十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ことばのべんきょう1」 みんなの声

ことばのべんきょう1 作・絵:加古 里子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\514+税
発行日:1970年
ISBN:9784834005646
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,064
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 味のあるイラスト!

    どこか懐かしくも飽きのこない安心できる加古里子さんのイラストが,実に味があり魅力的なあいさつ絵本です。
    あいさつ初級編な内容なので,2〜3歳のお子さま向きでしょうか!?
    シリーズで出ているので,1,2,3,4と読み進めていくのもいいと思います。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • これならすぐに覚えられる

    子供に馴染み深い、身の周りにある物の名前などを覚えるための本。私が読んだ古い本ですが、気に入っていて、しかも小さいので大事に保管していたんです。3歳の息子が2歳の時に、初めて見せてあげました。。読むというより、息子が指差しした物の名前を言う、という感じです。さすがに現代には無いような物も結構描かれてますが、本当に絵が魅力的。3歳半以上になった今も、何度も繰り返して読まされています。

    掲載日:2014/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近なものばかり

    朝から夜寝るまでの生活に沿って、身近な物の名前を知ることが出来ると思いました。
    「あさの しょくじ」では、パン食・和食の両方が。
    子供にとって、なじみのあるほうから読んでみてもいいなと思います。
    「おやつ」の場面は、かなり豪華で、子供もじっと見ていました。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなの一日

    最初見たときは絵が古いなんて思いましたが
    読んでくるとだんだんすばらしい本だと思いました。
    図鑑でもないしお話でもなくて
    親子で作る本のように思います。
    一日ってみんなそれぞれ過ごし方が違いますが
    それをわかりやすく書いてあります。

    細かい部分も多いですが、これはなんだろうと
    言いながら楽しめます。
    動物たちの表情もいいです。

    掲載日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子二代でお気に入り!

    加古里子さんの絵が大好きな1歳半の息子。
    もちろん、その昔加古さんの絵本が大好きだった母としては、自分の好きだった本をつい見せてしまいます。
    こちらも、私が小さい頃好きだったもののひとつ。
    クマちゃん一家の朝から夜までの日常が描かれ、ストーリーはなく、色んな場面でいろんな物すべてに名前がふってあるという形です。
    自分はこれをいったいどんな風に読んでもらってたのかしら?と思いつつ、息子には普通に色んな物を指差して読み上げているだけなのですが、面白いのか最後までじーっと聞いています。
    子どもって、いつの時代でもこういういっぱいあるものを眺めるのが好きなのかな?
    最近では、その日あったことに絡めながらちょっと会話のきっかけにしたり。
    工夫しだいで色んな読み方ができそうです。
    他の方のレビューを見て、お出かけにも確かに小さいサイズなのでちょうどいいかもと思いました。
    描かれているものはちょっと古いものもありますが、全く時代錯誤ということもありません。充分楽しめます。
    スーパーのチラシを見て名前を読み上げてる子なんかは、きっと気に入ると思うので、ぜひ。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • またいずれ挑戦します

    昭和の雰囲気が漂う絵本で、私が嬉しくなってしまいましたが、2歳の息子には不評でした。

    他の皆さんのレビューを見ると、息子と同じ年頃のお子さんたちが楽しんでいらっしゃるようですが、息子の場合は答えを必要とされる本は苦手のようです。絵本は一方的に読んでもらうものだと思っているようです。

    もう少し大きくなって知識が増えると、クイズみたいに読んでいく方法も楽しめるかもしれません。またいずれ挑戦しようと思っています。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしいです!!

    • ももうさ♪さん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳、女の子0歳

    子どもの頃は手元にあり、大好きで何度も何度も読みました。
    不思議な表紙も大好きでした。

    くまちゃんの1日を通して、本当に沢山の物が登場して、
    楽しんで読みながら、それらの名前を覚える事が出来ます。

    そういう知育的なことを抜きにしても、
    自分自身が本当に楽しんで読んでいた絵本なので、
    娘達にも是非読んで欲しいと思います。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • お出掛け用にも

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    思い出の絵本です。
    子供の頃、電車での移動中に私達兄弟(3人年子)がうるさくならないように母が常にバッグにしのばせていた絵本です。
    各場面ごとにたくさんの物が出てきて、その物の名前が書かれています。
    (例えば、カレンダーの絵があれば、横に『カレンダー』というように書かれています。)
    小さい子供の退屈しのぎにはもってこいだと思います。
    サイズもCD大ですので、持ち運びもしやすいです。

    この話は、くまちゃんのいちにちを通して様々な単語が紹介されています。
    朝の起床から、身支度、朝食、お見送り、日中は家事や遊びで大忙し。
    そして、夕飯、お風呂を済ませて、眠りにつくまでが描かれています。
    そんな1日に出て来る単語を「これは、なーんだ?」的に楽しく読めます。
    今の時代に読むと、多少古臭く感じる物もありますが、やはり我が子も夢中です。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙絵で心を奪われました

    うちの子が2,3歳の頃に購入した絵本です。

    使う物、行うもの、目に入るもの、あらゆるものの名前が
    絵の横に一つ一つひらがなで書かれています。
    くまちゃんの1日を見ているうちに、自然と名前を覚えてしまう、
    スグレモノの一冊です。

    初版が1970年と古いものですので、描かれている絵が、
    懐かしい洗濯機や掃除機だったりもしますが、内容的には
    全く問題ないと思います。

    表紙絵の、絵本の中に絵本が描かれている不思議な感覚、
    息子はまず表紙絵に心を奪われていましたね。
    かこさとしさんの味のあるイラストも良かったです。

    掲載日:2010/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身の回りのものの名前

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    うちの子供たちが大好きな本です。
    くまちゃんの一日を通して、色々なことばを覚えられます。

    話している言葉は書かれてないのですが、うちの子供たちは絵を見て自分ながらにくまちゃんになったりして話を作っています。
    そして、朝食の場面では色々な朝食がおいてあり、自分だったらこれがいいと言い合って楽しみます。

    台所では台所用品の名前が覚えられ、外に買い物に行けば八百屋さんに売っている野菜、魚屋さんでは魚や貝の名前が覚えられます。

    家の中に黒電話があり、壁にはペナントが貼ってあるところなど、私が小さかった頃のような内容で(発行が1970年でした)、親としては懐かしい感じです。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット