雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

おにいちゃんは世界一」 みんなの声

おにいちゃんは世界一 作:ウルフ・スタルク
絵:マティ・レップ
訳:菱木 晃子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年
ISBN:9784198615253
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,171
みんなの声 総数 6
「おにいちゃんは世界一」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お兄ちゃん

    この絵本のお兄ちゃんは、12歳。
    少し大きくなったぶん、だいぶ知恵もつき、弟を都合よく扱っているようですね。
    それでも、弟は「お兄ちゃん、大好き」だし、お兄ちゃんだって、弟のことをほっとけないってことが、よく伝わってきました。

    男の子らしい、元気いっぱいやんちゃに遊ぶ様子が見られて、近所にいる男の子を見ているような気がしました。

    掲載日:2012/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄貴冥利につきる本

    邪険にされてもボクはお兄ちゃんが大好き。
    そこまで慕われたら応えるのが兄貴だろう。
    自分自身が長兄としてこそばゆい物語です。
    お兄ちゃんの友だちの遊びの仲間に入れてもらって、気に縛り付けられたまま忘れられてしまっても、インディアンごっこがずっと続いていたのだと思う健気さに、私はこの兄貴へのちょっぴりとした怒りと、弟君のとてつもなく広い心に感動したのです。
    私は決して、弟に崇められるような兄貴ではなかった。

    とてもさわやかな一冊なのですが、ウルフ・スタルクの話にしては薄味な感じがしました。
    やんちゃな弟のほうがスタルクらしくていいと思ったので、スタルクの作品として一つ減点です。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • このかわいい弟こそ世界一の弟

    ウルフ・スタルクということで読んだのですが、どちらかというと大人受けする内容なのでしょうか?息子はあまり乗ってきませんでした。

    私の目から見ると、このかわいい弟こそ世界一の弟のように思えて仕方ありませんでした。

    だって、お兄ちゃんは友だちが来るとさっさと出かけてしまうし、木に縛りつけたまま忘れてしまうしと。

    でも、お兄ちゃんが時折見せる優しさが弟にはとてもよく伝わっているのですね。

    こんな弟が私の弟だったら、きっとこの本のお兄ちゃんよりも優しくしてあげるのになと思いました。

    掲載日:2008/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟

    弟の気持ちで読んだりお兄ちゃんの気持ちになって読んでみたりすると違った感情を持つ絵本です。弟はお兄ちゃんの事が大好きで、自慢で、尊敬しているという気持ちが伝わってきました。二人で留守番をする場面が一番好きです。シーツでテントを作ってアイスクリームを食べる幸せ!私もやってみたい!と思いました。12歳の男の子がここまでやれるとは素晴らしいと拍手を送りたくなりました。何があっても男の子はお兄ちゃんと一緒にいられるだけで幸せなのだなと感動しました。目をつむって明日の事を考えて幸せそうに眠る弟に感動しました。素敵な兄弟愛を感じる絵本でした。

    掲載日:2007/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟の絆っていいなぁ

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子11歳、女の子6歳

    最近ハマっている、ウルフ・スタルクの作品です。
    いいです!ひっそり感動できる絵本だと思います。そして、読み終えた後、「兄弟っていいな」って、心の中がポーっと、暖かくなれる絵本でした。
    主人公の「ぼく」は、「おにいちゃん」が大好きなのに、十二歳になったおにいちゃんは、最近同年代の友達と遊んでばかり…。
    そんな時、二人っきりでお留守番することになり、久しぶりにおにいちゃんと二人っきりで遊んでもらえて、大満足の「ぼく」。
    ちょっとハプニングは起こりますが、兄と弟の、ほかの人には多分見えないだろう「心の絆」が見えて、感動しました。
    子供たちにも、とても好評でした。
    (我が家の子供たちは姉妹ですが、普段毎日喧嘩してばかりですが…)

    掲載日:2007/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「遊んでやってもいいけど〜」
    「友達が来たからまた今度な」
    「人数が足りないから特別に混ぜてやる」

    お兄ちゃんは都合よく弟を使います。納得行かないながらも遊んで欲しいために素直に従う弟。邪険に扱い同年齢の友達の前では威厳を示すお兄ちゃん。放ったらかしにしていたことを思い出し、謝るのもお兄ちゃん。ばつが悪く素直に謝れないけど、一緒に遊んでやるのもお兄ちゃん。

    仲が良いようで悪いようで、それでもやっぱり血が繋がっているんだ。兄弟なんだ。

    飾ることなく日常の一面を描いた作品です。兄弟ってこんなものでしょう。私は一人で育ったのでこういった経験が無いのが少し悔しくもあります。

    兄弟のいる家庭で一緒に読み聞かせるとそれぞれ違った反応が返って来て楽しそうですね。

    掲載日:2007/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット