学年くらいまで、お薦めです。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢いヘンリー

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    おとうさんは、気球で飛ぶ訓練をずっとしていました。そして、いよいよ今日はひとりで飛ぶ日です。ねこのヘンリーは、ずっと飛びたいと思っていました。でも、おとうさんは、ねこと一緒に飛ぶなんて、まっぴらだと思っていました。飛ぶ準備をしている時、おとうさんはカメラを忘れていることに気付き、かごから飛び降りました。そのすきに、ヘンリーは、かごに飛び乗ったのです。
    ドキドキしました。だって、気球に乗っているのは、ヘンリーだけです。上へどんどん上がっていきますが、降りることができるのでしょうか。きれいな空、次々に空で出会う鳥たち、下に広がる景色等、美しく描かれていて、そんな心配を忘れてしまいそうになりました。
    ちょっと信じられないようなお話ですが、本物そっくりに描かれているねこの様子を見ていると、もしかしたらこんな猫いるかもしれないという錯覚におそわれそうでした。

    掲載日:2008/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこのヘンリー、お空を大冒険!

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    僕だけ地上に置いていかれるなんて嫌だ!そう思ったねこのヘンリー、気球に飛び乗ると一匹で上空へ舞い上がってしまった!さぁどうしよう・・・?
     どうにか地上に降り立つ・・のかと思いきや「これで終わりはつまらない」とまた空へ上って行くヘンリーにはびっくり。子供っぽさも感じ取れてかわいいです。
    本物かと思うほど絵の描き方が繊細。猫の毛並み・わしの羽毛・気球の編み込まれたバスケット。ぜひ手にしてみて下さい。
    内容の展開が想像し易く、読み聞かせに適した分量です。

    掲載日:2007/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわく!!

    お父さんが気球の訓練をしていてそれを見ていた好奇心旺盛な猫のヘンリーが気球に飛び乗り大変な冒険をしていまうがやるときはやるというねこのヘンリーのおはなしですがこのおはなしで教えられるのが「次はどうなるんだろう」と子どもがわくわくするおはなしではないでしょうか。
    またピンチがあっても乗り越えるヘンリーの姿を見て「やればできる」ということも教えられるはなしだとおもいます。

    掲載日:2007/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 2
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3

全ページためしよみ
年齢別絵本セット