うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ジークの魔法のハーモニカ」 みんなの声

ジークの魔法のハーモニカ 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:木坂 涼
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1997年
ISBN:9784883301171
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,463
みんなの声 総数 8
「ジークの魔法のハーモニカ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スタイグ的絵本

    『ロバのシルベスターとまほうのこいし』や『馬車でおつかいに』につながる、スタイグらしい絵本だと思います。
    ブタのジークが、ゴミ集めの車から落とされたハーモニカをきれいにして曲を弾いてみたらそれは魔法のハーモニカでした。
    ゴミを磨いても汚いものは汚いと思うのですが、魔法のハーモニカを演奏すると周りが眠くなってしまいます。
    家族が眠ってしまったことに腹をたてたジークは家を飛び出してしまいますが、実は家族が眠ってしまったのはハーモニカのせいだったとわかり、自分の家を懐古し帰ろうと願います。
    冒険の中でハーモニカに助けられながら、家に戻ったジーク。
    展開がスタイグ的?
    スタイグの絵はほのぼのとした画調で多く外れることはないように思います。

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • はらはらしました

    『ロバのシルベスターとまほうのこいし』を読んだ時と
    同じように、この絵本も読んでいてはらはらどきどきしました。
    ジークが道でひろった魔法のハーモニカは、その音を聴くと
    みんな眠りに落ちてしまいます。
    でも、ジーク以外のものが吹いても眠りに落ちないのね。
    ということは、やっぱりジーク自身にも素敵な才能があったと
    いうことなのだろうなあ。
    最後には家族の元に戻ることもできて、ふつうのハーモニカで
    コンサートもひらくことができるようになってよかったね。

    掲載日:2012/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族愛

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    魔法のハーモニカとはしらず、ハーモニカを吹くと家族が眠ってしまう事に不満を持って、家出をしてしまうジーク。

    子どもが親の気持ちを汲み取りきれず、親のことがうっとうしくなる時期があります。
    スタイグの作品では、子どもが姿をかくしてしまい、親がどんなに嘆いているか、子どもを心配して愛しているを感じさせるものがあります。
    このおはなしも、ジークの冒険話がメインでしょうが、いなくなったジークを心配していた両親の様子が目に浮かびます。

    小学生高学年の子どもたちに楽しく読んでもらえると思います。
    そして、反抗期に入り始めた子どもたちに、ちょっと親の気持ちがわかってもらえたらいいかな。

    自分のことを分かってくれないと不満を持っていたジークですが、家族に原因があったのではないと気が付くところが、子どもたちに自分を重ねてもらいたいと思います。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストーリーに起伏があり

    魔法のハーモニカを見つけたジーク。魔法のハーモニカであることを家族の誰も信じてくれません。信じてくれないので、家出してしまうのが、すごい展開だと思いました。

    「くぎになったソロモン」も読んだのですが、このお話と同様に、悪者が出てくるのに、ハラハラドキドキしました。

    絵本ですが、ストーリーに起伏があり、息子はかなり喜んで読んでいました。

    掲載日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな魔法だったのでしょう

    ある日偶然ひろったハーモニカ。
    ピカピカに磨いて毎日練習してふけるようになって。
    まず物を大事にすることが、とてもいいことだなあと
    思いました。

    家出してトラブルにまきこまれ
    ハラハラ、ドキドキ。
    なんとかおうちにたどり着いた時には
    息子と二人ほっと一安心して。
    家族で一緒にいる方がいいよねって。

    ハーモニカを子守唄に使うのはいいことだねって
    嬉しくなりました。
    うちの子がぐずぐずの時に使いたいなあ・・・・

    掲載日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供達に好評!

    • ぽた子さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    小学4年生の読み聞かせに使いました。
    何冊が読んだ中で、一番面白かったと好評でした。

    ジークの気持ちが子供達の気持ちに近いのかな?
    最初は、ジークのハーモニカを聴いて「さすが、私の息子!」と絶賛してくれた家族。
    でも、そのうち、高いびきをかいて寝てしまった家族に対して、「いつも僕のことを愛しているって言っているくせに〜」とか「これが家族なのか〜」と嫌気がさして家出してしまう気持ちとか、共感できる部分があるのかもしれません。

    それから、子供達の大好きな冒険話。
    一人でいかだに乗って川を下っていくあたり、これからどうなるのかとわくわくします。
    悪い野良犬3匹組につかまって、絶体絶命の大ピンチ。
    これを切り抜けられたのは、なんとハーモニカのおかげ。
    でも、このハーモニカは、ゴミ収集車が、偶然、ジークの前に落としていったものなのですから、不思議です。

    最後は、無事に家に戻れて、子供達もほっとしている様子でした。
    そして、その後の、ハーモニカとジーク。
    感心している子も、多かったですよ。

    掲載日:2007/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 隣の家族のことみたい

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    私の周りの絵本好きな人の中に、スタイグのファンは多いのです。(ろばのシルベスターのぬいぐるみを持っている人も複数あり)
    私は、それほどのスタイグ好きではないのですが、一読して「まあまあかな」なんて思っても、何故か印象に残っていたり、もう一度手に取ってしまったりするものが多いのです。
    どうしてか考えてみましたら、スタイグの話って、ファンタジーなのに、なぜか日常に妙にマッチしているのです。
    家族の雰囲気とか、主人公の行動とか、決して突飛ではなく、隣の家族のことを描いているみたいな気がするのです。
    それにプラスして、この物語には、どことなくお間抜けな雰囲気が流れていて、とってもキュートです。
    設定は独創的なのに、妙に泥臭い感じが、ファンの心を握って離さないのかもしれません。

    掲載日:2007/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなハーモニカがあったら良かったな。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    コブタのジークが拾ったのは ゴミ収集車から落ちてきたハーモニカ。
    でも…これは魔法のハーモニカだったのです☆
    (どんな魔法かは 読んでのお楽しみにしておきますね♪)

    このハーモニカの魔法のせいで 家族の事を誤解して
    家出をしてしまったジークですが
    森は怖いことがいっぱいでした。
    誤解も解けて 命からがら家にたどり着いたジークを待っていたのは…

    最後はやっぱり
    家族の大きな愛を感じる絵本でした。
    (スタイグ氏の絵本で 私がいつも感じることです。)

    そして 面白かったのは…
    ジークは 拾ってきたハーモニカを 
    きちんと消毒してから口に持っていったり
    フラフラになって帰ってきた時でも
    ドアマットできちんと足を拭いてから 
    倒れたりする場面でした。
    普段の生活の中で
    「こうであって欲しい…」と思う大人の気持ちを
    代弁している様で可笑しかったです。

    それにしても…こんな魔法のハーモニカがあったら
    赤ちゃん時代の子育ても 楽々だったろうなぁ(笑)

    掲載日:2007/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット