貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス)
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ふってきました」 みんなの声

ふってきました 作:もとした いづみ
絵:石井 聖岳
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年01月
ISBN:9784061323407
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,565
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 色々な生きものが降ってきます

    このお話は、お花を摘んでいた女の子の所に空から色々な生きものが降ってくるお話でした。うちの子は大きな動物も普通に降ってくるのが面白かったみたいで、「こんな大きさの生き物降ってきたら大変じゃない〜!?」って言いながら大笑いで見ていました。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • お母さんに読んであげてね

    • あんぴかさん
    • 50代
    • その他の方
    • 宮城県
    • 女の子19歳、女の子12歳

    今日、図書室に来ていた支援学級のお子さんに読み聞かせした本です。 
    ネタバレすると
    「今にも降りそうな空模様」から降ってきます。。。なにが降ってくるかというと。。。
      ワニが! どずずん   ゾウが!! どかしーん  
       シマウマ、ライオン、パンダが!! !  どかどかごろごろごろん
    そして、一緒にお花を摘みます。 お母さんにプレゼントするために^^
      そしたら〜〜〜  お母さんも 降ってきます!!!!
      くるっ すたっ! と着地してカッコイイです(#^▽^#)
    お母さんにみんなで摘んだお花を花束にして渡します。  
      「お母さん、お誕生日おめでとう!」 
      きょうは ふってきて ほんとうによかった。 で しめくくり。 
    ホントほんとに よかったね♪

    とてもウケてもらえました^^
    「お母さんに読んであげてね」と渡したら、うれしそうに借りていきました。
    この子のお母さん、この本をこの子に読んで貰ったら、 嬉しいだろうな と私も嬉しくなりました。
    支援がいる子も 誰かを 特に大好きなお母さんを 喜ばせたいと思っている。
    そのお手伝いができたようで嬉しい日でした^^

    掲載日:2013/10/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • アクティブで楽しいお母さんと一緒に

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    女の子向けの可愛らしいナンセンス絵本です。
    長新太さんなんかのナンセンスさとは違った斬新さがあって、楽しいです。
    しいていうと、表紙絵のインパクトがちょっと薄いかな?
    中身の面白さがこの表紙だとあんまり伝わってこないので、本屋さんや図書館の棚にちょこんとおいてあるだけでは子どもたちの手に渡らないんじゃないかな?って、気がしました。(ちょっと残念です)

    文章は的確に必要なコトバしか使われていないので、想像力が広がります。
    1ページ1ページめくるのがとても楽しい作品です。
    このお話ではお花もたくさん出てくるし、全体的に黄色が多く使われているので、明るい春の4月から5月くらいに読むことをお薦めしたいです。
    と、なるとこの時期、『母のイベント』がありますよね?
    “母の日”の辺りに読んで見たら面白いかもです。
    よく見たらこのこのお話のお母さんってば、スカート姿にサンダル履きでダイビングしちゃうという、とってもアクティブで楽しいお母さんですから、この本をお子さんに読んであげながら自分の(お母さん自身の)面白さを一緒にアピールできたら、お子さんとワクワク楽しいひと時を過ごせそうです。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 音を言葉で表現

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    どんより黒い雲の絵を見ながら
    「今にも振ってきそうです」と言われたら
    普通ねー、そりゃー雨って思いますよ。
    でも振ってきたのはワニでした。
    続いて像、ライオン、しまうま、パンダ・・・。

    音がいいんですよ。
    物が落ちる音ってドスーンとかですよね?
    ワニが落ちる音はどずずん!
    像はどかしーん!です。
    落ちた物の重量感や落ち方を言葉で表現するのは
    なかなか難しいと思います。
    いつか娘が作文を書くときに
    こういう表現を使ってくれたら嬉しいなーと思います。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • びっくりしました

    雨じゃなくてわにとかぞうとかふってくるからびっくりしました。

    こんなのがおちてきて、したじきになったらこわいです。

    きれいなはなたばがでてきてよかったなあと思いました。

    おかあさんもふってきたからびっくりました。

    いろいろふってきたらこわいけど、たくさんおもしろいことになるからいいなあって思いました。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵本ならではのユーモア

    空から動物降ってくるお話しなのですが、その発想に脱帽しました!すっかり大人になって頭固くなってたなって実感させられました。
    子供が0歳の頃から読み聞かせしていますが、2歳の息子なら空から動物って降ってくるって本当に思えるのかなーって時折思いながら一緒に読んでいます。息子は0歳の頃から比較的この絵本が好きなようで飽きずに聞いてくれています。2歳になってからは一人で棚から取り出して、絵本を見ながら、好きなようにお話しを作って読んだりしているのを見かけます。

    掲載日:2017/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいお母さん

    表紙絵からは想像がつきませんが、かなりぶっ飛んだ展開です。
    怪しい空模様、でも、降ってきたのは、動物たち!?
    つるこちゃんがお花摘みをしていると、動物たちが降ってきて、
    邪魔をしたからと、お花摘みを手伝ってくれるストーリー。
    そもそも、つるこちゃんのペットはカメ。
    ゾウ、パンダ、ワニなど、そうそうたる動物たちにビックリです。
    でも一番の驚きは、空から降ってきた??お母さん。
    なんてかっこいいのでしょう。
    つるこちゃんの気持ちにもほっこりです。
    幼稚園児くらいから、おはなし会では盛り上がりそうです。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアとナンセンス

    「ふってきました」というタイトルと
    いまにもふってきそうなそら。。グレーで始まると、
    私なら雨の前触れとしかイメージしません。
    そんなところで、
    つるこちゃんという 最近はあまり聞かない名前の女の子登場。
    顔つきも髪型も表情も個性的な気がします。
    ふってくるのは どう考えても現実的ではないし、
    何なんだろう。。この絵本の趣旨は?と思ったけれど
    最後に現れたのは。。カッコイイですね。
    とても嬉しい笑顔になれるお話だと思いました。
    何度もくりかえし読む絵本というより、
    初めて読んだときが1番楽しめると思いました。

    掲載日:2016/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふってきたのは

    ぞうだったり、パンダだったり、色んな動物がふってきます。

    凄く意表をついた展開で面白く、最後に降って来たお母さんがとてもかっこいいです。
    驚きの展開続きですが、物語自体はのほほんと進んでいき、最後の一文がとても心地よいです。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年生の読み聞かせで

    1年生の読み聞かせで読みました。
    「いまにもふってきそうなそらです」から始まり、女の子がお花を摘んでいる穏やかなシーンから始まるのですが、なんと空から降ってきたのは「ワニ」。その後も、像やライオンやしまうまなどなど、意外なものが空からふってくるのです。
    「どずずん」「ぐわし」「どんごろごろごろごろん!」という動物が落ちる音が難しいのですが、繰り返しの効果もあって楽しく読めます。
    子供たちもクスクスと笑いながら、楽しそうに聞いてくれました。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おふくさんのおふくわけ』服部美法さんインタビュー

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット