あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

あ・べ・こ・べ」 みんなの声

あ・べ・こ・べ 作:エルンスト・ヤンドゥル
絵:ノルマン・ユンゲ
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年
ISBN:9784061892071
評価スコア 3.67
評価ランキング 29,993
みんなの声 総数 8
「あ・べ・こ・べ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 地球貫通

    このお話は女の子が机の上の紙をどんどんめくっていって、その家家の床もめくって地球の裏側にまで行ってしまうお話でした。もちろん裏側に貫通した時には上下逆のあべこべ!!うちのおはこのストーリー展開がとっても面白いって言って楽しんでいました。

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も想像したことあります。

    『ドアがあいて・・・』と同じ作家さんの絵だったので興味を持ちました。
    一枚の紙。その下には紙。その下はテーブル。その下は床。その下は・・・となっていくのですが、想像を超えて、それは地球の裏側まで続いていきます。
    読みながら、私も「地球の裏側で反対になっている世界」というものを想像したことあるなぁと思いました。でも絵にするとますます不思議です。そして楽しいです。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しい

    「どうして?どうして?」って聞かれたら、私が上手く説明できないで困るなあって思った絵本でした。地球が丸いからって説明したって自分自身がよくわかっていないからと思うのですが、いつものように、「まあいいか?」ってさらっと流してしまっています。まだまだ孫はそんな疑問も持たないので素直に絵を「あ・べ・こ・べ」で愉しみました。

    掲載日:2010/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • んー

    自分の居る所のその下はどうなっているのかというお話です。

    とにかくページを捲る度に、下へ下へと進んでいく何だか不思議な絵本でした。
    文章が少ないので、絵で内容を捉える感じです。
    話の内容としてはあまり中身がないように感じました。

    掲載日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっぴりナンセンス

    とっても、解りやすい絵本です。
    だんだん下に行って・・・地球の裏側に行ってしまいます。
    下に下にいっているのに、地球の裏側なので、上に上に行ってしまう・・
    という、ちょっぴりナンセンスな感じのかわいい絵本です。

    子供は、解りやすかったようで、とっても喜んでいました。
    こういう想像を、普段からしているようで、この絵本を読まなくってもこういう不思議なことを言ったりしているので、共感できたのでしょう(?)

    掲載日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと、地球の裏側まで

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子8歳

    「なんか見たことがある絵だねぇ〜」と表紙を見て息子がいいました。
    そう前作『ドアがあいて…』に構図がにていて、ピンときたようです。
    どんどん読み進めと、とんでもないことに!!
    「頭の中がこんがらがる〜」といいながらも、「確かにそうだ!」となぜか納得。
    その根拠は途中に出てきた地球。
    最後の2枚の絵が微妙に違っていて(植物とトナカイの飾り物)
    「なぜ?絵を描くのにそんなに時間がかかるの?」と思ったみたい。
    不思議な作品です。

    掲載日:2007/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球はまるいから。説明しました。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    「地球は丸い。」
    我が子には、不思議が残る本でしたが、考える事の出来る本です。
    一枚の紙の下に・・・
    その下に・・・
    と続きます。
    地球は丸いから、反対側の世界では、絵でたとえると、反対・逆さになるんですよね。
    ふーん。
    と我が子。私は、なかなか素敵だと思います。
    地球は丸い。理解したらまた、読んで欲しい一冊です。

    掲載日:2007/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な絵本です

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    訳が谷川さんなので、手に取ってみました。

    文章より、絵が重要な絵本です。
    子どもの頃、自分の2階の部屋の真下は、両親の部屋で、自分が寝ている下で、
    両親がいることがなんだか不思議な気持ちでした。

    それを、地球の裏側まで想像したのがこの本です。
    おもしろさが分かるのは、少し大きい子どもですね。

    掲載日:2007/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット