大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

クマくんのバタつきパンのジャムつきパン」 みんなの声

クマくんのバタつきパンのジャムつきパン 作・絵:柳生 まち子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\743+税
発行日:1994年10月31日
ISBN:9784834012521
評価スコア 4.37
評価ランキング 9,892
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • よだれをたらさんばかりに

    子どもの皮膚感覚がよくわかっている絵本だと思います。
    動物たちの行動が、いちいち子どもの心にヒットするんですね。
    子どもたちは、読み聞かせしてもらいながら、
    「おいしそ〜」「たべたーい!」
    を連発していました。
    それこそ、よだれもたらさんばかりに!
    そして、タイトルがまた子どもたちの心をくすぐるのです。
    「バタバタパンのムニャムニャパン」
    のフレーズを繰り返す度、どっと笑いが起こります。
    おいしい本は、子どもたちの心を和ませ、幸せにするものですね。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • てづくりジャム!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    以前、このクマくんのお話を読んだことがあったのでこちらを手に取りました。
    今回はパンを作るのかな?と思いつつ読みました。
    みんなで作るのは…ジャム!
    てづくりジャムもいいですねー。
    ジャムは簡単に作れるので今度作ってみようかな。
    みんなで作って食べるジャムつきパンはおいしいでしょうね。

    掲載日:2015/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばたばたパン

    お話の中で繰り返し出てくる「ばたばたパンのむにゃむにゃパン」というセリフに、子供も大爆笑でした。
    バターとジャムのパン。シンプルで定番なのですが、この絵本を読むと、どうしても食べたくなりますね。
    絵も、とてもかわいらしいです。

    掲載日:2012/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそう

    これを見てると、いちごジャムたっぷりのバターがついたパンが
    食べたくなります。絵本の中にいちごジャムの作り方もあり、
    子供の絵本とはいえ、本格的にパンをおいしく味わえる気がします。
    ちょっとまねしてやってみてほしいです。
    4種類の動物が大きな口をあけて、パンをほおばる姿が
    とっても印象的です。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとうの豊かさ

    こんな風に丁寧に生活することは、素敵だなと思った絵本です。

    “ジャム・バターパン”は、料理というにはあまりにも簡単で
    朝、忙しい時にサッと作って食べるものだと思っていました。
    でも、クマくんは、
    そのために美味しいパンを買いに行って
    手作りのジャムを用意するんです。
    時間のかかる準備を楽しんでしまう
    なんて豊かなんでしょう。
    子供にもそれはなんとなく感じているようでした。

    途中出会ったお友達が聞きちがえて
    「バタバタパンのムニャムニャパン」
    と言うところがおもしろく
    子供たちは、爆笑、そして、よくまねしていました。

    その頃、我が家の食卓には
    “ジャムバタパン”がのることが多かったように思います。

    掲載日:2012/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手作りジャム

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    『クマくんのおめでとうクッキー』が素敵だったので、こちらも読んでみました。
    偶然見かけた読み聞かせ仲間が、ずっと探していた絵本だ!と喜んでくれました。
    小さかったお子さん方と盛り上がった絵本でしたが、
    ジャムつきパンという題名しか覚えてなくて、検索できなかった模様。
    やはり、おいしそうなジャムの印象が強かったのでしょうね。
    クマくんがパンを買いにお買い物。
    途中、いつものお友だちと合流しますが、そのやり取りの中で、
    クマくんは、厚切りパンにバターと手作りジャムをのせて食べる予定ということが判明します。
    そう、庭の畑の摘みたていちごのジャムの手作りの場面も、
    きちんとレシピつきで紹介されていますよ。
    いちごの季節にぴったりです。
    丁寧に作られたバタつきパンのジャムつきパンが、
    それはそれはおいしそうです。
    ちょっとした言葉遊びも楽しいです。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • イチゴ大好き

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    我が家の上の娘もイチゴジャムが大好きで、
    朝食後ちょっと目を離すとビンが空っぽ!なんてこともしばしば・・・;
    生のイチゴの方がもっと大好きで、1人で1パックは軽いほど。
    ジャムを作るつもりが全部食べちゃった・・・が必至ですが、
    最近料理に興味津々なので、とても喜んで聞いてくれました。
    「バタつきパンのジャムつきパン」の言葉の響きも気に入ったようです^^

    掲載日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびりほんわか

    3歳の息子に読んであげました。
    クマくんが、お友達と一緒にジャムを作って、美味しそうな『バタつきパンのジャムつきパン』を作ります。
    クマくんのお友達の動物が出てきたり、ジャムを作ったり。
    更にジャムが出来立ては熱いから、みんなで冷めるのを待つのに庭をグルグル回るところなど、息子は楽しそうに見ています。
    大人から見ても、せかせかしない、のんびりした雰囲気も良いと思います。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジャム好きな子どもにいいと思います♪

    うちの子はジャムなど甘いものがあまり好きでは
    ないようなので、読んであげてもそれほど萌えな
    かったのですが、ジャム好きな子が読んだら、わ
    くわくしちゃうのではないかなあと思います。
    なにせ、いちごを摘んでくるところからやります
    もの!
    自分が好きなものを最初っから作るのってとっても
    楽しいし、よりいっそうおいしく感じられますもの。
    お友達と一緒に・・というのもいいですよね。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなくまくん

    うちの子供は何故かクマもの絵本が大好きです。中でもこのクマくんシリーズは大好きです。
    「バタつきパンのジャムつきパン」ではジャムを作るのですが、このイチゴをつむ場面が大好きで、「白いイチゴはとらないんだよ。赤いのだけだよ。」って得意げに語ります。
    いつも既製品のジャムを買っていますが、クマくんみたいにジャムを作ってあげようと思います。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット