もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

気持ちの本」 みんなの声

気持ちの本 作・絵:森田 ゆり
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:2003年
ISBN:9784887500501
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,855
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 湯水のように話が

    娘は自分の思いを伝えるのがとっても苦手。発達という意味では歳相応にまで成長していないらしい。
    そんな娘に私自身が心を伝えたいと思って読みました。

    絵が、子どもの絵だったことから関心を持ち、それが素直に心を打ったようです。
    絵に描かれた表情にとても興味を示していました。
    文章の「あなたならどうする?」を娘の名前に置き換えて読むと、ポロリポロリと自分の思いが。
    そして湯水のごとく話が流れ出しました。今更の話ではありましたが、こんな恐い夢を見たとかこういう時はイヤなのだとか、少し正面から向き合えたような気がします。
    良くも悪くも激情に駆られた時、伝えたいのは私(母)だそうです。とりあえずは悩む様子もなく、思いを伝えられる相手がいるのだということに安心しました。

    なかなか思いを言葉にするということって伝えにくいのですが、この本では実感を伴って掘り下げて考えられるようでした。
    「この本を読んだから、こんなに喋りたいことが出てきたんや」とのことでした。

    掲載日:2007/08/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気持ちってなに?

    面白系の絵本を読む子なので、読まないかな?まだ早いかな?と思

    いながら、とりあえず買った事を伝え本棚に置いておきました。

    小学二年生の宿題にどんな気持ちが書きましょう。

    テストでは主人公の気持ちはどれですが、次から選びましょう・・。

    国語の時間に、「気持ち」という言葉がよく出てきます。

    気持ちを言葉で表すのが難しかったらしく、本棚からこの絵本を出して

    きて、「あっ、これが気持ちかぁ。」と納得していました。

    この絵本を読んでからは、気持ちに関する問題がスラスラと解けるよう

    になりました。

    掲載日:2016/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちを確認して伝える大切さ

    たまたま絵本探しをしていて
    レビューが目にとまり、興味を持ったので
    図書館で探してみました
    開いてみると内容的にはもう少し上のお子さんが
    読むもののように思いましたが
    全部は理解できなくてもという思いで
    借りてみました
    すごく丁寧に気持ちについての言葉や説明が
    描かれています
    どうしようもない気持ちのもっていきかた、向き合いかた
    小学生くらいで、家庭やお友達との関係が難しくなってきた
    お子様に読むというよりは、
    きっかけづくり、カウンセリングに用いれるような内容に思いました
    とてもいい本だと思います
    必要とされる場がたくさんあるように思います
    こんなふうに丁寧に気持ちを向き合えたら
    少年犯罪やいじめもぐっと減るんじゃないかと思いました
    息子は子供たちの描いた絵に大変興味をもったようで、
    食い入るようにみていました
    気持ちをあらわす言葉にも、知らないものが
    あったので、
    私自身、なんて説明すればいんだろう
    大人だって説明しづらい複雑な気持ち
    子供もどうしていいかわからずものにあたったり
    パンチしたりしてしまう事もあるでしょう
    それを言葉で伝えていけたらいいねというお話をしました
    子供と対話しながら読める絵本で、おすすめでした。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が楽になる絵本

    気持ちをうまく伝えられない、そんな人に読んでほしい絵本です。
    子どもだけではなく、大人が読んでも、なにか得るものが多い絵本だと思います。
    人によっては、心の荷物がおりたように、スッとするかもしれません。
    子どもの素直な絵とともに書いてある文章。心に自然と溶け込みました。
    自分の気持ちを押し込めるのではなく、相手に伝えることの大切さ、相手から気持ちを伝えられたら、誠意を持って答えることの大切さを教えてくれます。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本を通して伝えたい・・・

    人間にはたくさんの気持ちがあります。凄まじい速さの時代の流れ、人間関係の複雑化、うまく順応できずに心を閉ざしてしまう人がたくさんいます。この本は、包み込むような語り方で、読み手の気持ちを受け止め、そして、そんな時はどうすれば良いのかのヒントを与えてくれます。

    随所に使われている『気持ち』を描いたこども達の絵は、5歳の娘の興味を引き、本文へとスムーズに誘導してくれました。16項目で構成された色々な『気持ち』。毎日少しずつ、丁寧に読み聞かせています。「こうしなさいね。」という感じではなく、詩を読むように・・・ときおり気持ちを聞きながら、読んでいます。
    『大切なのは、自分の気持ちを正直に受け止め、どう表現するか。そして、大人たちは聞き上手であること。』この本は、そう語っています。

    自分の気持ちを伝えるのが、あまり得意ではないうちの娘。あなたが感じる気持ちは、どれも間違えではないんだよ、自分で受け止めきれないときは、ママがいるよっていう想いが、伝わるといいなと思います。気づきと優しさを教えてくれる一冊です。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の成長ととに

    • は〜ゆ♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子8歳、男の子8歳

    いろいろな気持ちが子ども達の描いた絵と
    具体的なお話を交えながら書いてあります。
    1人で心にためないで、誰かに話してみよう。
    そして自分も友達の気持ち聞いてあげよう。
    喜びは2倍、悲しみは半分になる。

    楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、くやしいこと
    何でも話してくれる息子たちでした。
    学年があがるにつれて、つらい気持ちは心に秘めることも
    でてくるようになりました。
    何かのはずみで悲しそうにポロッと言葉にでてしまう時、
    「どんなことでもおかあさんに話してほしいな」
    と、これからも声をかけてあげたいと思います。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 嬉しい気持ちが2倍、悲しい気持ちが半分

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    子ども達の絵をたくさん盛り込みながら学ぶ、
    CAP(子どもへの暴力防止)プログラム用の絵本。
    気持ちについて考え、それを伝える方法、受け止め方。
    嬉しい気持ちを人に伝えると、それは2倍になり、
    悲しい気持ちを人に伝えると、それは半分に減る。
    子ども向けのメッセージですが、
    受け手となる大人もしっかりと意識していないといけませんね。
    もちろん、大人だって感情を人に伝えることは大事ですもの。
    まずは自分自身の心の健康維持のために、
    そして、大事な我が子のために、心がけてみませんか?

    掲載日:2007/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直に気持ちを伝えられたら。

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    子供たちが描いたさまざまな「顔」が載せられています。笑っていたり泣いていたり、怒っていたり無表情だったり。そう、親の目を気にしていい子である必要はないのよ。あなたはあなたらしく生きればいい、親はいつでも見守っているから。
     暖かいメッセージを通して、育児での不安に差しかかったときどうしたらよいのかを「子供の目線」で書かれています。
     この本は年齢関係なくできるだけ幼い内から目にしておくと、あとで「この本、なんでこんなこと書いてあるんだろう」と子供が自分で考えるようになるのではないでしょうか。全く内容が分からなくても構いません。「この顔がおかしい」それも素直な感情の表現です。後で読み返せば読み返すほど相手を思いやる気持ちがぐっと込み上げてくる本です。読み聞かせはもちろん、そっと子供部屋の本棚に立てておき、いつか気付くのを待っても良いと思います。

    掲載日:2007/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット