十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

そらとぶおうち」 みんなの声

そらとぶおうち 作:槇 ひろし
絵:前川 欣三 槇 ひろし
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2007年03月
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,312
みんなの声 総数 13
「そらとぶおうち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 不思議な世界だ

    本当に不思議な世界です。
    この絵だから違和感なく入り込めるのかもしれません。
    子供の絵が動いているのか
    現実なのか、わからなくなってきました。
    でも子供が想像する世界ってこんなかもしれませんね。
    とっても素敵な世界です。
    パパ、ママも参加していて楽しい!
    大きな紙にお絵かきしたくなります。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢の世界

    落書きの世界を冒険しているお話でした。落書きで書いたものが次々に現れるというお話で、うちの子はこのストーリーにとっても引き込まれていました。私も大人ながらこういったことが起こったら素敵だなって思わされました。楽しかったです。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動きがあって奇想天外

    お友だちから本を譲ってもらったのですが、その中で特に息子のお気に入りとなったのはこの本です。

    掻いた絵からいろいろ出てくるとか、うちが木の上に動く、空を飛ぶなど、動きがあって奇想天外なところが気に入っているようです。

    息子は『くいしんぼうのあおむしくん』も好きなので、親近感がわいたのでしょうね。

    ちょっと怖い場面もありますが、それが冒険の要素を高めているようで、楽しかったようです。

    子どもの空想を絵本にしたようでおもしろかったです。

    掲載日:2009/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵のお話?現実?

    表紙の絵が飛行機になっていて
    それがとても気になったようです。
    息子と読んでみました。

    いろいろな絵を描きます。
    ライオンだったり、ママだったり・・・
    それが段々ストーリーになっていくから
    書いていく世界って無限大ですね。
    でも、それが現実なのか絵の世界なのか
    ごちゃまぜになってきて、不思議でした。

    絵を描きたくなるお話でした。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢が広がります

    • キョッチさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳

    子供が描いた絵から広がる想像の世界…とでもいうのでしょうか。
    絵で描いた動物が動き出したり、商店街が本物になってお買い物に出かけたり。極めつけはお家が空を飛んで無人島で大冒険。
    絶対に有り得ないんだけど、こんな事があったらすごく楽しいなぁ…なんて思っちゃうストーリーでした。
    家の5歳の息子も絵本に向って「ありえなーい!」なんて突っ込みながら大喜びでした。

    掲載日:2009/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新な表紙

    斬新な構図の表紙に心を奪われたのでこの絵本を選びました。表紙を見るだけでも作者のセンスの良さを感じられる絵本でした。子供の好奇心がとても素敵なアイデアを生むことをこの絵本の主人公たちから教わりました。主人公たちのアイデアは最高にかっこよくて私も是非このアイデアを取り入れて将来家を作ってみたいなと思いました。絵を描く楽しみももっともっと増える絵本だと思いました。お父さんやお母さんが子供たちの意見に耳を傾けて協力しているのもとても素敵だと思いました。

    掲載日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 書いた絵が現実になって(?)夢のようなお話です。
    お家が、空を飛んだらおもしろいだろうなあ・・・・キャンピングカーがあるくらいだから、将来実現したりして??・・・・
    きっと絵も上手くなるよ。バナナが食べたくなったら、バナナの絵を描けばいいんだから、それには、上手く書かないとね!
    想像するだけで、楽しくなり幸せになります。ママの絵が美人でなかったから、書き直しがおもしろいです。やっぱり、ママも女なんだと思いました。夢を見える絵本です。

    掲載日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現実?空想?

    たけしくんとひろみちゃんが描いた絵が、現実になってしまうお話です。

    読んでいて、何処までが現実で何処までが空想なのかが分からなくなってしまうような感覚でした。
    でも、日常の子どもたちはいつもこの現実と空想の狭間で生活しているんじゃないかな?って思いました。

    夢のような世界で面白かったです(笑)

    掲載日:2008/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお家あったらいいね〜。

    子どものころって、いろんな空想をして楽しんでいたな〜!!

    って、なんだか子どものころの自分が懐かしく思い起こされるお話だな〜って思いました。

    お家が高い木のうえにあったり、空を飛んだり、

    おうちに幼稚園がくっついていたり・・・・

    この自由な発想、すごく素敵だな〜!!って思いました。

    息子も、お家が飛んでいる絵を見て、

    『お家が飛んでる〜!!』ってすごく興味をもったみたい。

    こんな自由な発想こそ、子どもにとって必要なものなんじゃないかな〜と思いました。

    掲載日:2007/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな家に住みた〜い♪

    自分の描いた絵が動き出す!なんて楽しいのでしょう♪
    うまく描けないところはそのままに。。想像したことが
    そのまま現実のものになるんです!!
    夢いっぱいでワクワクしてきますね^^☆
    長男も空を飛ぶおうちがうらやましくて、
    こんな家に住みた〜い♪と叫んでいました(笑)
    大きくなったら、作ってくれるそうです♪
    夢と現実があやふやな子どもの心を垣間見たような
    素敵なお話でした^^☆

    掲載日:2007/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット