十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おんどりとえんどうまめ」 みんなの声

おんどりとえんどうまめ 作:宮川やすえ
絵:岩本 康之亮
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784893255396
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,681
みんなの声 総数 7
「おんどりとえんどうまめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 急いで〜!

    このお話は、おんどりの喉に豆が詰まってしまって、おんどりを助けるためにめんどりがバターを探して回るお話でした。農場の奥さんのところへ行ったり、牛のところへ行ったりとなかなかバターが手に入らなかったのを見てうちの子は「急がないと死んじゃう〜!!」と言って絵本の中のめんどりをせかしていました(笑)

    掲載日:2016/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大変!急いで急いで!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    あわてんぼうのおんどりが、
    えんどう豆をのどに詰まらせたから、さあ大変!
    めんどりは、おんどりを助けるために、
    あちこち走り回ります。

    ロシアの昔話をもとに、子どもたちに親しみやすいよう絵本化されたものです。

    めんどりが、バターをもらいにおかみさんのところにいくと、
    バターを作るには、牛のミルクが必要と言われ、
    ミルクを出すには、おいしい草が必要と言われ、
    草を刈るには、鎌が必要と言われ・・・
    非常事態なのに大丈夫?と、はらはらどきどき。

    それでも、みんなのお陰でおんどりが助かって、
    ほんと、良かったです。

    ピンクのにわとりって、可愛いですね。
    おんどりとめんどりの仲の良さも、素敵だな〜と思いました。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • えんどう豆をのどに詰まらせた時の対処法

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    ロシアの有名な昔話だそうです。
    せっかちのおんどりがえんどう豆をのどに詰まらせたからさあ、大変。
    めんどりはバターで取ろうとしますが、
    バターを作るために、牛のミルクをもらうために、草を刈るために、鎌をもらう大騒動。
    え?緊急事態なのに?大丈夫?とハラハラです。
    思わず気持ちはめんどり気分。
    普段はおっとりのめんどりの慌てぶりも、夫婦愛ならでは。
    ほら、ラストの幸せそうな夫婦の姿が神々しいばかりです。
    いろいろな再話があるようなので、またチェックしてみたいですね。

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • キレイな色合いのおんどりとめんどりがなんとも印象的なロシアの昔話です。せっかちなおんどりが、豆を喉に詰まらせるのですが、めんどりはおんどりを助けるためにあとこち走り回ります。
    そんな悠長なことをしている間に・・・とこちらは心配してしまうのですが、昔はバター一つとっても冷蔵庫に常備してあるものでなく、手作りしてるものだったんですね。
    一生懸命なめんどりに、子供は「お茶をごくんとさせたらいいのにね」と言ったので、笑ってしまいそうになりました。普段、自分が言われてることだからでしょうね・・・

    掲載日:2009/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストーリー性の高い絵本です。

    物語は、おんどりがえんどうまめをのどに詰まらせるところから始まります。めんどりがおんどりを助けるためにバターをもらいに行きます。バターを作るためには牛が必要で…というように、めんどりはおんどりを助けるために次々と駆け回る羽目になります。
    とてもストーリー性が高く、すばらしいお話だと思いました。ロシアの昔話なんですね。挿絵も暖かみのある絵です。「昔話」の雰囲気をかもし出しています。

    掲載日:2007/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 話の展開がおもしろい!

    ピンクのかわいらしいにわとりの絵にひかれて手にとった絵本です。これ、ロシアの昔話らしい。
    ある時、おんどりがえんどう豆を食べていて、のどに豆をつまらせて倒れてしまう。
    そこで、のどの豆を流し込むために、めんどりは、バターをもらいにおかみさんのところに。
    バターを作るためには、牛のミルクがいる。ミルクを出すためには、おいしい草が。おいしい草を刈るためにはかまが。
    そこで、めんどりは、かじやでかまをもらい、かまで草を刈ってもらい、牛が草を食べてお乳を出し、そのミルクでバターを作り、バターをのどに流しこんで、おんどりは助かったというわけ。
    そんなに待っていたら、とうの昔に死んじゃうだろ!というおはさておき、次々とつながっていくお話の展開が楽しいです。
    ピンクのにわとりが、どのページでも存在感があって、絵もかわいらしい。

    掲載日:2007/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロシアの昔話

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    あわてんぼうなおんどりが、えんどうまめをのどに詰まらせます。
    めんどりは、慌てておかみさんにバターをもらいに行きます。
    でも、おかみさんはミルクがないので、牛にもらって来てといいます。
    牛のところに行くと。。。とどんどん、違う所に行く事になります。
    おんどりは助かるのだろうかとはらはらします。

    絵がとてもあざやかで、子どもの目を引きます。
    ロシアで有名な昔話だそうで、トルストイも再話しているものもあるそうです。
    みんなの協力で、おんどりは助かりました。
    一番は、めんどりの愛ですね。

    掲載日:2007/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット