うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ミステリー おいしい博物館盗難事件」 みんなの声

ミステリー おいしい博物館盗難事件 作・絵:アーサー・ガイサート
訳:久美 沙織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年
ISBN:9784776401421
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,105
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 説明されるまでわかりませんでした

    推理本が大好きな小学校3年生の娘と読みました。
    博物館へ模写をしにいくコブタちゃん。絵の一部分が切り取られ、模写が張り付いているのをみつけます。持ち前の洞察力で、犯人を探すコブタちゃん。娘も私も説明されるまでまったく誰が犯人かわかりませんでした。
    真相が分かってから見返して見ると、「えー犯人いたんだ」とかいろいろ手がかりが見えてきました。
    アーサー・ガイサートの絵は『あかりをけして』を読んで素敵だなと思いました。こちらの絵本でもたっぷりと素敵な絵を堪能できます。博物館に展示されているのは、著書の一場面のようなので、他の絵本も読んで発見してみたいです。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 模写

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    緻密な銅版画が魅力のアーサー・ガイサートさんの作品。
    コブタの少女「わたし」が主人公。
    おじいさんと一緒に博物館で模写をしていた「わたし」は異変に気付きます。
    いくつかの絵が一部分切り取られ、模写とすりかわっている!
    さあ、謎解き開始です。
    現場に残された数々の痕跡から、アライグマが容疑者に浮上しますが、
    「わたし」はさらに推理を働かせ、真犯人を割り出すのです。
    それも、「わたし」は模写が得意だったからこそ。
    模写における観察眼が決め手だったわけです。
    博物館の休館日に模写の時間が設けられているって、素敵だと思いませんか?
    海外では、こういうサービスをよく聞きます。
    いい環境ですね。
    そして、模写の威力がしっかり描かれていて、嬉しくなりました。
    大切な技法ですからね。
    緻密な銅版画での表現が実にマッチしています。
    ラストでの、「わたし」の満足そうな表情が何ともいいです。
    でもね、よおく見ると、真犯人が何かしていますよ!
    オチまでついているとは、恐れ入りました。
    ちなみに、最初のページでも・・・!
    隅々までお楽しみください。

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 探偵ごっこ

    美味しい博物館盗難事件を解決できた小さなコブタは、好奇心旺盛でなんにでも疑問を持ちその先を知りたいと行動するから、将来なりたいことがわかってよかったと思いました。将来はまだまだなりたいことが変わるかもしれませんが、子供のうちからなりたいものに向かって努力できるから羨ましくなりました。警察の似顔絵画家か探偵と自分の進路、夢を追うことが出来るからいいなあって思いました。

    掲載日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に謎ときをしてみよう!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    普通に面白いです。
    ただ、副題に「おいしい博物館盗難事件」なんてあるので、もうちょっと泥棒らしい泥棒が登場するのかと思っていたら、結構あっさりと犯人神遣っちゃうし、それほど大事でもなかったので、もうひとつ私の中では盛り上がらなかったかな。
    とわ言え、博物館の話なので、たくさんの美術品が登場します。絵の好きな人、工作の好きな人には魅力的かも!
    また、作品の謎ときがそれほど難しくはないので、逆に小さいお子さん(小学校低学年くらいから)でも、一緒に謎ときができる楽しさがあるかもしれません。

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 謎を解明しよう!

    最近、探偵物だとかとにかく推理することにすっかりはまってしまった
    息子。そんな息子と一緒に楽しめるのでは?とおもって
    本屋さんでみつけて衝動買いした絵本です。
    タイトルに「ミステリー」とつくだけあって
    ホントに謎がいっぱいの絵本。いろんなところに目を光らせていると
    ヒントがたくさん隠されているのですが・・・
    なかなかの難問で謎を解くのがたのしい!
    こぶたちゃんが謎を説明するところを読むと、
    「わ〜、こんなに捜査を錯乱させてる○○○って、天才かも?」
    って思うほどに謎解明のお話しもおもしろいのです。
    推理好きの息子も大満足の絵本でした。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の一部を切り取ったのは・・・?

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    博物館に連れて行ってもらったこぶたちゃん。ところがどうもおかしい。どの絵の一部が欠けているのだ。誰がこんなことを・・・?思い立ったこぶたちゃん。犯人探しに乗り出します。

    これが銅版画ということで繊細さに驚きました。
    推理小説を絵本にした謎解きです。全てのページに描かれている絵にヒントが隠されています。この一冊だけで30分弱楽しめました。じっくり見つめると謎が解けてきますよ。年齢に関係なくミステリのお好きな方に。

    掲載日:2007/02/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット