たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

どろんこそうべえ」 みんなの声

どろんこそうべえ 作・絵:田島 征彦
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年01月
ISBN:9784494012411
評価スコア 4.24
評価ランキング 15,951
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ちょっとむずかしいというか・・・

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子2歳

    「じごくのそうべえ」でおなじみのメンバーが、土の中へ冒険(?)に行くお話です。

    娘が読み終わったときの感想は「わけわかんなかった」でした。絵がおもしろかったので雰囲気はいいのですが、確かに私にもわかりにくかったです。ごちゃごちゃしすぎているのでしょうか。関西弁を使う私でもそうだったので、標準語の人にはもっとわかりにくいのではないかと思います。
    でも、そうべえファンなら一度読んでみるのもいいかもしれません。

    掲載日:2017/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • じごくのそうべえと登場人物がかぶる。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    生き物の結婚式に乱入する際、タイムマシンさながらの様子で皆幼少期に逆戻り、のくだりが面白かったです。しかし何度読んでもこの文体は読み慣れないというかとっつきにくく、いまいち話の内容が頭に入って来ない。どうしたものか。

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地下の世界へ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    「じごくのそうべえ」がなかなか子供に好評だったのでこちらも読んでみました。
    今回は地下の世界へ行ってしまうそうべえ。
    綱渡りで落ちたときは、「またかい!」と思わず思ってしまいました(笑)。
    地下の世界もいろいろあっておもしろいですね。
    子供には「じごくのそうべえ」のほうが受けが良かったかな。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちくあん84歳

    「じごくのそうべえ」の続編です。
    今回は何故か土の中へ。

    軽業師のそうべえが、綱渡りをしていきなり落ちる場面、息子は「またか!」と大笑い。
    でも、今回はちくあん、しかい、ふっかいによって命拾いをします。

    今回登場するオケラ。「手のひらを太陽に」の歌でしか知らない虫なのですが、こういう姿をしているのですね。
    オケラが数をよむというのも初耳でしたが、今回は土の中で4人がどんどん若返り、子どもになってしまいます!

    土の中で穴を掘っていく様子は面白かったです。
    でも、ちょっとミミズが気持ち悪かった・・・
    オケラがミミズを食べる場面は、命あるものをいただくということを考えさせられました。

    そして、最後に元の年齢に戻るのですが、20歳頃に「ちょっと、このへんでとめて」というところ、そして「まだちくあん先生のぶんが残ってます」のところに大笑いでした。
    ちくあん先生、84歳であることが判明(笑)

    そうべえも、ちゃんと二代目がいるとは!
    これでいつどうなっても安心ですが、そうべえもまだまだ現役で頑張ってほしいです(^^)

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子受けがいい絵本

    このお話は、螻蛄によって大人が子供になったお話でした。螻蛄はその子供たちにモグラをやっつけて欲しいと頼みます。その様子がハチャメチャでうちの子は大笑い。大人から子ども、子供から大人になるときにすっぽんぽんになるとこも気に入っていました(笑)

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 童心

    「じごくのそうべえ」シリーズでも
    これは見たことないぞ!

    それも「どろんこ」???
    表紙の絵は、そうべえ達?でも、こども?
    おけら?
    反対から数えてる・・・?

    どんな展開になるかと思ったら

    今度は、みみずの結婚式?
    もぐら退治の様相
    そうべえ達の特技は関係なく
    子どもに戻って
    ものすごく楽しそうです

    堆肥をお土産にしたり
    その影でもぐらが・・・

    と、「食」に関することも

    「ちょっとこのへんでとめて」には
    笑っちゃいます(^^ゞ
    若い方がいいかもね

    3ヶ月も戻ってこないそうべえに替わって
    息子が!?

    最後のページは
    立派な親子のかるわざし

    おもしろかったぁ〜

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもに戻ってしまった!

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子7歳、女の子4歳、

    そうべえ、今回はちくあん先生、ふっかい、しかいとともに地面の中へと落ちていきます。

    そして、子どもに戻ってしまうという設定。
    ミミズの結婚式で、ミミズたちがモグラに食べられてしまうというところ、ちょっとブラックな場面もあったりしたのですが・・・

    子どもはあまり深く考えず、相変わらずな4人の様子を楽しんでいるようでした。
    子どもになったちくあん先生がわいかったです!

    掲載日:2012/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • どろんこ遊び

    大人になってもどろんこ遊びは、面白くて夢中になっているそうべえた

    ちに親近感がもてました。

    そうべえには、医者のちくあん、歯抜きしのしかい、山伏のふっかいと

    いう仲間がいるからどんな場所にいても安心できるし、楽しく過ごせる

    のだと思いました。そうべえがいなくなっても、息子のそうすけがいる

    けど、二代目として活躍する息子に、まだまだ負けたくないだろうなあ

    って思いました。親子共演が実現できてよかったなあって思いました。

    掲載日:2012/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとマンネリそうべえさん

    そうべえシリーズは、軽業師のそうべえさんが綱渡りするところから始まる。
    登場人物はトリオだったりカルテットだったりするのだが、しっかりとパターン化されている。
    いつもどこかへ行く珍道中とドタバタ騒動のパターンも変わらない。
    日本人好みの安定感と思うが、どこへ行くかが大きな問題となって来る。
    しかし、このシリーズの荒唐無稽な発想にも少し陰りが出てきました。
    今回はおけらに誘われて地中にもぐり、ミミズの結婚のためにモグラ退治。
    かなり苦しみぬいたような気がします。
    発想は意味不明ですが、地中で若返ったり歳をとったり新しいシチュエーションも加わりました。

    でも、ちょっと独りよがりに過ぎるように思います。
    残念ながらついていけない。
    『じごくのそうべえ』の印象が強すぎるのかもしれませんが、あれは上方落語というベースがあってのこと。
    もう少し読者寄りに展開してもらえたらと思いました。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 関西弁に精通していると

    そうべえものなので、息子にどうかなと思ったのですが、感想を書くのは難かしいと言っていました。

    若返りの水という昔話はありますが、土の中で、あれよあれよという間に、子どもになってしまうのがおもしろかったです。

    息子は、そうべえがおならをしたところで、うけていました。

    関西弁なので、関西弁に精通していると、もっと楽しめたのではないかと思います。

    今度は、関西人の友人に生粋の関西弁で読んでもらいたいなあと思いました。

    掲載日:2009/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



どんな子の口もあーん!はみがきれっしゃがやってくる

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット