貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ふわふわしっぽと小さな金のくつ」 みんなの声

ふわふわしっぽと小さな金のくつ 作:デュ・ボウズ・ヘイワード
絵:マージョリー・フラック
訳:羽島 葉子
出版社:Parco出版局
本体価格:\1,553+税
発行日:1993年
ISBN:9784891943486
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,250
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • イースターバニーになる夢を叶えた、お母さんうさぎ

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    サーモンピンクの表紙にずらーっと並んだ、
    おめかししたお母さんうさぎと21匹の子ウサギ達。
    ちょっとレトロな雰囲気の、擬人化されたうさぎが可愛い!
    思わず手にとったら、イースター(4月に行われる、キリストの復活祭)にまつわるお話でした。

    イースター・バニーは世界中の子ども達に、幸せをよぶ卵を配るのがお仕事。
    卵宮殿に住む長老うさぎが、
    世界中から、心が優しくて、足が速くて、賢いうさぎを5ひきだけ選ぶのです。
    「ふわふわしっぽ」という名のうさぎの女の子は、小さい頃からイースターバニーになることを夢見ていましたが、
    結婚して、21匹の赤ちゃんが生まれて・・・

    子うさぎ達を愛情深く育て、能力や個性を生かした家事を教え、自分の夢も叶えるふわふわしっぽ。
    こんな出来たお母さんになるなんて、私には無理!と思ったけれど、
    イースターバニーの使命を全うしようと雪山で奮闘するふわふわしっぽを見守るうちに、
    夢を叶える人の一途さを見せつけられ、応援せずにいられなくなりました。
    読み終えたら、ふわふわしっぽに教わった「諦めない気持ち」のおかげで、なんだか少し力が湧いてきたような気さえします。

    作者が娘さんのために書かれたという物語に、年長の息子も引き付けられ、長いお話を集中して聞き入っていました。
    本の「そで」にイースターの詳しい説明があり、キリスト教の知識がなくても大丈夫。
    春を待つこの季節にぴったりな作品で、
    小学生位のお子さんやお母さんにおすすめです。

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • イースター(復活祭)キリストが死後三日後に復活した 春の訪れに感謝するお祝いだそうです
    幸運を呼ぶ 卵を売るうさぎ イースター・バニー
    うさぎは 春になるとたくさんの子どもを産むそうです
    生命や多産の象徴、卵は復活の象徴と言われているそうです
    ふわふわしっぽは、子どもの頃の夢だったのです イースター・バニーになるのが、ところが 白ウサギや野ウサギに馬鹿にされていました
    大人になり 子うさぎを 21匹も産んで 子育てした ふわふわしっぽは 実に賢い お母さんうさぎでした
    それを見抜いたのは 思慮深くて心優しい 長老はふわふわしっぽに 難題をだし 試したのです
    それを すごい粘り強さで やり抜いたんです

    もちろん 21匹の我が子うさぎにも イースター・バニーの卵を持って帰ることも忘れていません
    わが子を愛し 夢を実現した ふわふわしっぽの 賢明さには 驚かされます
    こんなお母さんになれたら いいですね〜
    長老からもらった 小さな小さな金のくつは 宝物です

    良いお話しでした 

    子ども達にも届けたいお話です  お母さんにも読んであげたいですね

    掲載日:2018/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎ好きにはたまりません

    表紙のうさぎたちが、
    実家にいるうさぎにそっくりだったので、思わず手に取りました。
    生きものへの愛情を感じるイラストで、ながめていると優しい気持ちになれます。
    子育て中のお母さんうさぎが夢に向かってがんばる姿に、
    とても勇気をもらえました。

    掲載日:2018/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても素敵なお話

    イースターのお話を読んであげたくて借りてきました。

    7歳次女にはちょっと長めで飽きてしまったようですが、9歳長女はとっても気に入ったようです。

    イースターバニーになることを夢見たうさぎが、お母さんになり、その後に夢をかなえるんです。絵もとっても素敵で、イースターのお話を読ませたいお母さん方、おすすめですよ。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長い道のりでしたね

    イースターバニーのお話です。

    一匹のメスうさぎが主人公ですが、

    彼女の夢が叶うお話です。

    一旦は諦めたようにも思えた夢が、

    遠回りしながらも叶っていきます。

    このうさぎは母としてとても立派なので、

    見習いたいと思いました。

    子供を育てながら自分も成長する、

    その素晴らしさがよくわかりました。

    掲載日:2016/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • イースターが身近になる

    毎年、春になると、娘が通っている英会話のお教室では
    イースターエッグを作ります。卵の殻に思い思いの絵の具で
    彩色して。
    日本ではしかしなかなか馴染みがないイースター。
    この絵本を読んだらちょっと身近になったように思えてよかったです。
    イースター・バニーになることが夢だったふわふわしっぽ。
    でも21匹もこうさぎが生まれ、とうていその夢は叶わないかもしれない・・
    まわりの誰もがきっとそう思ったに違いないのです。
    けれど、ふわふわしっぽは明るく楽しく子育てをして、ついには!
    おかあさんだって、歳を取ったって、夢を楽しく叶える方法は
    ありますものね。
    大事なのは諦めないこと、かな?
    ふわふわしっぽの前向きな物語が、明るい春の訪れを祝う
    イースターにぴったりだなって思いました。

    掲載日:2014/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 金の靴って…?

    表紙の色がキレイですよね。
    絵本の絵全体は、可愛いという一言ではなく、
    「可愛い、だけどリアル」
    そんな感じでした。特に驚いたのは、人間の男の子のシーン。
    あれは……、ちょっと見たくなかったです(ゴメンナサイ)
    今までのウサギ一色感が失われた感じが…。
    あの男の子が、ウサギの坊やでも良かったかな。

    ふわふわしっぽは、主人公のウサギの名前。ふわふわしっぽは
    昔から町のウサギにからかわれていました。
    そして色々あって、ふわふわしっぽはイースターバニーの仲間に。
    ふわふわしっぽが諦めずにイースターエッグを届ける所は、
    さすがだなぁと思いました。
    題名の「金の靴」の意味も、最後の方にわかりますよ★

    私はイースターの時期の3月に読みました。でもイースターって、
    その年によって日が違うらしいですよ。
    その年のイースターの時期に読むと、楽しいですよ。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母になっても、夢をかなえる

    子供に読みましたが、私のほうが勇気づけられるお話でした。
    母親になったことで、自分の夢をあきらめたことはあります。
    そんな気持ちに寄り添って、希望を与えてくれる物語でした。
    イースターについての知識がなくても、充分に楽しめる内容だったと思います。

    掲載日:2013/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • イースターバニーって?

    • クマトラさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子1歳

    イースターの日に息子が幼稚園から卵のメッセージカードを
    もらってきました。
    この絵本を読んで初めて理解しました。
    子供に時間を捧げていると、価値観も変ってきますが、
    子育てにも新たにやりがいをもらえるお話でした。
    ‘賢く親切で思いやる心’は強くなければ持てませんが、
    ふわふわしっぽのように、大きな愛で子供たちを見守れたら…。

    掲載日:2010/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 疲れたお母さんの休憩のための一冊しても

    イースターのお話は初めて読むなあと思いました。

    イースターバニーに憧れるふわふわしっぽ。

    子どもから憧れていた夢って、本当にやりたいことの場合が多いですね。

    結婚出産であきらめてしまうことも多いかもしれません。

    ふわふわしっぼがそんな中でも子どもをしっかりと育てているところに感動しました。

    こんなおかあさんいいなあと思います。

    強く願ったことはかなうということ。子どもたちにも伝えたいところです。

    疲れたお母さんの休憩のための一冊してもお勧めです。

    絵本としては少々長めですが、息子はしっかり聞いていました。

    掲載日:2009/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット