もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

まいごになったおにんぎょう」 みんなの声

まいごになったおにんぎょう 作・絵:エドワード・アーディゾーニ
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1983年
ISBN:9784001151442
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,032
みんなの声 総数 12
「まいごになったおにんぎょう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ベストパートナーとの出会いを信じて。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    ちいさなお人形のお話し。

    持ち主の女の子は、お人形を気に入っていませんでした。
    ですから無くなったことにも気付かず、探すこともしません。

    スーパーマーケットの冷凍庫に落ちた、ちいさなお人形。
    誰にも知られず、ひとりぼっちになってしまいました。

    ある日、小さな女の子がお人形を発見します。
    しかし「お店のものに触ってはいけない」いいつけを守り、
    見つめるだけの女の子。

    次に買い物に行く時、お人形にプレゼントを持っていきます。
    温かな帽子とコートを縫って。
    また次も、また次も・・・

    女の子はお人形を思い、お人形も女の子を思う。
    どちらも健気でとても可愛らしい!

    もしひとりぼっちだと感じても、きっとあなたを必要としている人がいる。
    あなたを見ていてくれる人は、どこかに必ずいる。

    小さなお人形の喜びが、大きな安心を与えてくれる絵本です。

    スーパーの冷凍庫の底を覗いてみたくなります。

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • わくわくする秘密の出会い

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    どちらかというと女の子が好きそうなお話かもしれませんが、
    小1の息子も「この本おもしろい!」と喜んで読んでいました。

    とあるスーパーマーケットの冷凍庫のなかに落ちてしまった小さなお人形。
    もともとの持ち主の子はそのお人形を気に入っていなかったらしく
    ぞんざいな扱いでした。ちょっとさみしいな・・と読んでいたら
    別の女の子との出会いがあります。
    その女の子はすぐに持ち帰るようなことはしません。
    (お行儀がいいのです)
    お母さんと協力して、冷凍庫で寒そうなお人形のために豆粒くらいの
    帽子やオーバーを作って持ってゆきます。
    一方、お人形はそれらを喜んで受け入れ、楽しく過ごします。
    マッチ箱をベッドにしたり、冷凍グリンピースをボールにして遊んだり。
    そうしておたがいじっくりと知り合えたころにようやく
    女の子はお店の人に了解を得て、お人形をうちに招き入れます。
    そこにはおあつらえむきのドールハウスが。
    お友達もできて、お互いにハッピーエンド♪
    そんなお話でした。
    ドールハウスで空想に浸りながら遊んでいた少女のきもちに戻れるような、ワクワクする1冊です。
    絵はモノトーンで地味ですが、その分じんわり落ち着いて読める気がしました。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夢いっぱい

    小学生の頃に出会い、学校の図書室に他の人にとられないようなところにおいて、毎日読んでいました。
    ごっこ遊びが好きな子供時代、もし人形が友達のように話してくれたら。。とよく思いました。
    そんな気持ちを反映してるかのような、すてきなおはなしだと思います。
    色使いや、細かく描いてるところが何度見ても飽きない
    !と今になって思います。

    掲載日:2007/07/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 良かったね

    お話の始まりは、ちょっと辛いものでした。
    人形なのに、持ち主の女の子にかわいがってもらえないのですから・・・
    スーパーの冷凍庫で、たくましく生きていくのですが、あるとき新しい出合いがあります。

    小さな人形が、かわいく見えた女の子とお母さん。
    その一方で、人形に冷たかった女の子と、レジ係の女の人。

    見る人によって、こうも違った扱いになるものかと、驚きます。

    掲載日:2014/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとなのめせん

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     こどもは名探偵ですよ、いつも。
    それにくらべて大人は杓子定規になることが、なんと多いことか。
    「これは、な〜に?」と問われた挿絵。ポケットの中のお人形は、そう虎印のマッチと一緒に描かれています。どうやら、いたずら好きに思わせたいようです。
    もうひとつ、マッチ箱が描かれています。連れて帰ることになる後の女の子が、お人形のために縫った帽子とオーバーコートを、プレゼントとして入れる箱です。お人形さんはそれを、ベッドにして活用もします。こちらはグッドアイデアですが・・・。
     挿絵の巨匠と言われたアーディゾーニさんにしては、おとなのめせんで描きすぎたように感じました。こどものめせんは、鋭いのです。ごめんなさい。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残酷な子供と優しい子供が登場する話です。残酷と言っても、本当に残酷なわけではなく、自分の人形がたまたま好きじゃなかっただけのことで、どちらも本当の子供らしさだなと思いました。でも、願わくば、自分の子供には後者であって欲しいと親は願ってしまいますよね。

    前半はとても楽しくて、ああ、人形どうなっちゃうんだろう?と思いハラハラしたりしましたが、当の本人は、案外、生命力(?)が強くて、売り物のアイスクリームを食べてしまったり、グリンピースを球代わりにして遊んじゃうなんて、びっくりしました。 

    結末をどうもって行くんだろうと読み進めるうちに思っていたのですが、なんか正直なところ、面白みにかけた終わり方だったので、最初のハラハラ感が続かなかったのが残念でした。

    どちらかというと女の子向きの話かもしれません。

    掲載日:2012/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 情景を想像できる

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    冷凍庫の中に落ちてしまったお人形が、新しい持ち主に出会い、引き取られるまでのお話が、子供の目線で判りやすく描かれた物語です
    お人形を見つけた女の子は実に堅実な性格で「お店のものはいじってはいけない」を守りながら、自分のできることをお人形にしてあげます
    ぼうし、オーバー、セーター、・・・・
    女の子ならままごと遊びで読みながら次々とその情景を想像できると思います
    自分も昔、人形のきものや、洋服をせっせと手作りしたことを思い出しました
    お店の人のそっけなさにはがっくりですけど、もしかしたら恩着せがましくなくてよかったのかな・・・?
    ドールハウスで暮らせることになった人形に心から安心できます

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人形のキュートさとバイタリティ

    まいごになったお人形が、新しい出会いまでのお話ですが、なによりもこのお人形に魅力を感じました。
    どんなに可愛くても、性格が良くても、「性格の不一致」はあるもの。
    人形にとって、最初の持ち主は良い人ではありませんでした。
    そのままでいたら、きっとこのお人形は不幸のままだったのだろうな。
    お人形にとって、迷子になることはとても良い旅立ちだったのです。
    スーパーの冷凍食品の売り場で落とされたお人形は、とても魅力的にたくましく生活を始めます。
    まるで人間のように、人間以上に。
    めげないところが素晴らしいですね。
    「したたかに?」生きていこうとするエネルギーが素晴らしくもあり、コケティッシュでもあり、なんだか魅力的。
    そんなお人形を気にかける女の子が現われました。
    女の子は人形の生活に驚き、惹かれ、そして着る物をプレゼントするようになります。
    人形にとって、とても素晴らしい出会いでした。
    お人形のエピソードは、微笑ましくもあり、ユーモラスでもあるのですが、なにしろ冷凍室は氷の世界。
    人形のたくましさを感じました。
    つっけんどんなレジ係の女性とは対照的なとても温かい母子の家に、人形は連れ帰ってもらうことができました。
    そこで自分の仲間ができたことがさらに良かった。

    とても楽しいお話ですが、考えさせられるエキスもいっぱいでした。

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お人形との出会い

    お人形との出会いが、スーパーに行くのを楽しみになった優しい女の子に出会ってよかったです。やっぱり、独りぼっちではつまらないし、人形にもお友達が出来て話す相手が出来てよかったと思いました。女の子のおかあさんがとても素敵で、青いビロードでオーバーをたってくて、それを女の子が縫ってとてもしっかりしたオーバーが出来上がりました。女の子がおかあさんが見方でとても心強いと思いました。優しい女の子の家の子になってお人形は幸せだと思いました。やっと安住の地を見つけられて安心しました。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好感が持てるお話です

    前から読みたかった本ですが、近くの図書館になく取り寄せてもらいました。

    スーパーの冷凍庫に落ちてしまったお人形。

    お人形に気付き、服を作ってあげる女の子の優しさがいいなあと思いました。

    どちらかというと女の子向けなのかもしれませんが、お人形がどうなるのか?息子もとても気になったようでした。

    スーパーのものだから勝手に持って行ってはいけないと思う女の子の行儀のよさにも好感が持てました。

    今時の本からすると地味な印象に感じる本かもしれませんが、子どもたちに読んでほしいお話だと思います。

    岩波の子どもの本シリーズ、やはり良い作品が多いですね。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット