ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

リリィのさんぽ」 みんなの声

リリィのさんぽ 作・絵:きたむら さとし
出版社:平凡社
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年
ISBN:9784582832440
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,736
みんなの声 総数 8
「リリィのさんぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リリィはワクワク、ニッキーはドッキドキなお散歩♪

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    散歩が大好きで、何時間でも歩く女の子・リリィ。
    子犬のリッキーが一緒なら、暗くなっても怖くありません。
    でも、笑顔のリリィと一緒に散歩をしているニッキーなのに
    目をぎょっと見開いて・・・このギャップはどうして?

    絵をよく見ると「おぉっ、なんだこりゃ!」
    ニッキーの視線の先におばけの顔が浮かび上がり、息子は大喜び。
    ページをめくる度に、ピツ・ピッ・ピッ・・・と効果音付きで視線を指で辿り、
    街並みに潜むお茶目なおばけ達を見つけ、ご機嫌でした。
    ちょっと沈んだ色合いの夕暮れ時って、確かに何か潜んでいそうな雰囲気がありますよね。

    ニッキーが必死で伝えようとしているのに、伝わらないもどかしさがなんともおかしい!
    最後のちょっとした仕掛けも、まだまだ続くニッキーの災難を思わせて、気の毒だけど笑っちゃいました。

    絵がもう一つのストーリーを伝えてくれる
    絵本ならではの楽しさにあふれた作品。
    きたむらさとしさんの絵も可愛くて
    園児さん〜小学校低学年のお子さんにおすすめです。

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 犬に注目

    6歳次女に読みました。リリィという女の子とリリィの飼い犬ニッキーの散歩のお話です。

    でも、この散歩リリィは楽しんでいるんですが、ニッキーの表情が(笑)ニッキーの目の先には!リリィとニッキーの表情の差に笑ってしまいます。次女もリリィlじゃなく、ニッキーにくぎずけ!何回もニッキーの姿を前のページに戻っては確認していました。とてもお気に入りの1冊になったようです。

    掲載日:2016/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • さんぽが楽しそう

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子7歳

    いぬのニッキーと、ほのぼのとした散歩。リリィがとても楽しそうでみていたら、お散歩したくなりました。
    ニッキーのみつけるちょっと、怖いものを見つけるもの楽しいです。

    おとうさんと、おかあさんは、 リリィのさんぽのはなしをきくのがだいすきです。という一文のあるページのお父さんの優しそうな表情がとても好きです。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさんぽ

    リリィは、犬のニッキーが怖がりでもやっぱり、ニッキーがいてくれる

    から、安心して散歩にいけれるんだと思います。

    ニッキーと一緒だから暗くなっても怖くないんだと思いました。

    ビクビクしてる二ッキーが面白かったです。

    安心して籠の中にいるニッキーの仕掛けを捲ると爆笑です!!

    愉快で、何度も何度も仕掛けを捲ってしまいました。

    孫に負けないくらい捲ってしまった私です。

    絵も面白くて楽しめました。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • この女の子は犬といればどんなことでも怖くない。お散歩は夜までお散歩。犬は出かけるところ出かけるところの見えるものが怖くて仕方が無い。いぬのほうは、なんでもお化けに見えてしまう。女の子は暗くなってもお散歩をしていても平気。お散歩から帰ってくると夕食。女の子は今までのお散歩のことを家族に話す。犬は、わんわんといいながら今までの怖かったことを訴える。
    私もこんな長い時間まで散歩をしてみたいです。でも、暗くなると怖がりの私です。動物がいたら少しは違うのかなぁ?

    掲載日:2007/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • きたむらさんの絵心に感動

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    イギリス在中のきたむらさんの絵は、やはり何処かエキゾチ

    ックなところがあります。

    リリィと犬のニッキーが仲良く散歩するのですが、何も気づ

    かないリリィの横で、ニッキーは怪物を見つけています。

    それを、皆に訴えているのですが、ぜんぜん通じないという

    落差がとてもユカイです。

    次男が2歳の頃、名古屋の神社の前を通りかかったとき、怖

    がって仕方なかったことがありました。

    もしかすると、あの時の次男て、ニッキーと同じ境遇だった

    のかもと思えて、思わずニヤリとしてしまいました。

    とにかく、絵が楽しいので、次男も大好きです。

    掲載日:2007/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の中の不思議

    言葉が少なくて 読みやすかったみたいです。絵の中には 面白い物が 隠されていて 子供達は捜しながら ゆっくり読んでいました。きたむらさとしさんの本には、未来と夢が 一杯詰まっています。 

    掲載日:2007/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いぬのニッキーの慌てっぷりが最高!

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    藍色の青空が特徴的なきたむらさとしさんの作品です。
    リリィは犬のニッキーとおさんぽするのが大好き。ところがニッキー、様子が変。ゴミ箱を見ては怯え、街灯を見ては吠える。そんなの全く気にしないリリィ。だってニッキーが見たものは・・・。

    丸く並んだ2つの電球。リリィが通ったときは何も無いのに、ニッキーが見上げると目玉になってこちらを覗いている。ニッキーは「ほら、見て!」と必死に訴えますが飼い主リリィはちっとも気付かない。この両者の差が笑えます!
    そういや二つ並んだものって目玉に見えてくるよなぁ。

    街灯がくにゃっと曲がったり壁面のポスターから描かれているものが飛び出てきたりと動きが感じられる作品。ちょっぴりホラーもありハロウィンの印象を受けました。絵を見て楽しむ作品です。

    掲載日:2007/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / そらいろのたね / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット