十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

きょうはよいてんき」 みんなの声

きょうはよいてんき 作・絵:ナニー・ホグロギアン
訳:あしのあき
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1978年
ISBN:9784593500222
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,749
みんなの声 総数 9
「きょうはよいてんき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みかえりがないと人は動かない?

    「みかえりがないと人は動かないよ」と
    昔誰かが言っていたのをこの本を読んで思い出しました。

    おばあさんのミルクを飲んでしまって尻尾を切られたきつね。
    尻尾を取り返すためにあなたの助けが必要だと、うし、くさ、
    きれいな娘さん等々に訴えます。きつね、あなたは助かるけど、
    それで?と言われた側は思うのでしょうか?

    自分がしっぽがなくて仲間に馬鹿にされるからと
    必死になるきつねですが、最後に見返りを求めず
    きつねに同情した親切なおじさんに助けられます。

    いつまでこの交換条件は続くのだろうと読んでいて
    途中一息つきました。はじめからおばあさんに一声
    かけていたらこうならなかったのに。。。
    きつねもこの事でひとつ勉強になったね。と親子で
    社会の厳しさを教えて貰った気がします。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • この世は厳しい!

    そこにあったおばあさんの牛乳を飲んでしまったために、しっぽをちょんぎられてしまったきつね。仲間のところに戻って笑われないために、しっぽを返してもらわなければなりません。でも交換条件はなかなか厳しく、そう簡単にはいきません。最後にはやさしい人に助けられて無事にしっぽを縫い付けてもらえましたが、牛乳はずいぶん高くついたようですね。この世は甘くないようで、しかし、無条件の優しさに助けられることもある、意外に奥の深い話だと思います。

    2歳の息子に読みました。交換条件というのがまだあまりよく理解できていないようですが、それでも話の繰り返しを楽しんでいました。

    あまり馴染みのないアルメニアの民話ですが、あまり文化の違いを感じることなく読めるような気がしました。

    掲載日:2010/07/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • しっぽをちょきん!

     散歩の途中でのどが渇き、おばあさんのミルクを勝手に飲んでしまったきつね。怒ったおばあさんは、きつねのしっぽをナイフでちょきん! 何とも残酷な始まりに、娘も目をぱちくり。でも、国を問わず、民話や昔話には、残酷なシーンもつきものですね。驚きながらも、ぐいぐいとストーリーに引き込まれていく面白さがあります。この絵本も、コルデコット賞にふさわしい作品。最後の「めでたし、めでたし」的な終わり方も、安心して子どもに読んであげられる理由の1つになっていると思います。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 教訓的なはなし

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    良い天気につれられて、きつねは散歩をしていましたが、あんまり歩いたのでのどがからから。
    そこにあった牛乳をぺろりと飲んでしまった罰にシッポを切られてしまい、シッポを取り戻すためにとても大変な思いをします。
    海外の絵本は、比較的しつけが厳しいように思います。私も読んでいて、悪いのはキツネなのにかわいそうに思えてきました。
    何度か読んで、なんとなく絵本の言わんとしていることが、これかな?と思うようになりました。
    働かざるもの食うべからず、ではありませんが、偶然そこにあった牛乳は、当然誰かの手で作られたもので、勝手に飲んでいいものではないのです。
    子供は、一度読んで聞かせただけでは「?」といった様子でしたので、また少し経って、読んでみたいと思います。

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • このきつねは凄い。

    よい天気でのどがからからで、ミルクを飲む。飲んだことから散々なものに変わる。
    ミルクを欲しいのなら牛を。牛は草・・・・。つながりのあるものを注文するけど条件がある。でも最後には優しい人に助けられてホッとしました。
    よんでいるうちに、どこまで、交換条件が。と思いました。
    その条件をみたしたから、めでたしめでたしですね。

    私も、一度ですが、散々な目にあいました。いろいろな条件を言われ、仕事をしたことです。3人に頼まれたのはいいけどとんちんかんな申し出。とりあえず、勤めを果たしましたが、周りの人も自分のことは自分で始末するような所なので誰も言ってはくれませんでした。
    初めは目の前のものを欲しくてもすぐに取ってはいけませんね。きつねも、おばあさんにひとこといってくれればいいけど、このストーリーは、きつねが困ったいろいろなものを助けている。自分の始末も荘ですが、まわりを助けていた。立派なきつねです。
    悪いことをしたら、倍に帰ってきますね。

    私たちもよく言います。「食べ物の恨みはこわいぞ!」と。

    掲載日:2007/06/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ドミノ倒し式の物語

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子5歳

    キツネがおばあさんに尻尾をちょん切られて、尻尾を縫い付けてもらうために牛にミルクをもらいに行ったら草をくれと言われ、原っぱに行ったら水をくれと言われ……と、交換条件が交換条件を呼び、最後はその逆を順々に遡って尻尾を縫い付けてもらうというドミノ倒し式の物語です。わかりやすいので3歳ぐらいから楽しめるかもしれませんが、5歳の娘も何度も読んでもらいたがります。おばあさんや娘や物売りの姿が東欧っぽいなあと思ったら、もとはアルメニアの民話だそうです。なるほど。尻尾をちょん切られるというのは少し残酷な気がしますが、娘は簡単に縫い付けられるものだと思い込んでいるようです。キツネが泣き泣き頼んだりしたあげく、最後に「そそくさと」森に帰っていくというのが笑えます。

    掲載日:2007/02/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • このタイトルの意味

    • Eryさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳、

    小さな子が理解するのは少し難しいかもしれません。
    でも、何度も繰り返し読むことは楽しんでいました。
    ミルクを無断で飲んでしまったことで次々と他人の要求を聞き入れなくてはならなくなり、そのとめどない要求は無条件の親切で終止符を打つ。
    読み終わってどうしてこの物語は「きょうはよいてんき」なのだろうと考えた。
    そうか、良い天気でなければ、もっと涼しければミルクを飲んでしまうこともなかったんだ。

    人は見返りなしに動かない。というのも1つだけど
    何が原因で人生が変わるかわからない。というものあるかなと思います。

    掲載日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天気がよくても

     「きょうはよいてんき」、確かにそうです。全ページでおひさまが輝いています。だからといって、物事がうまくいくとは限らない、、、。
     
     アルメニアの民話ですが、普遍的なお話だなと思いました。繰り返しが続くのは、昔話らしいです。キツネの記憶力にびっくりしながら、楽しく読みました。じわじわとおもしろくなってきます。

     おおらかな絵と、余白が効いたレイアウトがすてきです。さすが、コルデコット賞受賞作品だなと思いました。

    掲載日:2012/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙ぐましいきつねの説明

     アルメニアの民話を素材に作られた作品ということで興味を持ち読みました。

     薪拾いに夢中なおばあさんのミルクを飲み干してしまったきつねが、おばあさんにしっぽを切られ、それを取り返すまでのお話です。

     ミルクを返せとおばあさんに言われたきつねが、牛にミルクを乞いに行くと「草をくれたら・・・」といわれ、原っぱは「みずをくれたら」といい、小川は「水差しをもってきたらね」と、お話は終わりの無いように延々と読者ときつねをドキドキハラハラさせてくれます。
     
     中でも涙ぐましいのは、きつねの説明。
     積み上げ歌のように、お話の後ろのほうへ行くごとに説明が増えていき、読み手は笑いつつもちょっとキツイ、かも(笑)。
     
     こういうスタイルのお話は、かつて幾つか出会った事がありますが、この作品は、やはりしっぽをもとどおり丁寧に縫いつけてもらうというエンディングが魅力的です。
     大人は最初からドキリとしますが、子どもは意外にあっさり受け入れお話に入っていけそうです。
     そして、この めでたしめでたし ですからうけると思います。
     読まれる方は、少々覚悟を(笑)。
     
     おばあさんの服装、特にスカーフの巻き方にもアルメニアの風土を感じとることができました。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばああそび / もこ もこもこ / おちゃのじかんにきたとら / がたん ごとん がたん ごとん / ピン・ポン・バス

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット