だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

いなばのしろうさぎ」 みんなの声

いなばのしろうさぎ 作:舟崎 克彦
絵:赤羽 末吉
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:1995年
ISBN:9784251008244
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,481
みんなの声 総数 8
「いなばのしろうさぎ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 考証に基づく新解釈

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    日本の神話シリーズ第4巻です。
    日本神話の世界を、現地取材と資料調査で考証を尽くした上で制作されたようです。
    それだけに、正統の神話を体感した読後感でした。
    因幡の国の姫を嫁にしようと出雲を旅立った
    大国主の命(おおくにぬしのみこと)とその兄弟のエピソード。
    途中で、大国主の命は、サメをだましたために皮をはがれていたうさぎに
    手当ての方法を教えます。
    そのうさぎの予言どおり、大国主の命は姫に気に入られますが、
    兄弟たちの報復が待っていたのです。
    「しろうさぎ」とは、白いうさぎではなく、素(しろ)=あかはだかのうさぎ、だとか。
    別紙で解説してある「ワニか鮫か」論争も面白かったです。
    (実際我が家でも、同様の論争があったので、とても納得してしまいました。)
    後半の愛憎劇、神々の名称の難解さを考えると、
    かなり大きい子向けになってくるとは思います。
    でも、日本人として知っておきたい、と思いました。

    掲載日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 日本の神話

    「いなばのしろうさぎ」が読みたくて手に取ったのですが
    この本は「日本の神話」シリーズの一冊になります。
    恥ずかしながら
    「いなばのしろうさぎ」のお話は知っていましたが
    それが神話であるとの認識はありませんでした。

    読んでみると
    なるほど
    知っている「いなばのしろうさぎ」は冒頭部分で
    大国主の命がメインのお話でした。
    登場人物の名前こそ漢字がいっぱい(もちろんルビ入り)ですが
    お話はとても分かりやすく
    神話ってこんなだったんだと
    これまた不勉強ながら
    初めて知った次第です。
    赤羽末吉さんの絵も、とてもマッチしています。

    このシリーズ、今後、読んでいきたいと思います。

    掲載日:2016/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いなばのしろうさぎが主役かと思いきや

    日本の神話を読み聞かせしているなかで
    こちらのシリーズを借りてきました。

    「因幡の白ウサギ」というフレーズは良く聞きますが
    お話を読むのは実際初めて。
    因幡の白ウサギというから、ウサギが主役かと思いきや
    本当の主役はおおくにぬしの命なんですね〜

    優しいおおくにぬしがウサギを助けたことで
    兄弟たちに命を狙われ、ついにはご先祖を頼って
    黄泉の国へ逃げ込むなんて・・・
    なんて理不尽な!正義は勝!パッピーエンドじゃないのか?!
    と息子と二人、文句を言い合いました。

    このお話、シリーズ第5弾の「すさのおとおおくにぬし」に
    続いているようなので、その後が気になりすぐに予約しました。

    6歳の息子ですが、言葉を少し説明すれば
    お話は十分理解していたようです。

    掲載日:2014/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が美しい!

    息子の国語の教科書にこの話が出てきて、難しいので先生が読むという単元だったみたいなのですが、図書館で見かけ、折角だから絵を見せてイメージを膨らませられればと思い借りてきました。

    赤羽末吉さんの絵の配色が大変美しく、そして日本の神話の挿絵にぴったりだなと思いました。文章自体は、小学校低学年でもちょっと硬い感じの文章なので、日本の神話にはこういうのがあるという感じで読み聞かせするのをお薦めします。

    そして、『いなばのしろうさぎ』の話だけではなく、その後に大国主命の身の上に起きたことまで描かれているので、ちょっと学年が上の子向き、むしろ大人向きかなと感じます。ただ、日本の神話第四巻となっているので、忠実に神話の流れにのっとっているのは確かなんだと思います。

    最初にとても驚いたのが、表紙の絵のうさぎが白くないことで、「あれ? いなばの白うさぎだよね?」と... でも、巻末のあとがきにその理由が書かれていました。へ〜と思う理由でした。

    息子はイメージは十分に膨らんだみたいです。そして、絵本が神秘的な感じに仕上がっているので、他の巻も読んで見たいなと思いました。

    掲載日:2012/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎは前半だけ?

    • AAさん
    • 40代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子10歳、女の子8歳、

    有名な「いなばのしろうさぎ」ですが、シリーズを通して読んでみるとこのお話がひとつのエピソードであることが分かりました。

    独立した昔話のように感じていましたが、そうではなく後々何度も出てくるオオクニヌシノミコトがどういう神様か、うさぎを助けたことによってかよらずか兄弟たちみんなが結婚したい女性と結婚できると予言される大事なエピソードなのです。

    だけど「いなばのしろうさぎ」というタイトルからうさぎが出てきたのは前半だけ?という違和感を少し感じました。
    「いや、もう少し読んだらうさぎが出てくるかもしれない。」
    と、子供も思ったようです。

    そして後半はオオクニヌシに対する兄弟たちの策略の話にシフトしていきます。
    人徳があるオオクニヌシが選ばれるのは当然なのに、兄弟たちの仕打ちはひどすぎます。
    昔話の勧善懲悪とは全く違い、いい人なのに?という展開に驚きました。
    こういう展開は普通ならばブーイングの嵐なのですが、「古事記」という本当に書かれた書物のもつ力でしょうか。
    これはこれですんなり受け入れ、続きが気になるお話になりました。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大国主の命

    昔読んだことのある、「いなばのしろうさぎ」が図書館で目に止まり、急に読んでみたくなりました。一羽のうさぎが鮫に皮を剥がされて泣いていた辺りまでは記憶にあったのですが、記憶の不鮮明な私に気づくばかりでした。母神である刺国若比売のなげきが伝わってきました。命の死を受け入れることが出来ないし、諦められない気持ちが切実に伝わってきました。母親の深い愛情は神様でも人間でも動物でも誰でも一緒なんだと思いました。日本の神話をもっと読みたいと思いました。

    掲載日:2011/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまりにもひどい兄たち

    神話の中でも有名な部類のお話だと思います。

    おおくにぬしの兄弟たちの根性の悪さといいますか、兄たちのおおくにぬしに対する仕打ちのひどさにあきれるばかりです。

    兄弟であるからこそここまでなのか?

    赤羽さんの絵が絵巻を見ているような感じでいいなあと思います。

    全巻揃えて家に置いておきたいような気がします。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神話の絵本

     日本の神話シリーズ(全六巻)のうちの第四巻です。 
     1984年に発行されていたものを、あかね書房から復刊したものです。
     うさぎがサメに皮をはがされ、そして治るくだりが面白く、こども心に覚えていたお話です。
     がまの穂にくるまって治った、と記憶していたのですが、がまの花粉が漢方薬にもなっていたそうで、なるほど〜なわけです。
     このうさぎのシーンが強烈で、その続きがあることも、はじめて知りました。
     こころやさしい大国主(おおくにぬし)が、他のいじわるな兄弟にかわって、お嫁さんをもらうのです。また、その続きも、なげかわしいのですが、詳しくは絵本をご覧になってくださいね。

    掲載日:2007/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット